2012年04月02日

単身赴任解消

単身赴任解消

定年退職になりました。4月1日から無職です。

今後何をするか決まらないまま、
とりあえず転入届け、印鑑登録、そして免許証の住所変更で最寄りの警察へ。

市役所ではあやうく家族と別世帯に登録されそうになり、
やりなおしの手続き中ずっと待たされ約50分近く経過。
無料駐車券(60分)ぎりぎにになったため住民票を発券出来なくて、急いで駐車場へ。
あやうく出庫セーフ。で、再度入庫して住民票を機械で発券。
出庫する前に市役所の担当者に訴えても「急いでください」と言うだけで、妥当な対応なし。
そっちのせいで遅れそうになったんだろうが!
手続きが長引いて無料時間を超過しそうになった場合は、再延長できるような対応が準備されていてしかるべき。しかも長引いたのは市役所側の勘違いが原因なのに。


その住民票を持って訪れたT警察署。
ここもひどかった。
担当の係官が窓口に来た人の文字(新住所?)を
中々出せなくて長時間考えた末に他の係官の応援を依頼。
数人で端末の画面を覗き込んでいる。
その間私語だらけ。
次の順番の自分が20分以上も待たされてしまった。
使える端末も一台のみで、イライラを噛み殺してようやく終了。
警察の駐車場も4台分しかないため近くの有料に入れて、400円の出費になってしまった。
やたら職員同士の私語が目立った。
多分銀行等の民間の窓口のほうがmもっと洗練されているはず。
市役所も警察も、全くど素人の集団かい!

どうも都会の役所の方が地方よりも洗練されていなくて不親切。
図書館等の整備も地方の方が勝っている。
青森市、いわき市等に比べたらH市、N市等東京の各市は明らかに劣る。
窓口の対応も親切心に欠ける。

貸出状況、在庫書籍検索等のネット化も地方の方が進んでいる様に思われる。

都会の人々の感覚も大きく地方とズレているように思える。
何事にも急いで、柔らかさ・親切心・ゆったり感のようなものが無い。
東京といっても車でちょっと走ればすぐ田舎、特権地域じゃないんだよ。
大地震がくればひとたまりも無い脆弱な地域だよ。

東京都は財政的に地方より十分潤沢であるはずなのに、
どうも費用を割り当てる気持ちが無いらしい。
オリンピック誘致に熱を上げる予算があったら、文化的住民サービスにもっと力を入れるべきでは?
接客マナー等も謙虚に地方、民間を見習ってほしい。
posted by としたん at 23:47| Comment(0) | 単身生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

引越し


今月末で定年退職になり、単身赴任も解消。
よって、引越しの準備。

休日になると荷物を車で搬送、いわきから東京へ。
娘やWB(ホワイトベア)・WR(ホワイトラビット)達に感謝。
妻や長男にも感謝・感謝。
慌ただしいですが、楽しいです。

愛している。ついている。楽しい。うれしい。ありがとう、
感謝します。幸せです。ゆるします。
(斎藤一人さんありがとう)

来月から、自宅に戻る予定です。


追記:今週は暴れ馬(4406)何とか乗りこなせています。
一方7999が安定して推移しています。
   暴れ馬(危険)か、おとなしい馬(安全)か。
   今週は魅惑的な危険な香りでいきますかね。

お買いものに便利なえがおの通販モ−ル。ご来店お待ちしております。 
posted by としたん at 03:52| Comment(0) | 単身生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。