2017年04月24日

早まるか、無人自動車の夢 (20170413 英字新聞より)

いよいよ無人自動車の公道での試験が始まります。
A test of driverless vehicle on the public roads will start increasingly.

この公道での走行で、未確認の障害やバグの洗い出しが徹底して行われることでしょう。
It'll be expected that unconfirmed obstacle and bug are dug up completely by this public road test.

尚、このときの発生する事故等の責任は全てメーカーが負います。
Furthermore, the manufacturers shoulders all responsibility by which the accidents while occur with this test.

もしかしたら、意外と早く、完全な自動運転の自動車が実現するかもしれません。
it's expected, early, the perfect automatic vehicle operation will be achieved.

このことが、現在問題となっている高齢者ドライバーへの朗報となり、さらに未熟な若年層ドライバーの取り締まり強化にもつながってほしいものです。
I want this news become the help for senior citizen driver who becomes a problem at present, and I also want its lead to reinforcement of an immature younger age group drivers.



New guidelines to allow driverless vehicle tests on public roads
無人自動車の公道での試験を許す新しいガイドラン。



The Yomiuri Shimbun The National Police Agency is set to allow tests of self-driving vehicles with no human driver aboard on public roads, starting as early as this summer, on condition they are remotely controlled by humans.

警視庁は今年の夏のはじめに、人により懸隔操作された無人の自動運転車の、公道試験の許可を設定します。


The people in charge of remotely controlling the vehicles and the manufacturers will be responsible for any accidents during the tests. The agency released draft guidelines for such tests on Thursday, deeming them to require police permission to use public roads.

懸隔操作を任された人あるいは企業は試験中のすべての事故に責任を負います。同庁は公道を使用する場合に警察の許可を必要とされるであろう本試験のガイドライン素案の 素案を木曜日に発表しました。


Vehicles with no human being in the driver’s seat have never driven on public roads in Japan.

日本では、運転者の存在しない無人の車両は公道を走ることはできません。


Self-driving vehicles have sensors and cameras that allow the system to control steering, acceleration and braking. There have been tests of self-driving vehicles on public roads in Japan before, but current NPA safety guidelines require a human operator to be in the driver’s seat. After discussing the issue with experts, the agency decided that safety can be secured through remote control.

自動運転の車はハンドル、アクセル、ブレーキを制御するためにセンサーやカメラを搭載しています。自動運転の車のテストを行う前に、現在の警視庁の安全ガイドラインは運転席にドライバーが座ることを要求しています。専門家の議論を経て、同庁はリモートコントロールによる担保として決定しました。


The draft of the new guidelines stipulates that a driverless vehicle test is allowed on public roads if one person outside the vehicle controls its operation and monitors live video with audio on a screen in their hands. Steering wheels − as long as the vehicle stays in a particular lane − and accelerators can operate automatically, but in the event of an emergency the brake must be manually applied by the remote human operator.

新しいガイドラインの素案では、無人自動運転の車は、音声付きのスクリーンを手元に置いたライブビデオでモニターかつ、車両の外からコントロールが可能であれば公道での試験が許可されると記載されています。確実な車線上での安定のためのハンドルと、自動的に制御できるアクセル、そして緊急時には遠隔操作の人間により手動で操作できるブレーキが義務付けられています。


Automakers and others will be required to report their test plans to the local police station in advance. If the police, who will check the vehicle beforehand, confirm the self-driving system is safe to use, the automakers will receive permission to use public roads, issued in the name of the police station chief.

自動車メーカーや関連企業は、地方の警察署より試験計画の報告を事前に求められます。警察の事前車両チェックで自動運転システムの安全が確認された場合、自動車メーカーは警察署長の名前入りの許可証の発行をうけて公道での試験が許可されます。


The human staff remotely controlling the vehicle will be responsible for operational mistakes and any accidents. The manufacturer will be held responsible for any defects in the self-driving system itself.

当該車両を遠隔操作するスタッフは運用上のミスや事故の責任を負います。製造メーカーは自動運転システム自身の欠陥について責任を負います。


Police are expected to prohibit tests on busy roads, such as highways and routes around schools during commuting hours. The vehicles must also have a sign stating “test driving” on their body.

警察には高速道路や通学時間帯の学校の周囲等交通が激しい道路での試験を禁止すること、が期待されています。


Starting as early as this summer, applications to test such vehicles will be received after the current rules set by the prefectural governments’ public safety commissions are revised.

今夏初期にスタートする斯様な試験を実施するアプリケーションの車両は、県警安全協会により設定された現在の規則で許可を得ることになります。


In May last year, the government announced plans to commercialize remotely controlled driverless vehicles by 2020. It also aims to commercialize fully autonomous vehicles by 2025.

昨年5月、政府は2020年の遠隔操作の無人自動車商用化計画を発表しました。それはまた、2025年の完全自動運転自動車の実用化を目指したものです。


There are high hopes for driverless taxis and bus services as a means of transportation for elderly people who voluntarily return their driver’s licenses.

自ら進んで運転免許を返納したお年寄り対策として、無人のタクシーやバスサービスが高い期待を集めています。

The Aichi prefectural government plans to conduct driverless vehicle tests on public roads by the end of this fiscal year, in cooperation with universities and businesses. An Aichi government official said they welcomed the new NPA guidelines, which bring them closer to performing the tests.Speech

愛知県は、大学と企業の協力による無人自動車の公道での試験を、今年度末に計画しております。愛知県の担当者は、同試験に歩調を合わせたNPAガイドラインを歓迎しています。


(From April 13, 2017 Japan News)
posted by としたん at 15:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。