2016年04月12日

日産、EV(電気自動車)の増大を標榜(20160326 英字新聞より)

当初は航続距離200kmであった日産のリーフですが、現在、300kmに達しようとしています。
Its only 200Km, the ability of distance Nissan’s Electric car named Leef. But now its may reach 300km.

電気自動車の充電に係る費用はガソリン車に比して、ものすごく安価です。
Its very inexpensive to charge EV's than the gasoline's.

今後400km〜500kmに伸ばし、ガソリン車に肩を並べるまで、開発を続けてほしいものです。
I hope to Nissan to expand tha distance from 400km to 500km, its same about Gasoline car.

Nissan aims to increase EV range
日産、EV(電気自動車)の増大を標榜



Nissan’s unique partnership, formed in 1999, with Renault of France has strengthened both companies. A key aspect of the Renault-Nissan Alliance is that they work together on an equal footing, especially as Nissan strives to expand its fleet of market-leading electric vehicles. The following are excerpts from a Yomiuri Shimbun interview with Hiroto Saikawa, vice chairman of Nissan Motor Co.

1999年に形成されたフランス・ルノーとの間で結ばれた日産のユニークな提携協定は両者を強化しました。日産―ルノーの提携のキーとなるフェーズは公平な立場での協力であり、とりわけ日産は市場をリードしている電気自動車の振興でした。以下は日産自動車(株)副社長サイカワ・ヒロト氏への読売新聞の取材内容です。


Nissan is competitive with its Leaf model, which has played a leading role in the development of electric vehicles (EVs). The number of models sold has not increased in line with our expectations, but the environment for EVs [such as recharging facilities] has improved in Japan and Europe. If the batteries’ capabilities improve and the current traveling distance [after a single recharge] of 280 kilometers is extended to close to 300 kilometers, this EV model will be more convenient to use.

日産は、電気自動車(EVs)の開発で主導的役割を演じているリーフという車種で、競合しています。売却台数は期待ほど増加していませんが、充電設備などのEVsに対する環境は日本と欧州で前進しています。もしバッテリー能力が進歩し、巡航距離が現在の280kmから300kmに増加すれば、この電気自動車はより便利になるに違いありません。


I believe this goal can be achieved in two or three years.

私はこのゴールは2〜3年で達成できると信じています。


We want to make our Leaf models more attractive and then offer further varieties of EVs in 2020 if possible. The EVs will be able to adapt to a wide range of uses, from traveling long distances as gasoline-powered cars do now to driving in crowded places in cities.

私たちはリーフモデルをより魅力的に、そして可能ならば2020年にEVをよりバラエテエイに提供できるようにすることです。EVはガソリン車のように、長距離の旅行から市内の混雑地域まで広い範囲での運転が可能です。


The fluctuations in stock prices and foreign exchange rates since the start of this year have been erratic. It’s better not to react nervously to these changes. We’ll soon begin exporting Rogue models, a sport utility vehicle produced in Kyushu, to North America. Even if the yen’s appreciation increases to \100 against the dollar, we can still maintain competitiveness. We won’t change our policy.

今年の初めからの株価の変動や為替レートの変動はわずらわしいです。それらの変化に神経質に反応することはよくありません。九州た北米で生産されるスポーツカーであるロギューモデルをすぐに模索始めています。もし、円高が100円に進んだとしても、私たちは競争力を維持できます。わたしたちは私たちのポリシーを変更することはありません。


The French government tried to increase its influence on Nissan through Renault SA, which is our largest shareholder. Negotiations with the French government were settled last year. We succeeded in securing Nissan’s independent management within our relationship with Renault. It is significant that future generations will inherit this situation.

フランス政府は、最高株主であるルノーSAを通じて、日産への影響力を強めるように心がけています。フランス政府同伴の交渉は昨年まとまりました。私たちはルノーとの関係内で、日産の運営の独立性確保を維持しています。将来の世代にこの立場を引き継ぐことは重要なことです。


No other automakers have the advantage that Nissan and Renault have by operating our partnership on an equal footing. But if either of the two gains the initiative, the negative side effects are stronger [than if the companies operate alone].

他の自動車メーカーで日産とルノーのような対等な立場でのパートナーシップを築いているところはありません。しかし2社のうちどちらかが強い立場を得たとしても、個々が独自で運営しているよりは効果は強力です。


Nissan is a company headquartered in Japan, so Japanese leaders are necessary. It is also the responsibility of Mr. [Carlos] Ghosn and I to foster our successors. [Ghosn is chief executive officer of Nissan.]

日産は日本に本社のある会社です、よって日本人のリーダーが必要です。それはまた、カルロスゴーン氏と私で後世のために築いていく責任が存在します。(ゴーン氏は日産の最高経営責任者です)


(From March 26, 2016 Japan News)
posted by としたん at 14:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。