2016年11月25日

(パロデイー) 2016年11月某日 プーチンと習近平の電話会談


(パロデイー) 2016年11月某日 プーチンと習近平の電話会談
プーチンと習近平の電話会談 

プーチン  ヤーミスター周、最近どうだい。
習近平   どうもこうも、笑いがとまらなくてねー。

プーチン  ホー、その理由はズバリ、アメリカの次期大統領のこと?
習近平   その通り、トランプ次期米大統領に乾杯!
プーチン  同感だね。世界から撤退したがっているアメリカだから、

      こちらはクリミア完全にいただき。そちらは?

習近平   ま、南シナ海全体、それと東シナ海も。まず尖閣は完全にこちらのものになるね。
プーチン  そうかい。南シナ海を取れれば、いろいろなメリットあるけど。最大は日本の石油?
習近平   そうだよ。石油を止めれば日本はいちころ!
      尖閣だけでなく沖縄も、いや、日本全体がいただきだあい!
プーチン  よせよ、日本の半分はこっちのものだぜ。
習近平   了解、こちらは九州、四国、それと本州の南半分、そちらは北海道と本州の北半分
      それでどうだ。
プーチン  東京はロシアのものだぜ!
習近平   うーんうーん、しょうがない、こちらは静岡あたりで手を打とう!
      (でもいつかは、力でロシアから分捕ってやる(習近平の心の声))

プーチン  それにしても、安倍首相の行動、笑ってしまうね。
習近平   そうだね、トランプが選挙に勝つや、すかさず参勤
      まだ未就任なのにね。
プーチン  ははは、ひざまずいて、言ったとか、「日本を見捨てないで!」とか。
習近平   ま、中国とロシアが舌なめずりしてるからね。
      これまで散々アメリカの威を借りて威張ってきたからね。
プーチン  そうだな、早速この前の会談で脅かしてやったさ、北方4島は返さないぞとね。
習近平   ははは、会談後のテレビ映像、ひきつっていたね。

      つぎは、こちらの番だね、ま、尖閣に大量の漁船でまたいじめてやるか。

プーチン  そうだね、トランプが来年一月以降、どうでるかを見極めながら、だね。
      いっそのこと尖閣、力ずくで取っちゃえ!アメリカは出てこないよ!

習近平   そうだね、でもあのトランプ、単純だね。
      ちょっとおだててやるだけで、あんたのこと褒めてたものね。
プーチン  だね、北朝鮮とも会話すると言ってたし、TPP・パリ協定も破壊したし。

      ま、アメリカがこちらの都合の良いように弱くなってくれれば言うことなし。

習近平   韓国も大統領のスキャンダルでひっくり返ってるし、黙っててもこちらのものになる。
      
      THAADも未配備になるとして・・・・。

      で、あのトランプ大統領どれくらい持つのかね?
プーチン  長くないよ、半分はクリントン票だからね。
      それと選挙戦で、あれだけ暴言を吐いて票を集めたんだから。
習近平   格差の底辺で苦しんでいた選挙民を、甘い言葉で釣り上げたんだからね。
      生活が向上しないことが分かった後の反動がこわい?
プーチン  そうだよ、そう簡単にはいかない。
      どんなに関税をかけても、米国製品自体、競争力弱いから。

      今はかつての日本の民主党が圧勝したときを思い出すよ。
      その後の民主党政権のていたらく。何兆円もの埋蔵金、結局なかったから。
      仕訳とかやったけどね。
     (尖閣の国有化もそのとき・・・。)
      反動で、日本国民は当分は民主党に天下をとらせない。
          
      いまでも米国民の半分はクリントン派、残り半分のトランプ票も急に発言を控え、
      選挙中の公約を翻したトランプに反感を持つのは、時間の問題?

習近平   本当、民主主義ってオモロイね−。ま、共産主義国には関係ないけど−!
      結論はトランプをできるだけおだてて、こちらのパペットにすると。

プーチン  そうだよ、彼の任期の4年が大事。多分それまで持たないだろうから、短期勝負さ。

習近平   そうだね、4年持っても、次は絶対民主党大統領!
      その前に、ヨーロッパはあんたのもの、日本と東アジアは俺のもの、と・・・。
      オーストラリアはあんたにやるよ。白人の国だし、面倒くさいから。
プーチン  そうかい、ありがとよ! 
      で、残ったアメリカの分割の話だけどね−・・・。

習近平   シーッ!それは北朝鮮にミサイル打ちこませた後の話!
      壁に耳ありショウジにメアリ−だよ。
      続きは直接会って話そう!

と話に夢中になっている二人、永久凍土溶解が始まっていることが全く眼中にありませんでした。
この溶解で温室効果に恐ろしく影響のあるメタンガスが地中から湧き出てきており、国土の広い大国ほど影響が大きい。
パリ協定を破棄するというトランプ大統領も、認識不足が甚だしい一人でした。

     (これは、あくまでも当HP、ブログの管理人の妄想夢です。)
posted by としたん at 15:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パロデイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。