2013年11月27日

N.S.A.はインターネット企業の弱点をついていたのかも (20131125 英字新聞より)

アメリカのN.S.Aの手法がニューヨークタイムス紙に掲載されていました。
(The technique of U.S. N.S.A was published at the New York Times paper.)
引用します。

N.S.A. May Have Hit Internet Companies at a Weak Spot
N.S.A.はインターネット企業の弱点をついていたのかも


Mark Lennihan/Associated Press
マーク・レンニハン/AP通信社

SAN FRANCISCO − The recent revelation that the National Security Agency was able to eavesdrop on the communications of Google and Yahoo users without breaking into either companies’ data centers sounded like something pulled from a Robert Ludlum spy thriller.

サンフランシスコ − 国家安全保証局(N.S.A.)はグーグルやヤフーのデータセンターに入り込むことなしに、ロバート・ラドラムのスパイスリラーのごとく何かから、盗聴していたことが、最近わかったりました。


How on earth, the companies asked, did the N.S.A. get their data without them knowing about it?

どのようにして、N.S.A.は彼らに知られない方法でデーターを盗んでいたのでしょう?


The most likely answer is a modern spin on a century-old eavesdropping tradition.

最も有り得る答えは、一世紀前の伝説的な古い盗聴法に時代を戻すことになります。


People knowledgeable about Google and Yahoo’s infrastructure say they believe that government spies bypassed the big Internet companies and hit them at a weak spot − the fiber-optic cables that connect data centers around the world that are owned by companies like Verizon Communications, the BT Group, the Vodafone Group and Level 3 Communications.

政府のスパイが大インターネット企業をバイパスし、彼らの弱点(ベリゾンコミュニケーションズ・BTグループ・ボーダフォングループ・そしてレベル3コミュニケーションズ等の世界中からデーターセンターに繋がっている光ケーブル)をついたと確信している、とグーグルやヤフーのインフラに詳しい人々は述べています。


In particular, fingers have been pointed at Level 3, the world’s largest so-called Internet backbone provider, whose cables are used by Google and Yahoo.

特に、世界最大のインターネットのバックボーンプロバイダと呼ばれるレベル3コミュニケーションズを指さします。彼らのケーブルはグーグルとヤフーに使用されています。


The Internet companies’ data centers are locked down with full-time security and state-of-the-art surveillance, including heat sensors and iris scanners.

インターネットカンパニーのデーターセンターはフルタイムのセキュリテイと、熱センサーや穴のスキャナーなどの最新の監視法で固く守られています。


But between the data centers − on Level 3’s fiber-optic cables that connected those massive computer farms − information was unencrypted and an easier target for government intercept efforts, according to three people with knowledge of Google’s and Yahoo’s systems who spoke on the condition of anonymity.

しかし、多くのコンピュータ会社を結ぶレベル3の光ケーブルであるデーターセンター間は情報が暗号化されておらず、政府のインターセプトのターゲットに容易になり得ると、グーグルとヤフーのシステムに詳しい3人(匿名)は述べています。


It is impossible to say for certain how themanaged to get Google and Yahoo’s data without the companies’ knowledge. But both companies, in response to concerns over those vulnerabilities, recently said they were now encrypting data that runs on the cables between their data centers. Microsoft is considering a similar move.

企業の知識無くしてN.S.A.がグーグルとヤフーのデータを得ることは不可能であると言われています。しかし、グーグルとヤフー両社は虚弱性危惧への対応として、データセンター間のそれらのケーブルを通過するデーターの暗号化に踏み切ったと述べています。マイクロソフトも同様の措置を考えています。



“Everyone was so focused on the N.S.A. secretly getting access to the front door that there was an assumption they weren’t going behind the companies’ backs and tapping data through the back door, too,” said Kevin Werbach, an associate professor at the Wharton School.

「誰もが、バックドアからのデーター盗聴で会社の背後に回られないように、N.S.A.のフロントドアへの秘密アクセスに焦点を絞っています。」とワートン・スクール準教授のケビン・ワーバック氏は述べています。


Data transmission lines have a long history of being tapped.

データ送信回線は盗聴の長い歴史があります。


As far back as the days of the telegraph, spy agencies have located their operations in proximity to communications companies. Indeed, before the advent of the Internet, the N.S.A. and its predecessors for decades operated listening posts next to the long-distance lines of phone companies to monitor all international voice traffic.

電信の時代に遡ると、スパイ当局は彼らのオペレーションを通信会社の近くに設置しました。特にインターネットの到来前の数10年間、N.S.A.とその前身団体は長距離回線の聴取ポストで電話会社の全ての国際音声通信をモニターしていました。


Beginning in the 1960s, a spy operation code-named Echelon targeted the Soviet Union and its allies’ voice, fax and data traffic via satellite, microwave and fiber-optic cables.

1960年初め、コードネーム「エチェロン」と呼ばれるスパイオペレーションは、衛星・マイクロ回線及び光ケーブルからソビエト連邦とその同盟国の音声・FAX・データ通信をターゲットとしていました。


In the 1990s, the emergence of the Internet both complicated the task of the intelligence agencies and presented powerful new spying opportunities based on the ability to process vast amounts of computer data.

1960年代、インターネットの登場は、インテリジェンス当局との業務の複雑化し、大量のコンピューターデーターの処理能力を基本とするパワフルな新スパイの機会をそれぞれ提供しました。


In 2002, John M. Poindexter, former national security adviser under President Ronald Reagan, proposed the Total Information Awareness plan, an effort to scan the world’s electronic information − including phone calls, emails and financial and travel records. That effort was scrapped in 2003 after a public outcry over potential privacy violations.

2002年、ロナルドレーガン大統領のセキュリテイアドバイザーであるジョーン・M・ポインデクスター氏は、電話・電子メールそして経済と旅行記録の世界の電子情報をスキャンする総合情報認識プランを提案しました。その努力は潜在的プライバシー侵害への一般市民の抗議の後、2003年に廃棄されました。


The technologies Mr. Poindexter proposed are similar to what became reality years later in N.S.A. surveillance programs like Prism and Bullrun.

このポインデクスタ氏の提案した技術は、後のプリズムやブルランと呼ばれるN.S.A.監視プログラムが後に明らかになることにより、類似していることがわかります。


The Internet effectively mingled domestic and international communications, erasing the bright line that had been erected to protect against domestic surveillance. Although the Internet is designed to be a highly decentralized system, in practice a small group of backbone providers carry almost all of the network’s data.

インターネットは国内監視に逆らうための保護様に組み立てられた明るい光をうち消して、国内および国際通信を効果的に複雑化しています。インターネットは高度に非集中システムを目指して設計されていますが、実際は少数のバックボーンプロバイダーが全てのネットワークデータを扱っています。


The consequences of the centralization and its value for surveillance was revealed in 2006 by Mark Klein, an AT&T technician who described an N.S.A. listening post inside a room at an AT&T switching facility.

集中化と監視の価値の結論として、2006年、AT&T スイッチング施設内の部屋のN.S.A.リスニングポスト を説明したAT&T技術者マーク・クレイン氏により明らかになりました。


The agency was capturing a copy of all the data passing over the telecommunications links and then filtering it in AT&T facilities that housed systems that were able to filter data packets at high speed.

その当局は通過するテレコミュニケーション・リンクの全てのデーターのコピーを捕獲し、AT&T 施設に隣接するシステムでデーターパケットをフィルタリングします。


Documents taken by Edward J. Snowden and reported by The Washington Post indicate that, seven years after Mr. Klein first described the N.S.A.’s surveillance technologies, they have been refined and modernized.

エドワード・J・スノーデンにより持ち出されたドキュメントとワシントンポスト誌による報告は、クレイン氏が最初にN.S.A.の監視技術を説明した7年後、洗練され、近代化されていることを明示します。


(From November 25, 2013 Newyork Times)
posted by としたん at 11:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。