2016年10月22日

迷い犬の飼い主見つかる。

一昨日夕方、我が家の愛犬ナナと散歩で近所の公園に出かけたときのことです。

小学生4〜5人が一匹の犬(中型犬オスで茶色と黒の混合色、多分芝と何かのミックス?)を取り囲んでいました。

訳を聞くと、その犬は迷い犬で、その子らが昨夕見つけ、一晩そのなかの一人の家で泊めたとのこと。でも今晩は泊めてやることができずに困っていたとのこと。

結局、行きつけの獣医さんに頼んで、預かってもらうよう私が電話で交渉しました。

獣医さん曰く、預かるにはホテル代一泊3千円を払える仮親さんが必要とのこと、それが条件でした。それで自分が仮親になることで交渉成立。

無料で預かるとそんなワンちゃんで一杯になってしまう、とのことでした。

で、すぐにワンちゃんと、その獣医さんの病院へマイカーで移動。

獣医さんでは、4日間ほど預かりながら警察に通報、ほかに知人・FaceBook等で飼い主を探すとのことでした、

それで見つからない場合は、約1週間の警察預かりになるとのこと。

本日夕方、やはり 我が家の愛犬ナナと散歩中に、病院から電話があり、飼い主が現れ、ワンちゃんは無事その人のもとへ戻ったとのことです。

めでたし、めでたし。

保護してくれた小学生、獣医さん、飼い主さん、ワンちゃん、他関係者の皆さん、ありがとうございました。
posted by としたん at 20:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。