2019年10月02日

最近の驚き ドロ−イン呼吸で驚くほどの便秘改善

NHK「ちょい足しウォーキングでウエスト細く!」番組の中の「ドローイン歩行」を見たことがきっかけです。

コツは歩くときに
@ヘソの下に力を入れる。
A呼吸は鼻から吸って口から吐く。
B歩く時間は毎日30分間

ドローインウォーキングを行うことで鍛えられるのは、
    @おなかの筋肉。
    Aインナーマッスルである腹横筋など

で、  @見た目にウエストが細くなる
とか A体重が減る

でした。

10日間でウエストが 約6センチ 体重が約3キロ減った例が紹介されていました。

詳しくは
https://www.nhk.or.jp/beautyscience-blog/2019/158/412207.html


私もドローイン歩行をやっておりますが、
驚いたのは、快便快調になったことです。

それまでは歳のせいか、排便は一日一回程度で、しかも重く便秘気味で非常に苦労しておりました。

でも「ドローイン歩行」あるいは「ドロ−イン呼吸」を行うようになってから一日3回以上、
しかも一回ごとがとても楽にスム−ズになりました。

-----------------------------------------------------------
ここから先は解説です。

ドロ−イン呼吸とは、腹筋に適切な負荷を与えて行う呼吸法です。
一例を紹介あげると、
@ (鼻で)息を吸ってお腹を膨らませる
A 息を吐きながらお腹を凹ます。できればお尻辺りにも力を入れる。
B お腹は凹ませたまま胸で息を吸い込む
C お腹を凹ませたまま息を吐く
D BCの呼吸を繰り返す

(でも、私はBCのお腹を凹ませたままの呼吸は大変なので、@Aのみを繰り返すことが多いです。)

結論: 簡単に言う、お腹は凹ませたままで呼吸をすること。

注意: @呼吸はなるべく長く深く。しっかりと長く深く呼吸するよう心掛ける。
A呼吸を止めない。
B食後、妊娠中は控える。
    Cそれほどつらくないエクササイズなので、運動が苦手という方でもできる。
 基本は毎日でも続けること。




効果
@お腹周りがスッキリとする
     ドローインは腹筋の適切な負荷から、お腹周りの脂肪燃焼で、ほっそりとしたウエストが可能になります。
A姿勢が良くなる
B腰痛の改善効果が期待できる
Cストレスが溜まりにくくなる
D疲れにくくなる

ということですが、
私の場合は、
下腹部が締まり、軽くなった感じで → 「ジョギング等の走行が以前よりも容易」になった
ことが大きいです。
さらに
繰り返しになりますが便通がとてもよくなりました。

若くなりたい方に、お勧めです。

posted by としたん at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。