2016年01月01日

エリートバイクユニット、若者を見守ることで、和歌山で無謀な運転、非行が減少 ( 20151220 英字新聞より)

最近は大分少なくなりましたが、無謀な運転を行う若者は存在しています。
Nowadays its becoming few that reckless driving by young people.
But its not zero today about these driving.

やはり、若年者は善悪の判断が出来難いくいものです。
Tendency its not so easy for young people to judge good and bad.

今回はそんな若者と共通の話題等で会話し、犯罪を防いでいるあるオートバイユニットのお話です。
This time its the story about the bike unit called Kurohyo, they do communication to
these young people through the common subject of the motorcycle.
They try to pull these young people from bad conduct,


Elite motorcycle unit watches over youth / Reckless driving, delinquency curbed in Wakayama
エリートバイクユニット、若者を見守るこで、和歌山で無謀な運転、非行が減少


In the early 2000s, many prefectural police departments started special motorcycle units to crack down on motorcycle gangs. One of the very first − the Kurohyo (Black panthers) − was created by the traffic enforcement division of the Wakayama prefectural police department.

2000年始め、多くの県警がバイクのギャングを取り締まるため、スペシャルバイクユニットを立ち上げました。とても早い時期のひとつである黒豹(ブラックパンサーズ)が和歌山県警部門の交通取り締まり部門で創設されました。


Some prefectural police have disbanded their special motorcycle units in recent years due to the declining number of motorcycle gangs. However, Wakayama’s Kurohyo have added the prevention of juvenile delinquency to their patrol and pursuit duties, providing young people with guidance to turn them away from gangs. Their efforts continue to be successful.

近年、オートバイギャングが減ったことで、いくつかの県警がスペシャルバイクユニットを解散させました。すかしながら、和歌山の黒豹は彼らのパトロールを未成年の非行防止として、追跡義務に追加し、若者の指導提供で彼らのギャング化を防いでいます。彼らの努力は成功裏に続いています。

Their exact number remains confidential, but the Kurohyo are former motorcycle patrol officers who undergo further training and are recruited for their outstanding riding skills. They ride large black motorcycles capable of quick acceleration. Teaming up with the Silver Tigers, who ride medium-size motorcycles with a smaller turning radius, they pursue motorcycle gangs wherever they encounter them.

彼らの正確な数は秘密のままですが、黒豹は前オートバイパトロール職員であり、彼らの特異なライデイングスキルのためより高度な訓練が求められています。彼らは急加速が可能な大型の黒いオートバイに乗りこなしています。急旋回が可能な中型のオートバイのシルバータイガーと連携し、いつどんなときでもオートバイギャングを追跡します。


When going after the gangs, it is important for the officers to ensure their own safety and the safety of the motorcyclists they’re after. At a training facility in Wakayama city, the Kurohyo develop formations that safely and effectively counter speeding violations among gangs.

ギャング追跡時、大事なことは彼ら自身の安全と、追跡中のターゲットの安全を保障するです。和歌山市の訓練施設で、黒豹部隊はギャング追跡中のスピード違反と安全対策へのフォーメーションを開発しました。


The Kurohyo unit was formed in 2002, when it was common to see teenagers running wild on motorcycles and souped-up cars on city streets. Since then, gang membership numbers have been declining due to the falling birthrate and other factors.

2002年に黒豹部隊が編成されたとき、10代のオートバイ暴走とパワーアップした車をみることは、日常茶飯事であった。それ以後、出生率の減少と他のファクターにより、ギャングの構成員数は減少しました。


The Kurohyo are well known to the young people of Wakayama Prefecture. One said: “If we ride like motorcycle gangs and the Kurohyo happen to spot us, there’s no way of escaping.”

和歌山県の若者の間で、黒豹は良く知られています。ある一人は言います、「もし我々がオートバイ・ギャングのように乗りこなすと、黒豹にすぐに我々に目をつけられ、絶対に逃げ切ることはできません。」


Year after year, the Kurohyo have been instilling awe among young people. The seven large motorcycle gangs that operated in the prefecture in 2002 have all been driven to disband. The ones left are mostly small groups that engage in guerrilla-like outings.

年を追うごとに、黒豹は若者の間で恐れられていきました。7台の大型オートバイギャング達は2002年に解散に追い込まれました。そのときの一人は寄り小さなゲリラ風の小さなグループに変化しました。


Emergency calls to the police concerning motorcycle gang activity once numbered more than 1,000 annually. In 2014, calls dropped to 430.

オートバイギャング活動に関する緊急呼び出しはかつて年間に1000件以上ありましたが2014年には同呼び出しは430件に減少しました。


Even so, the Kurohyo unit has not let up on its street patrols. Their continued presence on the streets discourages reckless driving. They also meet and have long chats with teenagers during their patrols, helping to prevent juvenile delinquency.

そうであっても、黒豹ユニットは道路パトロールを止めませんでした。彼らの道路での存在の継続が無謀な運転車を意気消沈させました。未成年の非行を防ぐため、彼ら(黒豹ユニット)はパトロール中10代と長い時間、会話を行いました。


If an officer comes across shady vehicles parked at a convenience store or supermarket late at night, he will try to approach in a friendly way. He might start conversationally − “This ride looks nice; you’re taking good care of it?” − but then add a little warning: “But driving this on public roads is illegal, you know.”

もし、コンビニエンスルトアやスーパーマーケットに不振な乗り物が合った場合、彼(警官)は、優しく近づくことを試みます。彼は言葉で、「このマシンはすばらしい、君が面倒を見ているの?」そして、警告を付け加えます、「しかし、これで公道を走ると違反だよ、知ってる?」と。


Sometimes the officer and youths get into a lively conversation over their common interest in motorcycles. After getting to know each other, teens often take the initiative and greet the officer with “Good evening” when they see him again. The officer might tell them, “It’s late, so go home already,” and patiently watch until the teens head home.

時には、彼(警官)と若者はオートバイという共通の話題から親密に話し込んでしまうこともあります。互いに知り合って後、10代はしばしば再開したときに自分から「こんばんは」とあいさつをしたりします。その警官は「もう遅いから、家に帰りな。」と諭し、辛抱強く彼らが家に向かうことを見守ります。


It is rare nowadays for motorcycle gangs to make outward shows of solidarity. Instead, they use free smartphone apps like LINE to gather members on the fly for street outings. And they cleverly use smartphones to exchange information on police activities even while they’re on the road. Given the circumstances, directly engaging young people and listening to what they have to say can help prevent malicious and reckless driving.

今日、オートバイギャング達が集団状態を外で見せ付けることは稀です。代わりに彼らは郊外の公道で暴れる場合、フリーのスマホアプリを使います。そして、彼らは道路上にいる間でさへ、警察の活動情報をスマホで交換します。そんな環境から、直接若者と接触し、彼らの言いたいことを聞くことは、無謀な、非行に走る運転を防止することに効の一助に成り得ます。


The head of the Kurohyo unit says: “It’s important to establish everyday trust with young people. Rather than seeing them as targets of wrongdoing, we want them to stop their dangerous behavior. When we establish a solid rapport with them, they can understand this. When we hear about a kid that has recovered from his mistake and is leading a fruitful life, it makes us happy.”

黒豹ユニットの長は述べます、「若者との信頼を築くことはとても重要です。彼ら悪行のターゲットとして見るよりも、彼らの危険な行為を(事前に)防止したいのです。 私たちが子供たちから聞くことで彼らを間違いから回帰させ、実り多い生活へと導ければ、とても幸せです。」


Group arrest
グループ逮捕

On Nov. 24, the police announced that they had arrested nine young people aged 16 to 17 for reckless group driving late at night in September. They teens were charged with violating the traffic law.

11月24日、警察は、9月末に16才〜17才の9人の無謀な若者のグループを逮捕したと発表しました。彼ら10代は道路交通法違反でした。


The announcement explained that on Sept. 6, at about 1:10 a.m., the nine young people, riding on three motorcycles and two scooters in Wakayama city along National Highway Route 42 and other roads, zigzagged back and forth across the entire width of the road for about 30 minutes. They also ignored stoplights. Six of the teens were high school students.

その発表では、9月6日午前1時10分、9人は3台のオートバイと2台のスクーターに乗り、和歌山市の国道42号線と他の道路をほぼ道路幅一杯を約30分ジグザグ走行しました。彼らは又、赤信号を無視しました。その10代の6人は高校生でした。


The report was based on information gathered by the Kurohyo unit during their routine patrols.

このレポートは、巡回パトロール中の黒豹ユニット収集の情報によるものです。


(From December 20, 2015 Japan News)
posted by としたん at 21:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。