2016年10月26日

ダブル住居のライフスタイルでリッチに (20161015 英字新聞より)

いつもは都会の自宅に住んで、週末や休暇は自然豊かな地方で過ごす。

Dual-home lifestyles, in which people have two or more residential bases.
Usualy who live in urban area for daily life, and who enjoy nature life at weekend or vacant period.

これって、とっても優雅な生活スタイル、だれでも憧れをもつのではないでしょうか。

Is it good lifestyle? Everyone want these lifestyle?


今回は、こんな生活を実際に手に入れている人々のお話です。

This is a story the person who enjoy these life.



Dual-residence lifestyles with local appeal attract
ダブル住居のライフスタイルに注目


Dual-residence lifestyles with local appeal attract attention

二つの住まいのライフスタイルが注目されています。


Dual-home lifestyles, in which people have two or more residential bases − in, for instance, convenient big cities and rural areas with rich natural environments − are attracting attention.


便利な大都市と自然豊富な環境の地方エリアなど、2またはそれ以上の住居ベースを持つライフスタイルが注目を集めています。


The lifestyle provides an opportunity to enjoy various living situations, and is different from owning a second home in a resort area.

このライフスタイルは、セカンドハウスをりリゾートエリアに持つなど、多様な生活を楽しむ機会を提供してくれます。

Many such people have formed close neighborhood relations with local residents in both of their residential bases, and proactively participate in community activities.

多くのそれらの人々は、双方の自分のベースとなる住民と緊密な関係を築いています。


Regions and houses should be chosen carefully to maximize the dual-home experience, and consideration given to the convenience of living in such an area.

地域と家は、デユアルホームの経験を最大化させるよう注意深く選び、それらの地域の利便性を考慮しなければなりません。


Takashi Naito, 61, and his wife, Yoko, 59, own a house in Tokyo. The couple have also bought another house in Hokuto, a city at the southern foot of Mt. Yatsugatake in Yamanashi Prefecture, which they have owned for 20 years.

内藤タカシさん(61歳)と妻ヨウコさん(59歳)は東京に自宅を保有しています。御夫婦は山梨県の八ヶ岳のふもと南側、北杜市に他の家を買ってから、20年になります。


The couple are proud of the wood stove in the living room of their second house, and the large windows offering scenic mountain views.

このカップルはリビングルームのマキストーブと素晴らしい山の姿を望める大型の窓を誇りにしています。


They have also leased a plot of land near their house, where blueberries grow. On the land is a blueberry farm, and tourists frequently come from near and far to visit.

彼らはまた、家の近くのブルーベリーが育つ土地を借りています。土地にはブルーベリー農場があり、近くや遠くの旅行者が頻繁に訪れています。


Yoko works for a company in Tokyo. She drives to Yamanashi on Friday evenings, and returns to Tokyo late on Sunday nights.

ヨウ子さんは東京の会社で働いています。彼女は金曜日の夜に山梨に車ででかけ、日曜日の夜に東京に戻ります。


She said with a smile, “Maybe because I can mentally reboot − working in Tokyo and farming in Yamanashi Prefecture − I don’t feel much fatigue from the commute.

”彼女は笑いながら、「多分、心理的に元気づけられるから − 東京で働き、山梨県での畑仕事は − 移動での疲れはまったく感じません」と述べます。


Takashi retired from his job last year, and spends more time in Hokuto than his wife does. It was his decision to buy a second house.

タカシさんは昨年仕事をリタイアしましたが、奥さんよりも多く北斗で過ごしています。セカンドハウスを買うことは彼が決めたことです。


Takashi loves climbing mountains, and wanted to live in a place with views from mountain areas. After visiting various sites, he chose Hokuto for the views from its beautiful landscape.

タカシさんは山登りを愛していますが、山岳を眺める場所にに住むことを望んでいました。いろんな場所を訪れた後、その美しい地形からの眺めで、北杜を選びました。」


Since then, he has spent a long time participating in the local community. “While seeking advice on farming in the field, I gradually gained the understanding of the local residents,” he said.

それ以来彼は、ローカルコミュニティに参加することに長時間費やしています。「畑仕事のアドバイスを受けている間に、私は徐々に地方に住む人々の理解を得ることができました。」と、彼は述べます。


Dual-home lifestyles have been enthusiastically promoted by the central and local governments, because of the expectation that the lifestyle can help revitalize provincial regions, where local people are worried about serious population decline.

デユアルホーム・ライフスタイルは、このライフスタイルが、人口減に苦慮する地方の活性化につながることから、中央政府および地方自治体の熱心な誘導によるところが大です。


In 2013, the Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry conducted a survey on 2,000 people in their 20s to 60s.

2013年、国道交通省は20〜60歳代の2000人に対して調査しました。


Compared with results of the previous survey in 2008, the percentage of people with dual homes rose from 2 percent to 3.8 percent. The percentage of respondents who said they hope to have dual homes “within five years” and “sometime in the future” also rose from 8.2 percent to 9.2 percent.

2008年の調査結果と比して、デユアルホームを持つ割合は2%から3.8%に増加しました。「5年以内」にデユアルホーム 保持を希望、または、将来保持を希望とする回答者の割合は8.2%から9.2%に増加しております。


Yoichi Ikemoto, editor-in-chief of SUUMO, a website offering information about housing and real estate, said, “An increasing number of people now seek to live in provincial areas that have different values from cities. Residents and local governments in provincial regions have improved their readiness to accept such people from urban areas because of the necessity of taking measures to cope with empty houses.”

家と不動産の情報提供のホームページ「スーモ」の編集長である池本ヨーイチさんは、「町と異なる価値をもつ地方に住むことを模索する人の数は増加しています。」と述べます。「地方地域の住民と役所は空き家対策の必要性から、都市からの人々を受け入れる準備を増加しています。」


When you consider the location of a second home, you need to have an idea of how you want to live, meaning it’s important to consider whether you enjoy farming, sports or natural environments.

あなたが地方のセカンドハウスを考える場合、農業、スポーツ、または自然環境を楽しむのか 等、どのように住むかを考えることは重要なことで、あなたが何を望むかを考えておく必要があります。


When choosing a location, emphasis should be placed on how easy it will be to travel there from your first house.


場所を選ぶ場合、自宅からその場所にどれだけ容易に行けるかを考えておくことが、とても重要です。


“Realistic choices are locations reachable within 1½ to two hours by car or train,” said Kenji Nakamura, head of Rurban Co., a Tokyo-based firm that operates a website offering information about vacant houses and available land in provincial regions called Furusato Joho-kan.

「現実的には、車または電車で、1時間半から2時間で到着できる場所が理想的です。」と、空き家と可能な土地の情報を提供するホームページ「ふるさと情報館」を運営するア-バンコーポレーションの中村ケンジさんは述べます。


For people in the Tokyo metropolitan area, well-suited areas include Yamanashi Prefecture, Nagano Prefecture, and the Boso area of Chiba Prefecture.

東京都に住む人には、山梨県・長野県そして千葉県の房総地域が向いています。


Many local governments in such regions have set up consultation offices − or have held joint consultation events − in big cities for those who want to move to provincial areas.

これらの地域の多くの地方政府は、地方に移動を望む人のため大都市で、相談窓口の設置や、相談用のイベント開催しています。


Those interested in dual homes can find out about the features of each area and whether the local communities will accept people desiring such living arrangements. This information helps them narrow down their search for a suitable location for a second home.

これらのセカンドハウスに興味がある人にとって考えておかなければならないことは、その地域の特色を知っておくことと、地方コミュニテイがそれらの計画にどのように対応しているかということです。


“If there are already people in the area with dual homes, who have gained the trust of other residents, many such cases can be successful, because connections have been forged between local residents and newcomers,” Ikemoto pointed out. “If prospective residents can meet such people at consultation events and other functions, they can have a sense of security.”

「もしすでにその地域住民に信頼を得ているセカンドハウスを所有者がいた場合、多くの場合は成功するでしょう、なぜなら地域住民と新入居社との間のつながりが構築されているからです。」と池本氏は指摘します。「もし、積極的な住民と誘致イベント他ので会えたら、彼らはセキュリテイの感覚を保持できます。」


Also, when those hoping for dual homes go house hunting, advice from those with local knowledge is invaluable.

さらに、セカンドハウスを求める人々が家を探しに行ったとき、それらの地方の知識がからのアドバイスが可能となります。


In the final stages, it is necessary to actually visit the locations to examine the dwellings in person.

最終的な段階では、住居を自分で調査するのに、実際その場所を訪ずれてみることが 必要です。


“As part of measures to utilize vacant houses, rental houses that are easy to use as dual homes have been made available. I assume that such houses might be a good choice for younger generations of people who face difficulties purchasing houses,” Ikemoto said.

「対策の例として空き家を利用するという手で、レンタルハウスはセカンドハウスを可能にする方法として容易な方法です。このような家は、若い世代の家購入の困難さ対策としてよい選択と考えます。」と池本氏は述べます。


Key points for owning dual homes


ダブルハウスを持つ場合のキーポイント

■ Clarify what you want to get from living in a local area.

 地方に住にことで得たいことの明確化。


■ Attend consultation events organized by local governments and companies for people wanting to move to local areas to learn about measures for dual residency and features of the areas.

地方に移住を希望する人々のための地方政府や企業の相談会に参加し、ダブル居住とその地方の特色を学ぶ。


■ If you can find people who already have dual homes and are accepted by other local residents, you can feel assured about the prospect of things going smoothly.

 すでにダブルホームを持っている人々を見つけることができたり、他の地方住民からアクセプトされていたら、事が円滑に進みやすことができるでしょう。


■ Houses should not be chosen based only on price. There are cases in which houses are in need of renovations or repairs to be made livable.

家は価格によってのみ選ぶべません。物件によりリノベーションや修理が必要になります。


■ Proactively make connections with other local residents. Even if you live there only on weekends, it is advisable to participate in community activities when possible.積極的に地方の住民の方々とつながりを持ちましょう。一週間住んでみるだけでも、可能であるならばコミュニテイの活動に参加してみましょう。


(Based on advice from Kenji Nakamura, Yoichi Ikemoto, others)
(中村ケンジさん、池本ヨイチさん、他のアドバイスより)


(From October 15, 2016 Daily Yomiuri)

posted by としたん at 10:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

迷い犬の飼い主見つかる。

一昨日夕方、我が家の愛犬ナナと散歩で近所の公園に出かけたときのことです。

小学生4〜5人が一匹の犬(中型犬オスで茶色と黒の混合色、多分芝と何かのミックス?)を取り囲んでいました。

訳を聞くと、その犬は迷い犬で、その子らが昨夕見つけ、一晩そのなかの一人の家で泊めたとのこと。でも今晩は泊めてやることができずに困っていたとのこと。

結局、行きつけの獣医さんに頼んで、預かってもらうよう私が電話で交渉しました。

獣医さん曰く、預かるにはホテル代一泊3千円を払える仮親さんが必要とのこと、それが条件でした。それで自分が仮親になることで交渉成立。

無料で預かるとそんなワンちゃんで一杯になってしまう、とのことでした。

で、すぐにワンちゃんと、その獣医さんの病院へマイカーで移動。

獣医さんでは、4日間ほど預かりながら警察に通報、ほかに知人・FaceBook等で飼い主を探すとのことでした、

それで見つからない場合は、約1週間の警察預かりになるとのこと。

本日夕方、やはり 我が家の愛犬ナナと散歩中に、病院から電話があり、飼い主が現れ、ワンちゃんは無事その人のもとへ戻ったとのことです。

めでたし、めでたし。

保護してくれた小学生、獣医さん、飼い主さん、ワンちゃん、他関係者の皆さん、ありがとうございました。
posted by としたん at 20:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。