2015年09月01日

鉄道会社、エスカレーター上を歩かないように強調!(20150825 英字新聞より)

エスカレーターに乗る場合のマナーが叫ばれています。
The manners are called for safety when getting on an escalator.

もともとエスカレーターは片側に寄って乗るためには設計されていないようです。
Its seemed that an escalator is not designed originally to come near to one side and take it.

「手すりにおつかまりのうえ、 黄色い線の内側にお乗りください。」のアナウンスも流れています。
"Please caught a handrail and get on it inside the yellow line." an announcement is also called off.

事故防止のために前後、一段ずつ空けて乗ることも大事です。
It's also important to empty both front and back step for prevention of accident.

Railways urge people to stop walking on escalators
鉄道会社、エスカレーター上を歩かないように、強調!


proper way of taking escalator.jpg

Escalators are convenient to ride, but if something goes wrong they can be the scene of serious accidents. The practice has become established of keeping to the left side of an escalator in Tokyo and to the right side in Osaka, while leaving the other side open for people in a hurry. However, many are unaware that an industry group is calling for people not to walk on escalators and not to leave one side open as a rule to prevent accidents. Railway companies are also appealing to people to ensure compliance with the rule.

エスカレーターはとても便利な乗り物ですが、一旦事が起きると深刻な事故のシーンを展開します。急ぐ客のために一方を空けておくため東京ではエスカレーターの左側に、大阪では右側によることが通常となっています。しかしながら、多くの人々はメーカーグループが事故防止のために、エスカレーター上を歩かないこと、片側を空けて乗らないこと等を呼びかけていることに気付いていません。鉄道会社もまた、人々にルールを守ってくれる様、アピールしています。


According to the Consumer Affairs Agency, a total of 3,865 people were taken to hospitals due to escalator accidents in Tokyo from 2011 to 2013. The majority of the cases were injuries caused by falls. The cases included “toppled over by losing balance while walking up an escalator” and “toppled over as their cane was jostled by a person who was walking up an escalator.”

消費者庁によると、東京では2011年から2013年にかけて合計3,865人の人々がエスカレーター事故で病院に搬送されているとのことです。大部分のケースは落下による怪我のケースです。それらのには、「エスカレーターを歩いて上っていてバランスを崩した」や、「エスカレーターを上ってきた人に杖を揺すられバランスを崩した」ケースが含まれます。


The agency warns that if people walk on an escalator, they run the risk of an accident not only by losing their balance themselves but also by jostling other people.

同省では、エスカレーター上を歩く場合、その人自身だけでなく他の人々のバランスをくずすこともあると警告しています。


According to the Japan Elevator Association, comprising elevator and escalator makers, escalators are designed based on the assumption that people will not walk on them and the correct way of using an escalator is by standing still and holding the handrail. “It’s not necessary to leave one side open. There are some people who have an arm or a hand that is incapable of functioning and have difficultly keeping a specific side open,” said an official at the association.

エレベーターとエスカレーターメーカーで構成するニホンエレベーター協会によると、エスカレーターは人が歩かず、静止してハンドレールを保持するのが正しい位置として設計されているとのことです。「片側に寄る必要はありません。腕や手で機能不全を招いたり、特別な片側を空け維持を困難にする人々がおられます。」と同協会の担当者が述べます。


Major railway companies started a campaign calling for people not to leave one side open and not to walk on escalators about five years ago. This year, a total of 51 railway operators and companies related to Haneda and Narita airports are participating in the campaign.

約5年前から主要鉄道会社は、人々にエスカレーターの片側を空けず、歩行しないように呼びかけるキャンペーンを開始しました。今年、合計51の鉄道運航会社や羽田・成田空港関連会社がそのキャンペーンに参加しています。


A public relations official at East Japan Railway Co., one of the participating companies, said: “The number of accidents decreases during the campaign period but the practice of keeping one side open is strongly rooted. We’d like to positively appeal to people to change the practice.”

そのキャンペーンに参加中のひとつJR東日本(株)は、「このキャンペーン中、事故は減りましたが、片方を空ける習慣は根強いです。私たちはこの習慣を変えることに積極的に取り組んでいきたい。」


Meanwhile, the rule of keeping one step empty behind each person taking an escalator is spreading.

しかしながら、前の人より一段空けてエスカレーターに乗ることは、拡がってきています


The rule was established from a lesson learned from an escalator accident at Tokyo Big Sight, a major exhibition hall in Tokyo’s Koto Ward, in August 2008. At that time, about 50 people toppled over and 10 of them were injured in the accident when a major event for manga enthusiasts was being held. An ascending escalator about 30 meters long, linking the first and fourth floors of the building, suddenly stopped and began to slide backward, causing about 50 people to topple over.

このルールは2008年8月の、江東区の巨大展示場東京ビックサイトのエスカレーター事故を教訓としています。マンガマニアのイベントで、そのとき約50人の人が転倒し、その中の10人が怪我をしました。1階から4階まで繋いでいる昇りの30メーターのエスカレーターでしたが、突然停止し、後方にスライドしだして、約50人が転倒しました。


An accident investigation committee at the Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry announced its report on the accident in January this year, attributing the accident to improper maintenance. However, it is also believed that the escalator became overloaded with people at the time of the accident. Tokyo Big Sight began playing recorded announcements the month following the accident in Japanese and English urging people using escalators to keep one empty step between themselves and the person ahead for safety.

国土交通省の事故調査委員会は今年1月、原因は不適当なメンテナンスに起因するものであるという事故報告をまとめました。しかしながら、事故時の人々によりエスカレーターがオーバーロードになっていたものと信じられています。東京ビッグサイトは、事故一ヶ月後、エスカレーター利用者に日本語と英語で、安全のため前後1段ずつ空けて乗るよう、録音されたアナウンスを流していました。


About 15 million people visit Tokyo Big Sight annually, and there are 38 escalators in the facility. A public relations official the facility stressed the effect of the announcement, saying, “As fewer people now stand on the very next step after the person ahead of them, safety has improved.”

東京ビッグサイトでは年間約1500万人の人々が訪れますが、同施設には38台のエスカレーターがあります。同施設の接客担当者は協調します、「現在、少数ですが必ず前に1段空けて乗っていただけており、安全性が向上しつつあります。」


Origin of escalator etiquette placed in WWII London

エスカレーターが初めて登場したのは第二次大戦中のロンドンでした。


A leading theory has it that the origin of the practice of “keeping to one side” of an escalator dates back to London during World War II.

エスカレーターのリーデイングセオリーである「片側を維持」の起源は、第二次大戦中のロンドンに戻ります。


According to Masakazu Toki, professor of cultural anthropology at Edogawa University, the practice of keeping to the right side of the escalator began in London around 1944 to keep the left side open for people in a hurry.

江戸川大学の文化人類学教授である斗鬼正一氏によると、エスカレーターの右側維持は急いでいる人のための左側空間維持のため、1944年過ぎのロンドンで始まりました。



This practice spread in Japan from Hankyu Umeda Station in Osaka in 1967 when the station building was relocated. To this day, people in Osaka follow London’s “keeping to the right side” of the escalator rule.

この習慣は日本では、大阪の阪急梅田駅で1967年同駅移設時から拡がりだしました。この日、大阪の人々は、ロンドンのエスカレータールールである「右側維持」に習いました。


In Tokyo the practice of “keeping to the left side” began to spread near the end of the 1980s. This practice is said to have begun at Shin-Ochanomizu Station on the Chiyoda subway line. At the time of its opening in 1969, the escalator at this station was the longest underground escalator in Japan, measuring 41 meters. However, there are also stories of people keeping to the left side of the escalator at Tokyo Station and Shimbashi Station around the same time.

東京での「左側維持」は198年代末に拡がりだしました。この習慣は地下鉄千代田線の御茶ノ水駅で始まりました。1969年の開始時、同駅のエスカレーター長は41メーターで、日本最長でした。しかしながらこの左側維持は東京駅と新橋駅でも同時期に行われています。


“It is still unclear why we keep to different sides of the escalator in Osaka and in Tokyo, but as globalization advanced, perhaps the consciousness that we must learn foreign etiquette led people to start keeping to one side,” Toki said.Speech

「なぜ、大阪と東京で左右異なった側を維持するのかは未だに不明です。しかしグローバライゼーションが進むにつれて、多分私たちは外国のエチケットに学ばなければ成らないという意識が片側維持を開始させたもののと思われます。と斗鬼氏は述べています。


(From August 25, 2015 Japan News)
posted by としたん at 14:19| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
playing recorded announcements は、「記録的なアナウンス」ではありません。record には「録音する」という意味があります。playing recorded announcements は、「録音されたアナウンスを流す」という意味です。
Posted by とある通行人 at 2015年11月08日 20:47
>とある通行人さん
ご指摘ありがとうございます。
早速訂正いたしました。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 管理人 at 2015年12月19日 14:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。