2017年06月08日

日本版GPS(みちびき)打ち上げ 自動運転車大幅に前進か!? 20170528英字新聞より

みちびき衛星2号機が打ち上げられます。
日本版GPSであるこの衛星で位置誤差が6Cmになるとのこと。
車の自動運転に活用?とまず、思い浮かびますが、
まだまだ活用法が未知数です。
大いに期待できますね

Michibiki satellites aim to provide ‘Japanese GPS’
みちびき衛星、日本版GPSを提供


The Yomiuri Shimbun Billed as a domestically developed version of the Global Positioning System, the Quasi-Zenith Satellite System (QZSS) Michibiki No. 2 satellite will be launched on Thursday from the Tanegashima Space Center in Kagoshima Prefecture.

日本版GPS開発として位置づけられた、準天頂衛星システム(QZSS)Michibiki No.2衛星は木曜日に鹿児島県の種子島宇宙センターから実行される予定です。


The government plans to launch Michibiki satellites Nos. 3 and 4 within the year to establish a global positioning system with world-class accuracy. It hopes that the satellites will be utilized in a wide range of areas, including transport navigation during the 2020 Tokyo Olympics and Paralympics.

政府は世界クラスの精度を誇るグロ−バルポジショニングシステムである3及び4号のみちびき衛星を、年内に打ち上げる予定です。同衛星は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの輸送ナビゲーションを含む、広範囲な地域をカバーすると期待されています。


Michibiki is a type of satellite developed to transmit radio waves toward the ground to supply accurate positioning data. It flies in a quasi-zenith orbit above the nation and its radio waves can be received even in mountainous areas or between tall buildings.

みちびきは地上に正確な位置情報を提供する電波を送信するために開発されたタイプの衛星です。それは日本上空の準天頂軌道を周回するため、その電波は山岳地帯や高層ビルの谷間でも受信することができます。


Data from the Michibiki No. 1 satellite, which was launched in September 2010, has been used in car navigation systems and smartphones, among other applications.

2010年9月に打ち上げられたみちびき1号衛星からのデーターは、カーナビやスマートフォン他のアプリケーションで利用されています。


The widely used GPS service is operated by the United States. About 30 GPS satellites cover the whole globe, but when receivers in Japan are not able to get sufficient radio wave reception, it can cause errors in the location information provided. Michibiki satellites will play a complementary role to GPS.

米国運用で広く利用されるGPSサービスは、約30個の衛星で全世界をカバーしていますが、日本の受信者が十分な電波を得ることができなければ、提供される位置情報のエラーの原因になります。みちびき衛星はGPSの補完的役割を担います。


The government plans to develop and operate four satellites at a cost of about \280 billion, and build a system by fiscal 2018 in which at least one of the satellites will be orbiting Japan at all times.

政府は2800億円の費用で4個の衛星を開発・運用する計画で、最低でも2018年に1個の衛星が常時日本上空を周回させます。


It would reduce the margin of error from the current several meters to six centimeters, marking a dramatic improvement in accuracy.

それは、誤差を現在の数mから6cmに減少させ、正確度がドラマチックに前進します。


The government hopes to take advantage of the 2020 Games, which will attract people from around Japan and the world, to promote QZSS Michibiki technology. It is hoped that systems can be developed to guide spectators inside competition venues and stations, or to alleviate congestion caused by cars and crowds of people by immediately identifying when numbers start to peak.

政府は、日本から全世界の人々を魅了する2020年のゲームに向けて、 QZSS Michibikiテクノロジーを促進を望んでいます。同システムは競技場や駅の顧客へのガイドとして、また、位置の即時判明で、利用者数が最大になっても車や多くの人々に起因する混雑緩和に役立つことが、期待されています。


“I hope that those who visit Japan during the 2020 Games will get to experience how well our Michibiki satellites work,” said Prof. Shinichi Nakasuka of the University of Tokyo, who investigates ways for the private sector to utilize space as a member of the government’s Committee on the National Space Policy.Speech

「2020年のゲームで日本を訪れた人々が「みちびき」の良さを経験してくれることを望みます」と、政府諮問機関の国際宇宙方針の宇宙利用で私企業の調査を行う東京大学のナカスカ・シンイチ教授は述べます。


(From May 28, 2017 Daily News)
posted by としたん at 13:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。