2016年07月05日

名犬ハチ公、愛する人と同じお墓に/内縁妻の最後の望み叶う (20160610 英字新聞より)

渋谷駅前の名犬(忠犬)ハチ公が家族と離れ離れに埋葬されていました。
それが、長い年月を経て、ようやく一緒になれました。
人に歴史あり。
ハチ公の飼い主である上野ご夫妻もまさに、人の歴史そのものでした。
今回のことにご尽力された方々、子孫の方々に心から敬意を表し、拍手を贈りたいと思います。


Hachiko reunites lovers in same grave / Final wish of owner’s common-law wife fulfilled
名犬ハチ公、愛する人と同じお墓に/内縁妻の最後の望み叶う 




Hachi, widely known as the “loyal dog Hachiko” (see below), has brought his family back together again, as the remains of the common-law wife of Hachiko’s owner were recently placed in the same grave as her husband in Tokyo’s Aoyama Reien cemetery.

「忠犬ハチ公」で広く知られているハチが、御主人と内縁の妻と共に、同じお墓(東京の青山霊園)に埋葬されたことで、再び家族が一緒になれました。


Yaeko was the partner of Prof. Hidesaburo Ueno of the University of Tokyo’s Faculty of Agriculture. Descendants of the couple held a ceremony on May 19 in the Minato Ward cemetery run by the Tokyo metropolitan government.

八重子さんは東京大学の農業名誉教示である上野ヒデサブロ-教授のパートナーです。同カップルの子孫は5月19日、東京都により運用される港区の墓地で式典を催しました。


The couple lived together in the Taisho period (1912-1926) but were unable to marry for various reasons. After their deaths, they were put to rest in separate graves.

同カップルは大正時代(1912-1926)一緒に住んでいましたが、多くの理由で結婚することができませんでした。死後、二人は異なったお墓に埋葬されていました。


Yaeko is said to have wanted her remains to be placed with those of Ueno, and now her wishes have finally been fulfilled, 55 years after her death. One of the people concerned said, “Hachiko’s soul has united them again.”

八重子さんは、彼女の遺骨が上野氏と共に埋葬されるよう望んでいましたが、彼女の死後55年経過して今、その望みが最終的にかなえられました。関係者の一人が「ハチ公の魂も再び一緒になることができました」と述べました。


According to the Shibuya Folk and Literary Shirane Memorial Museum, Ueno was from Mie Prefecture and had a bride chosen for him there independent of his will. However, he did not marry the woman.

白根記念渋谷区郷土博物館によると、上野氏は三重県から上京後、御自身の意思で妻を娶られたとのことです。しかしながら、彼はその女性と結婚はしませんでした。


Ueno suffered from a severe illness when he was young. He may therefore have believed he would not live long and was willing to be single for life. However, Ueno eventually met and fell in love with Yaeko, who was a tea ceremony instructor. The two began living together in a house in the Shoto district in Shibuya Ward.

上野氏は若い時に重い病気に罹りました。それで彼は自身が長く生きられないと信じ、一生独身で行くことを望みました。しかしながら彼は茶道の先生である八重子さんに出会い深い恋に落ちました。二人は渋谷区松濤の家に住み始めました。


Society prevented marriage
社会、結婚を妨げる。

Society was very strict at the time about male-female relationships. Partly because of concerns about public opinion, the two are believed not to have legally married due to Ueno’s betrothal to the woman in Mie Prefecture.

その頃の社会は男女関係に非常に厳しかったのです。三重県に上野氏の婚約者がいたこともあり、一般常識から、二人は法的に結婚できないと信じていました。


Because Yaeko was his common-law wife, she was not allowed to continue living in his house after Ueno suddenly died at age 53 in 1925, and had to move to the house of one of her acquaintances.

内縁の妻であったことから、1925年の上野氏の53歳の急死以後、八重子さんはその家に住み続けることはできず、知人の紹介による家に引っ越さざるをえませんでした。


Yaeko and Hachiko had lived together, but she had no choice but to ask one of her relatives to keep the dog.

八重子さんハチ公と一緒に住んでいましたが、彼女はハチ公の面倒を親戚のひとりに頼まざるをえませんでした。


In later life, Yaeko told her family members, “I want my remains to be placed in the grave of my beloved Prof. Ueno when I die.”

晩年八重子さんは、「私が死んだら、愛する上野教授のお墓に入れて欲しい」、と家族に話していたということです。


But her wishes were not honored, and she was laid to rest in another cemetery in Tokyo.

しかし彼女の望みは叶えられず、東京の他のお墓に埋葬されました。


In 2013, which marked the 90th anniversary of Hachiko’s birth, Keita Matsui, a curator of the museum, and Prof. Sho Shiozawa of the University of Tokyo, 63, agreed to make Yaeko’s wish come true. Shiozawa heads a study lab established by Ueno.

2013年、ハチ公の誕生後90年を記念して、博物館の館長である松井ケイタさんおよび東京大学の塩沢ショウ教授(63歳)は八重子さんの望みをかなえました。塩沢氏は上野氏により設立された研究所の長です。


They obtained agreement from the descendants of Ueno and Yaeko’s families, and began efforts to move part of Yaeko’s remains.

彼らは、八重子さんの遺骨の一部を移すため、上野氏と八重子さんの子孫家族の合意を取り付けました。


At that time, Shiozawa was president of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering, which manages Ueno’s grave in Aoyama Reien cemetery.

その時、塩沢氏は青山霊園墓地の上野氏の墓を管理する潅漑・排水および地方エンジニアリングの日本ソサエティの長でした。


Shiozawa played a leading role with other interested people in negotiations with the Tokyo metropolitan government, which manages the cemetery. The team spent about two years adjusting the burial rights, finally implementing the plan to place part of Yaeko’s remains in Ueno’s grave.

塩沢氏は墓を管理する東京都と共に、関係者間他の交渉で、先導的役割を果たしました。埋葬権を調整するのに そのチームは2年間を費やしましたが、最終的に八重子さんの遺骨の一部を上野氏の墓に埋葬することができました。


Masami Takahashi, 65, who is a great-grandson of Yaeko, attended the ceremony on May 19. He said: “I was moved to think that love can transcend time. All my family members are glad.”

八重子さんのひ孫である高橋マサミ氏(65歳)は、5月19日に式典に出席し、「愛が時間を超越できたことに感動しました。私の家族全員喜んでいます。」


Matsui, who has studied Hachiko’s life for many years, expressed his deep emotion by saying: “There’s also a shrine for Hachiko near the professor’s grave. The family is reunited for all time, and the story of Hachiko has reached a happy ending like a dream.”

ハチ公の一生を長年研究してきた松井氏は、「同教授の墓の近くにはまた、ハチ公の祠もあります。同家族は再びいつも一緒になれて、ハチ公物語は夢のようなハッピーエンドを迎えることができました。」と深い感銘を述べました。


Hachiko adored Yaeko

ハチ公は八重子さんになついていた。


Rumors have been retold like fact that Yaeko did not take care of Hachiko because she disliked dogs. However, 93-year-old Takeshi Ando, who created the second statue of Hachiko that stands beside Shibuya Station, denied these claims.

八重子さんは犬が嫌いでハチ公の面倒を見なかった、という噂がありました。しかしながら、渋谷駅のそばに立つハチ公の2番目の銅像を造った93歳の安藤タケシさんはそれらのクレームを否定します。


When Ando was a child, he saw Hachiko show his love for Yaeko. His father, Teru Ando, who produced the first statue of Hachiko, took the dog into his studio to make his statue. Hachiko was old by then, and laid down on the floor so often that Ando senior could not capture a good pose.

安藤氏が子供のころ、八重子さんに甘えるハチ公を見ました。ハチ公の最初の銅像を造った彼の父の安藤テルさんは銅像をつくるため、ハチ公をスタジオに招きました。そのときハチ公は老齢であったため、父が良いポーズを捉えることが出来ない位に、しばしば床に寝そべったということです。


(From June 10, 2016 Daily News)
posted by としたん at 14:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。