2016年03月24日

ニコン COOLPIX L340の紹介

ニコンcoolpixL340の紹介(レビュー)です。

一眼レフ、スマホカメラがありながら、超望遠撮影につられて買ってしまいました。。

まず、早速coolpixL340で撮影した作品(3例)をお見せします。
(ブログ用にファイルサイズをかなり縮小しています。)

いずれも、標準、中程度のズ−ム、デジタルズームで撮影してみたものです。

DSCN0036_R.JPG DSCN0030_R.JPG DSCN0028_R.JPG


DSCN0120_R.JPG DSCN0119_R.JPG DSCN0121_R.JPG

DSCN0238_R.JPG DSCN0239_R.JPG DSCN0240_R.JPG
結構、望遠が効いています。
 メーカー発表値:焦点距離 4.0〜112ミリ 
(視野の35ミリ(135)フォーマット比 22.5-630ミリ)+デジタルズームの威力は、すごいです。


DSCN0290_R.JPG DSCN0294-1_R.jpg
夜景写真に挑戦してみました。
左側がオリジナルですが明るしぎるので、再挑戦!
右側→ISO感度を下げてトライしてみました。
こんなことも手軽にできました。
(普通だとシャッター速度や絞りの調整でおこなうのでしょうが・・・。)


DSCN0134_R.JPG
花の写真(近くの公園)です。


購入の動機
 @やはり、超望遠撮影ができること、でしょうか。
 A短焦点の撮影も可能です。

買ってみて良かった?
 @結構、期待通りでした。
 Aまだ慣れていませんが、いまのところの感想では、風景写真や鳥の写真にもってこいかな?
  そんな感じです。

使って見た感想
 1)良いところ
    @カメラの大きさは、結構小さい。コンパクト。そんな感じです。
     軽さも抜群、バッグに忍ばせていっても、首にぶら下げていても軽快です。


IMG_5550_R1.jpg
・(写真で見れるように)レンズキャップが紐付き。亡くし難く結構便利!
    ・(そして)基本的に全てオートフォーカス(=マニュアル操作なし)。
        超望遠〜広角ズーム付きコンデジ(?)といった感じでしょうか。


    Aズームは威力抜群。オートズームも速い。けど、被写体によりオートフォーカスに迷いが・・。
     (=焦点が合うのにタイムラグ(1秒〜2秒)ある場合有り)
    
    B手振れ防止が良く効いてくれています。

    Cビデオ撮影に移行し易い。
     IMG_5541_R1.jpg
     写真中央の赤いボタンで即、ビデオ撮影に移れます。
 

 2)悪いところ
    @やはり、オートフォーカスの迷い?!でしょうか。
     急ぐときは、あまりズームを欲張らないことが大事。
     対策として、デジタルズームを使用するときは、三脚を使うべき、と思います。
   
    AUSBコネクタが特殊。
     ミニUSBケーブル8ピンというのが使われているようです。
     従来は同5ピンタイプが多く使われていました。
     種類が増えるだけ煩雑で、しかも小さいので判別がつきにくいです。
     他にマイクロUSBケーブルもあるとか。いやはや・・・。

Bわかりにくい撮影モード
      以下の5種類が設定されていますが、どんな写真がとれるか予想するのが
      自分にはわかり難い。(ここはあくまでも私的な感想です)
        @おまかせシーン(構図を決めるだけでカメラが撮影シーンを自動判別、
         簡単に適したシーンで撮影が可能)
        Aシーン(撮影シーン選択で、設定したシーンで撮影が可能)
        Bスペシャルエフェクト(画像に効果を付けて撮影が可能)
        Cベストフェイス(カメラが人物の笑顔を検出すると、シャッターを
         押さえなくても自動でシャッターが切れる)
        Dオート撮影(基本的な撮影が可能。撮影状況や撮影意図に合わせて設定の
         変更可)


    C電源スイッチが小さい
IMG_5546_R1.jpg
     画面中央の(OFF ON)スイッチです。
私にとっては小さく、押さえ難いな・・・、といった感じでした。


最終結果
 1)カメラとしてはお奨めです。
   私はこのほかに一眼レフ(標準および200ミリ望遠付き)とアイフォンを持っていますが、
   もし、一眼レフ or スマホカメラ or COOLPIX L340 どれか一台しか持っていけないとしたら?
   問題なくこのCOOLPIX L340を持っていきます。

   軽量で、近接から超望遠までオ−ルマイテイ! 写真の新しい魅力を発見させてくれるからです。
   (本当に発見が多いです。上記(Bわかりにくい撮影モード)の反面教師的言い方になりますが、
    どんな写真が撮れるんだろう、と期待させてくれます。カメラって面白い!)

   でも、それぞれに特徴があるので、三種類とも持っていくのが理想でしょう。
   とてもぜいたくな趣味になりますけどね。

 2)今後撮って見たいもの
   月の写真です。ズームでどれだけの写真が撮れるか? 
   露出、手ぶれ防止機能の確認にもなるからです。

Nikon Coolpix L340 20.2 Mp Digital Camera - Black + 16GB High Speed Memory Card + Case + Cleaning Kit by CellTimeBundle [並行輸入品] -
Nikon Coolpix L340 20.2 Mp Digital Camera - Black + 16GB High Speed Memory Card + Case + Cleaning Kit by CellTimeBundle [並行輸入品] -


Nikon COOLPIX L340 Digital Camera (Black) - International Version (No Warranty) + 4 AA Pack NiMH Rechargeable Batteries and Charger + 32GB SDHC Card + Case Saver Bundle by 6Ave [並行輸入品] -
Nikon COOLPIX L340 Digital Camera (Black) - International Version (No Warranty) + 4 AA Pack NiMH Rechargeable Batteries and Charger + 32GB SDHC Card + Case Saver Bundle by 6Ave [並行輸入品] -


以下は、メーカー発表の仕様です。
-----------------------------------------------------------------------------------------

イメージセンサー 1/2.3インチタイプCCD

総合ピクセル:おおよそ2048万ピクセル

レンズ 28倍光学ズーム付きニッコールレンズ

焦点距離 4.0〜112ミリ
(視野の35ミリ(135)フォーマット比 22.5-630ミリ)

Maximum aperture f/3.1-5.9
レンズなどの最高口径(鏡径) F3.1〜5.9

構造 9グループ中12エレメント(1 ED lens element)

デジタルズーム拡大(4倍以上(視野の35ミリ(135)フォーマット比 25200ミリ)

手振れ防止 レンズ-シフトVR

オートフォーカス(AF)
フォーカスレンジ(W):約50cm(1フィート8インチ)〜無限遠
         (T):約1.5m(5フィート)〜無限遠

マクロモード :約1cm(0.4インチ)(ズームをミドルポジションにセットしたとき)〜無限遠

フォーカスエリアセレクション センター、顔検出、ターゲットファインデイングーオートフォーカス

モニター 7.5cm(3インチ)、約460キロドット、反射防止コ−テイング及び5段階輝度調整 付きTF-TLCD

ストレージメデイア SD , SDHC , SDXC

内部メモリ(約43MB)

ファイルシステム DCF and Exif 2.3準拠

ファイルフォーマット : スチールイメージ:JPEG

ムービー
Movies: MOV (Video: H.264/MPEG-4 AVC, Audio:PCM monaural)

Image size (pixels)
20M (High) [5152 x 3864 ★]
20M [5152 x 3864]
10M [3648 x 2736]
4M [2272 x 1704]
2M [1600 x 1200]
VGA [640 x 480]
16:9 [5120 x 2880]
1:1 [3864 x 3864]

ISO
ISO 感度 (Standard output sensitivity) ISO 80-1600

Exposure
Metering method Matrix, center-weighted (digital zoom less than 2x), spot (digital zoom 2x or more)
Exposure modes Programmed auto exposure and exposure compensation (-2.0 - +2.0 EV in steps of 1/3 EV)

Shutter
Shutter type Mechanical and charge-coupled electronic shutter

Shutter speed
1/1500-1 s
4 s (Fireworks show scene mode) 花火ショーのセンサーモード

Built-in flash
Range (approx.) (ISO sensitivity: Auto) [W]: 0.5-4.7 m (1 ft 8 in.-15 ft)
[T]: 1.5-2.4 m (5 ft-7 ft 10 in.)
Control TTL auto flash with monitor preflashes


Interface
USB connector Hi-Speed USB
Supports Direct Print (PictBridge)

Also used as audio/video output connector (NTSC or PAL can be selected for video output.)
DC input connector For AC Adapter EH-67 (available separately)



DSCN0036_R.JPG
posted by としたん at 16:20| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

介護施設でペットが微笑む/可愛がることが入居者の認知機能を回復(20150304 英字新聞より)

お年寄りにとって可愛い、自分のペットたちと一緒に介護施設へ移り住むことができたら、こんな幸せはありません。
For elderly people, its most happily things that they can move to elderly facility with their pets

今回は、高齢を理由にペットを飼えないお年寄りへの朗報です。
This is a good News for elderly who can not have pets due to old age.

Pets cheer up elderly at nursing care facility / Residents’ cognitive function improved through interactions
介護施設でペットが微笑む/可愛がることが入居者の認知機能を回復


Dogs and cats are warming elderly residents’ hearts and restoring their mental sharpness at a special nursing care facility in Kanagawa Prefecture.

神奈川県の特別養護施設で、犬や猫が入居者の心を暖め,心の支えとなっています。


Of the 100 elderly residents at Sakura Village Yamashina in Yokosuka, operated by social welfare corporation Kokoro no Kai, 20 are living with five dogs, and another 20 with 10 cats. In consideration of residents who might dislike animals or suffer from related allergies, the living space is divided into three sections − one for residents who wish to live with dogs, one for residents who wish to live with cats, and one for everyone else.


社会福祉法人「心の会」が運営する特別養護老人ホーム「さくらの里山科」の100人の老人居住者中、20人が5匹の犬と、そして他の20人が10匹の猫と暮らしています。動物嫌いやアレルギーで苦しむ入居者を考慮して、居住スペースは、犬と居住する部分・猫と居住する部分、そして全ての人の居住用と、3つに分割されています。


When I visited the facility in mid-January, I saw a female resident petting a dachshund on her lap in the communal area, saying, “Good boy!” with a smile.

1月中旬にその施設を訪れたとき、私は一人の女性住居者が共用エリアで「良い子良い子」とダックスフンドを膝に載せ、笑顔で可愛がっているところでした。


According to facility director Michihiko Wakayama, 50, the nursing care facility began accepting animals when it opened four years ago.

同施設のディレクターである若山ミチヒコ氏(50歳)によると、 4年前に同介護施設をオープンした時に、動物を受け入れはじめたとのことです。


Explaining the reasons for the unique living arrangements, he talked of an elderly man who was living alone with his pet dog before the Yokosuka facility’s opening, and using Kokoro no Kai’s day care services. When the time came for the man to move into a different elderly facility, he had to leave his dog with a local public health center for abandoned animals as there was no one available to take care of it. The elderly man died less than six months later.

このユニークな住環境の理由の説明で彼は、横須賀の施設がオープンする前の、心の会デイケアサービスを利用していたペットの犬とのひとりぐらしのあるひとりの老人男性の話をしました。その男性が異なった老人施設に入るとき、彼はその犬を、誰一人世話をすることのない、捨てられた動物用の地域ヘルスセンターに残して離れなければなりませんでした。その男性はその後、半年以内に亡くなりました。


Filled with regret, Wakayama said: “I’m sorry for the pet, but even more sorry for the man as he had to sadly lose his family member. It’s impossible for me to accept.”

後悔の念でいっぱいの若山氏は、「私はペットに済まないばかりでなく、悲しみにくれて家族を失わなければならなかったその男性により済まない気持ちでいっぱいになりました。私には何もしてあげることが出来ませんでした。」


This experience drove Wakayama to open a special nursing care facility, where residents can live together with their pets.

この経験が、若山氏を、入居者が彼らのペットとともに生活できる特別介護施設をオープンさせる原動力となりました。


To the delight of the residents, many of whom gave up keeping dogs and cats due to their old age, Sakura Village Yamashina also adopted dogs and cats that were abandoned for reasons such as the death of their owners, after volunteers take care of them for some time.

高齢を理由に犬や猫を諦めていた多くの住民の喜びに加えて、「さくらの里山科」では、しばらくの間、ボランテイアが彼らを世話することで、飼い主の死等の理由で捨てられた犬・猫を迎えることにしました。


The animals accepted there include some rescued from areas affected by the nuclear accident of the Fukushima No. 1 nuclear power plant.

それらの中には、福島第一原発の事故で影響を受けた地域で救助された動物たちも含みます。


“We didn’t even think of buying them at pet shops,” Wakayama said.

「私たちは彼ら(動物たち)をペットショップから買うことなどは、考えもしませんでした。」と若山氏は述べます。


The facility staff take care of the animals’ needs such as their feeding, while local volunteers walk the dogs every morning and evening. Professional animal trainers also help with dog training.

ボランテイアの人達が毎朝犬を散歩に連れ出している間に、同施設のスタッフは食事等の動物たちに必要な世話をします。プロの動物トレーナーたちは又、犬のトレーニングの手助けをします。


A positive effect
良い効果


Life with the animals has had a positive effect on the elderly’s cognitive functions. For example, a resident, who suffers from dementia, frequently forgot her family members’ names and had difficulty with ordinary conversations. But she regained the ability to memorize the dogs’ and cats’ names, and even began to take care of the animals by asking the staff to feed them.

動物たちとの生活は老人の認知機能に良い効果をもたらしました。しばしば家族の名前を忘れ、通常の会話が困難な女性の入居者の女性の例です。彼女は犬や猫の名前を覚えることで能力が回復し、スタッフにえさをやってくれるよう頼む等、動物達の世話さへ始めるようになりました。


By stroking the animals, she was apparently able to ease the stiffness of her joints.

動物たちをなでることで、彼女は関節の固さを和らげることさへも可能となりました。


Yoshihiro Yamaguchi, 82, lives with his male Pomeranian, Chiro-kun, at the facility.

山口ヨシヒロさんは、彼のオスのポメラニアン(チロ君)と同施設に住んでいます。


“He is loved by everyone in here and seems to have become used to [this facility]. I feel great to be with him,” he said.

「彼(チロ君)はこの施設の全ての人から愛されており、この施設に慣れ親しんでいるように見えます。私は彼と居ることに素晴らしさを感じます」と、彼は述べました。


Fuyoko Sawada, 71, the owner of a male cat named Yusuke-kun, said: “Asking other people to take care of him has never been an option for me. I hope the number of facilities of this kind will increase.”

「ユウスケ君」と名付けられた猫の持ち主である澤田フヨコさん(71歳)は「他人にこの子を預けることは、考えられません。このような施設が増えてほしいです」、と述べます。


As society ages, there have been many cases in recent years in which the elderly had to give up their pets. About 200 dogs and cats were handed over to the Tokyo metropolitan government by their owners in fiscal 2014. The reasons cited were things such as the owners’ old age (25 percent), followed by disease (24 percent) and death (18 percent).

高齢化で、多くのお年寄りでペットを放棄するケースが増加しています。2014年度、約200匹の犬や猫が東京都に手渡されています。理由は持主の高齢(25%)、病気(24%)、死亡(18%)と続きます。


Wakayama stressed that it is important that the elderly “do not give up having their pets, traveling, shopping and other activities for enjoying their lives.”

若山氏は、高齢者に「ペットを持つこと・旅行・買い物などの人生を楽しむことを諦めないでほしい」が重要と強調します。


Yoshiko Futoyu, a specially assigned professor of gerontological nursing at Kibi International University in Takahashi, Okayama Prefecture, said care recipients “tend to feel they’re just ‘being cared for.’ But when interacting with animals, they can feel the advantage of being a ‘caretaker.’ That revitalizes them.”

岡山県高梁市吉備国際大学の老年看護学の太湯 好子特任教授は述べます、看護を受ける人は「彼らは「お世話される」だけと考えがち」ですが、「動物との交流で、「お世話する人」の生きがいを感じることができるのです。それが活性化を生むのです」と。


(From March 04, 2016 Japan News)
posted by としたん at 09:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

最近の感動した話 「ひびの入った水瓶」 出典(奇蹟は自分で起こす―幸せになる1ミリの法則 鈴木 秀子 著)

インドの水配達人の話です。

その水配達人は、棒の両端に水瓶をかけ、首の上に担いで水を配達していました。

その両端にかけた水瓶のうち、ひとつはひびが入っていました。
そしてもうひとつの方は、ひびもかけたところもない、完全な水瓶でした。

完全な水瓶は、川から遠い道のりだったのにもかかわらず、いつも満タンの水を運ぶことができました。
ところがひび割れた方は、川から家に着くまでに、水が半分に減ってしまうのでした。

二年間、毎日このようにして、配達人はご主人様のところまで、水瓶一杯半の水を運び続けました。

もちろん、完全だった方の水瓶は、自分の仕事を誇りに思っていました。
目的通り、一滴も取りこぼさずに水を運ぶことができたからです。

けれども、ひび割れた方の水瓶は、「作られた目的の半分しか果たせない」と、自分の落ち度を恥じていました。

こうして、二年間経ったある日のこと、川のほとりでひび割れた水瓶が配達人に話しかけました。

「自分が恥ずかしいのです。あなたにひとこと謝りたくて。」

「なぜ?」配達人は聞きました。

「私は、この二年間というもの、いつも自分の容量の半分しか水を運ぶことができませんでした。
 横っ腹のひびのせいで、ずっと水が染み出してしまうからです、
 私は役立たずです。私のせいであなたの努力が報われません
 あなたはこんなに働いてるのに、申し訳ありません。」と水瓶は答えました。

配達人は言いました。
「川からご主人様のお家へ戻る道沿いに、ずっときれいな花々が咲いていることに気がつかなかったかい?」

なるほど、丘に上る道の途中のお日様に暖かく照らし出された道端の雑草の花。
それは幾らか水瓶の心を明るくしました。
でも、なぜかその花々は、道の片側にのみ咲いていました。

さらに、配達人は水瓶に言いました。

「あの花は、君のぶら下がっている方の道端だけに咲いていて、もう一つの水瓶が下がっている方には咲いていないでしょう。君のおかげで、あの花たちは咲き誇ることができ、ご主人様のテーブルを飾ることができたのだよ」と。

黙って二人の話を聞いていた右側の水瓶が言いました。

「私は君のように水を撒くことはできない。だから花を咲かせることもできない。
 何て君はすばらしいんだ。
 満杯の水を運ぶことが出来る私こそ完全だと思っていたけれども、間違っていた。
 私は花を咲かせることが出来ないという、ひび割れを持っているんだ」と。

----------------------------------------------------------------------------
ここから先は私見です。

私たちは時として自分のひび割れ(欠点)を他人と比較し、恥じたり、自分を責めたりしがちです。
又、他人の欠点をみて蔑んだり、あざ笑ったりする傾向もあります。

でも、人は各々に、自らの欠点を大いに補うべく長所も与えられています。

自分は完全だと思う人には、その思いの中に大きな欠点が隠されています。
そういう意味では私たちは皆、ひび割れた水瓶なのです。

ひび割れの中にこそ、天の、神の意思が含まれているのかもしれません。
小さくても自分の長所を大事にしましょう。人と比較せず、少しでも成長したらそれを喜び、ほめてあげましょう。

かつてNHKで連載された「大草原の小さな家」ドラマで、長女メアリーがしょうこう熱で失明し、それでも彼女が神の導きを信じ、最後に生きる道を見出したとき、牧師が「私は今、神の意思を知りました」とドラマの最後に述べたことが思い出されます。
メアリーは病気(しょうこう熱)で失明した後、火事で子供を失いますが、心は尊いまでに清く、大人になって盲学校の先生にまでなりました。

神の力によって、無駄となるものは何一つないのです。

私自身は小学生時代、私は体育が大の不得意でした。
足が遅く、腕力もなく、敏捷性にも欠けていたからです。
運動会の徒競走ではいつもビリでした。

また、学業の成績はまったくさえず、通知表はどの科目も2または、3というこれもひび割れ全開の私でした。

そんな私でしたが、高学年になるにつれ、足が遅い割には、障害物レースが意外と得意になりました。

長じて、「どんなに早くても人間は100m10秒=時速36キロ。車に乗れば簡単に追い越せる」と達観しています。長じて駆け足の遅さで不利なことはほとんどありませんでした。(警官になっていたら犯人を追いかけるのに不利だったかも?)

そして、体育の時間のソフトボールでは、守備が下手で、バッテイングはいつも空振り三振ばかりでした。
でも、高学年のとき、バットを水平に振るようにアドバイスしてくれた先輩の一言でけっこううまくなりました。

それやこれやで、小学校が嫌い、大の苦手でした。

でも、なぜか音楽だけは通信簿で4又は5でした。
今で言うリコーダーが得意だったからです。高学年のときは鼓笛隊に選ばれ、運動会や道路でのパレードに参加しました。
音楽で習う曲はいうまでもなく、テレビから流れてくる、アニメの主題歌やNHKの「みんなの歌」の曲がよく暗譜で吹けたものです。

どうやら、音感が少しだけ優れていたようです。
音楽を楽しむ心だけは、神様から与えられていたようです。

音楽好きはその後、中学ブラスバンド部に所属する等に続きました。
今は簡単なギターコード付けで、演歌・フォークソング・童謡等を楽しんでいます。
(音感の方は、絶対音感として長女に引き継がれています。)
(2017年12月現在、フォークギターで歌声喫茶の伴奏お手伝いに参加させていただいております)

どんな人間にもひとつだけ取り柄がある、という言葉は私のためにあるのだと思います。

この音楽が得意、というだけで私は他の欠点が気になりませんでした。
もしかしたら、この気にならないということが、私の最大のひび割れだったのかもしれません。

この「ひびの入った水瓶」のおはなし、出典は次の書籍です。このようなすばらしい話の宝庫です。
奇蹟は自分で起こす―幸せになる1ミリの法則 -
奇蹟は自分で起こす―幸せになる1ミリの法則 -


追記:小学校時代、学校が大嫌いで成績もよくなかった斉藤一人さんのお母さんの言葉があります。
   「こんなに学校のできが悪いのだから、さぞや社会に出たら出世するだろうね。」

   一人さんは、この言葉を母の最大のほめ言葉と、今も大事に心にしまっておられるとのこと。
   ご存知の上に斉藤一人さんは銀座まるかんの創始者で、日本一の納税金額を誇る方です。

posted by としたん at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

政府、災害地のための無人自動車を開発 (20160325 英字新聞より)

災害時対応のための無人車輌が開発されています。
この開発には3.11の教訓が大いに生かされています。

日本は3.11までは、ロボット技術では世界一といわれていました。
しかし、緊急時の幅広い環境に対応できないという欠点を露呈しました。

応用力の無さ・低さは現在の産業界でも改善されていません。
スマホ対応の遅さが端的です。
ですが、この状況は今も変わっていません。

これは日本でビル・ゲーツやスティーブ・ジョブズ等のダイナミックな若者が誕生しない所以
でもあります。


Govt develops unmanned vehicle for disaster sites
政府、災害地のための無人車輌を開発



The Defense Ministry has developed a remote-controlled unmanned vehicle that can gather information and clear rubble at disaster sites that people cannot approach due to such incidents as a nuclear accident, volcanic eruption or biological or chemical terrorism.

 防衛省は、事故・核施設の事故・火山噴火または生物学または化学テロ等の人の近づけない災害サイトで、情報収集と瓦礫クリアための、遠隔操作による無人車を開発しました。


The ministry has been moving forward with research based on the lessons learned from Tokyo Electric Power Co.’s Fukushima No. 1 nuclear power plant, which rescue workers could not get close to due to high radiation levels. The unmanned vehicle will be deployed to the Ground Self-Defense Force in fiscal 2019 or later.

同省は、高い放射線レベルのために救援労働者が近づけなかった、東京電力福島第一原子力発電所からの教訓をベースに調査・推進させました。無人車輌は2019年度後半に陸上自衛隊に配備される予定です。


The unmanned vehicle for clearing rubble and gathering information will be operated via radio control by GSDF personnel in a command and control vehicle that can be located as far as several kilometers away thanks to the use of an unmanned relay vehicle. If a wide area around a disaster scene is considered highly dangerous, the unmanned vehicle can be controlled from a location up to 20 kilometers away via satellite.

がれきクリーニング・情報収集のこの無人車輌は、陸上自衛隊員の無線操縦で、数キロメートル離れた無人中継車両経由で制御される予定です。もし、災害シーンが高度に危険と考えられた場合は、この無人車輌は衛星経由で20キロメーター以上はなれた場所から制御可能です。


There are said to be few

次の数点の言われていることがあります。


The ministry’s vehicle features continuous tracks like a tank, is equipped with hydraulic arms to remove rubble and has a device for leveling the ground. It also has such state-of-the-art equipment as a radiation counter, camera and laser range finder. Special paint has also been applied that makes it difficult for contaminants to stick to the vehicle body.

同省の車輌は、残骸を地上から離すための水力アームを搭載した戦車のような連続するトラックを模擬しています。それはまた放射能への対応可能なカメラとレーザー距離検出器等、最新の機器を搭載します。汚染物質が車両に着くことを困難にするスペシャルペイントもまた、対応可能です。


The government has earmarked \500 million in the fiscal 2016 budget for research into a system that can instantly create 3-D images of the landscape around the vehicle. By using 3-D images to get an understanding of its surroundings, the vehicle will be able to perform tasks faster, sources said. The unmanned vehicle to be deployed to the GSDF unit will likely be equipped with the 3-D image system.


政府は、車両周囲の地形を3Dの即座に作り出すことの出来るシステムの調査のために2016年度予算で5億円を見込んでいます。周囲の状況を理解するために3Dイメージを利用することは車輌が素早く仕事をこなすことが可能になる、と情報筋は述べます。陸上自衛隊が展開する無人車両は多分、その3Dイメージシステムを搭載することになるでしょう。



The Ground Systems Research Center of the Acquisition, Technology & Logistics Agency and other organizations have completed a test model of the unmanned vehicle control system.

防衛装備庁の地上システム調査センター他の団体は無人車輌制御システムのテストを完了しています。


The ministry conducted a field experiment of the test model on Feb. 19 at the foot of Mt. Fugen in the Unzen mountains in Nagasaki Prefecture. The vehicle was radio-controlled to level ground and perform other tasks.

同省は2月19日に長崎県雲仙普賢岳の麓での地上試験を実施しました。同車輌は水平面を無線操作で操縦され、他の業務を行いました。


(From February 25, 2016 Daily News)
ラベル:無人 車輌 防衛省
posted by としたん at 10:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

ゴールデンクロス発生。株はこれからが買い時?

3月4日時点で、日経平均株価がついに25日移動平均(16,450円)がほぼ5日移動平均(16,566円)に並びました。

本来ならばゴールデンクロス発生で、買い時のシグナルとなります。
罫線でもそれをあらわしています。
(参考例 (NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ上場投信(1570)の週足)

1570 チャート_R.jpg

振り返って見れば、底値は2月12日で、14,865円、それ以降は株価は上昇しています。

週足でみると、2週連続の上昇後、先週は下降となります。
はたして、これをどう見るか?

ひとついえることは、どうやら最悪の株価低下の時期は終わった、といえることでしょうか。
(月足で見ると、まだまだ、最悪の時期のようにも見えます。)

1570 チャート 月足_R.jpg


いずれにしても、来週、再来週の動きに注目です。

本音を言うと、
株価の呼吸というか、息の長さに感心させられます。

常に儲ける人は、やっと買い始めようかと腰をあげるのでしょうが、
大部分の人はもう買い疲れて、損失の山?

そう思うのは私だけでしょうか。

その息の長さに対抗する方法のひとつは、「INDEX投信の月ぎめ買い(=自動引き落とし)」でしょうか。
やはり、日々の株価に振り回されることなく、息の長い投資、これって鉄則でしょうか!?
posted by としたん at 21:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。