2012年10月10日

電気掃除機が治った。

いわき、福岡単身で使っていた掃除機(約10年もの)、最近排気から非常に臭い悪臭(ウンコの匂い)がしていました。
掃除の度に排気からすごい匂い、耐えられません。紙パックを取り替えても変化なし。
で捨てられる寸前でしたが、思い切って解体手術(=分解)してみました。
内部のモ-タ-部分にスポンジ状のフィルタがありました。
これが原因かと思い、石鹸液で洗浄、石鹸液に漬けて一晩、きれいになりました。
でもそれほど効果なし。
試しにホ-ス(ジャバラ)に水道水を流し込んで洗ってみました。
すると、出るわ出るわゴミのかたまり。
これが原因の様です。
よって十分に洗って乾かして、スイッチオン。
見事悪臭は解消。
ついでに発見しました。ジャバラホ-ス先端の止め機構。逆ネジでアタッチメントと接続。
弱っていたところを切り取って再接続。
掃除機完全復活です。

追記 
今朝、使おうと思ったらモ-タ-回らず。
多分電源コ-ド周りにトラブルの様です。
またまた解体ショ-。
(来週に続く?)

お買いものに便利なえがおの通販モ−ル。ご来店お待ちしております。
posted by としたん at 10:02| 東京 ☀| Comment(0) | 電子機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

エアコンから水漏れ 修理完了

エアコンの室内機から水があふれてきました。
下にあった無線機、オ−デイオセットの危機。
原因は?
ネットで調べたところ室内の湿気を吸い取り外に出す排水ホ−スの詰まりが原因
とのこと。

修理に挑戦です。
排水ホ−スは室内機から出て、室外室外機へ向かう太いホ−スと共に
室外へ出てベランダの床の上に出ています。
@まず室内機のカバ−を外して中を見ようとしましたが、結構大変そう。
あきらめて
A外から排水用ホ-スに口をつけて吸ってみました。
「ゴロゴロ」ホ-スの中に水が入っているみたいな動く音がします。
何回か吸ってみると水が近くまで移動してきているのが分かりまして。
飲み込みたくないので、かなり近くまで来たところでホ-スを口から外して大きく振ると、
水が少し出ました。
次にホ-スを吸ったり吐いたりしていると、カラカラ音がして、何かがホ-スの中を移動しています。
近くまで来たので同じように口から外して大きく振ると、水と一緒に虫の甲羅みたいなものが出てきました。
その後は吐いても吸っても水の音・カラカラ音ははしなくなりました。
排水ホ-スの先から虫が入り込んで目詰まりし、水が外に出れず室内機側に溢れてたのが
原因だったようです、
少し休んでから、思いついて掃除機でホ−スを吸ってみました。
掃除機の先端を吸い取りパイプのみにして排水用ホ-スを銜え込ませ、
隙間を濡れ雑巾で塞いで10秒ほど2〜3回。
あまりやると室内機の中の部品を吸い込みそうなので短時間で終わらせました。
これで完全に排水ホ-スはきれいになりました。
その後、エアコンの調子は?
室内機からの水溢れはなくなり、
調子もすごく良くなりました。
ラベル:エアコン 室内機
posted by としたん at 22:46| Comment(0) | 電子機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

RS232Cでのお話

職場では無線機器の動作監視用目的でRS232C(通称232C)が使われております。
送信機や受信機の動作状況が通信回線で送られてきます。
最近誤動作による通信エラーが頻発しています。
どうやら232Cケーブルの長さが長すぎるためらしいです。
通常は15m位が動作の安全圏、なのに25mで使用しています。

という訳で、対策として25m区間をモデム〜モデムで繋いでみることにしました。
モデムが2個手に入り、さて設定・・・、と張り切りましたが、
これが面白く、というか苦労の連続でした。
信号(RS,SD,CD・・・)の意味や伝送方式、速度等一からのお勉強し直し。

実際に無線機に接続する前に2台のパソコン間で模擬しました。
rs232c用フリーソフトをペアのPCにインストールし、
PC〜232c_cable〜モデム〜モジュラーケーブル〜モデム〜232c_cable〜PC
と繋いで通信実験です。

通信速度はPC間1200bps、モデム〜モデム間は9600bpsの2ワイア。
他も何とか設定して片方向ずつですが、通信できました。
(実機では送受が交互に切り替わる半二重通信?のため多分大丈夫)
モデム間通信速度とPC間通信速度は違っても可、でも2倍の比率は必要、
これも発見でした。
ハズカシイ!

後は実機にセットして使えるかどうか試してみるのみです。
はたしてうまく行くかどうか・・・。

お買いものに便利なえがおの通販モ−ル。ご来店お待ちしております。 
posted by としたん at 15:56| Comment(0) | 電子機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショットキーダイオード

ショットキーダイオード、正式にはショットキーバリアーダイオードと言うらしい。
ひょんなことから認識を新たにしました。

というのは、このダイオード順方向電圧降下が少ないです。
(具体的には0.2〜0.3V)
普通のシリコンダイオードだと概略1v位だから0.7vも違います。

ある回路(シリコンダイオード2個を経由して5Vリレーを駆動する方式)でリレーの動作が不安定となりました。
  @シリコンダイオードで約2V消費、リレーの動作電圧2.5vとすると余裕は0.5V。
  A電源の電圧が何かの原因で4.5Vに下がると、リレーの動作電圧ぎりぎりとなり動作が不安定となります。

というわけで、こんな時にショットキーダイオートを使ってやると
  @ダイオード2個の電圧降下は0.4〜0.6vとなって、5Vリレーに加わる電圧は4.4〜4.6vとなります。
  A電源電圧が4.5Vに下がってもリレーには3.9〜4.1vが印加され、動作は安定化します。
    (余裕が平均で約1.5v)

今までのイメージでは、順方向電圧降下の少ないダイオードはゲルマニュームタイプのみでしたが、認識を新たにしました。

ショットキーダイオート、今度使ってみましょう。


  

英語ぺらぺら君


「酒井式 Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド


独学で英語・会話を習得 する4ステップ



Auto Smartphone Affiliate 黒蝶塾+(プラス)


タイムゾーンブレークアウト〜MaxSystem〜


【お金の学校】2年で1億円!片手間副業で毎月300万円を稼いでいる株式投資錬金術[冊子版]


ついに公開!最高水準平均勝率81.9%達成バイナリーオプション専用ツール Rise-BINARY


お買いものに便利なえがおの通販モ−ル。ご来店お待ちしております。
posted by としたん at 15:08| Comment(0) | 電子機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

カ−コンポCDイジェクト不良

マイカ−(トヨタカムリ)の純正CDドライブ、CDを聞こうとロ−デイングしたところ認識不良で音も出なくなってしましました。
イジェクトしてもギ−ギ−音がするのみで出てきません。

カ−用品店YHでは、「純正品なのでトヨタでやってもらうとして、本体ごと交換ですね」と言われました。
そしてトヨタデイ−ラ−では、「本体を取り外した後分解(=カバ−外し)の上、CDを取り出します。CDは傷ついているかもしれません」とも言われました。

結局、「少し考えて見ます」といって帰ってきました。
本心は「それならば自分で外してみたろか」、と挑戦する気持ち満々でした。

CDドライブにたどり着くためには運転席やセンタ−のカバ−を外さなければなりません。
でも運転席のカバ−を外すことはとても大変。いくつかのビスを外す格闘の末、この方法はあきらめました。
やっぱ「餅は餅屋か−」。

でも、ネット検索したところ、「他のCDを押し込んで出なくなったCDが取り出せた」という例見つけました。
で、やってみました。
CDのイジェクトボタン押ししながら、壊れても良いCDを少し入れてみました。
何と、この壊れても良いCDが、吸い込まれて行きそうです。

そこをこらえて、吸い込まれないように引っ張りながら何度か試しているうちに、「ギ−ギ−」音がしなくなりました。
「オヤッ」と思っていると、吸い込まれていたCDが出入り口から少し顔を出しました。
ここぞとばかり、CDをしっかり指で捕まえて引っ張り出すことに成功しました。

どうやら壊れても良いと思っていたCDが、問題のCDを下から押し上げたみたいです。

そしてCDを取り出した後、さらに一枚CDが出てきました、これは自動排出でした。
何と2枚ものCDが吸い込まれていたのです。

結果、取り出用と含めて、計3枚のCDは無傷でした。取り出した後のドライブも正常です。
最初に入っていたCDはMP3の音楽集で、このドライブでは認識不良。何かの拍子に間違ってセットしてしまい、トラブルの原因になっていた。これが主因でした。

伊江ロー法度さん(YH)、渡与駄デイ−ラ−(TYTA)さんの言いなりにならず良かった。
2万〜3万円の節約でしょうか。

CDドライブをとり外したり、分解することなく解決できたのは大収穫です。

ネット検索、やっぱ意味がありました。
このブログ記事も誰かのお役にたてれば・・・。そう願っています。

もし、同じ環境の方居られたら、自己責任で挑戦してみてください。
コツがつかめます。

posted by としたん at 20:36| Comment(0) | 電子機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

電波腕時計のベルト探しで感激したお話

大分前にも書きましたが、電波腕時計、
ベルトのピンが壊れてしまいました。
で、新しいベルトを買いにとあるホ−ムセンタ−に行きました。
適当なのを見つけてレジへ。
時計と一緒に見せて「これ、合いますかね」と尋ねると、
「大きさが違うので合いません」とのこと。
では、合うのがないかと尋ねると、これが、ありませんとのこと。
仕方なく、「留めるところのピンだけってあるんですか」と聞くと、あるとのこと。
それから約30分、二人の女性店員が大きさの合うピンを一生懸命さがしてくれました。
やっと見つかり、値段をきくとこれが「無料」です、とのこと。
あんなに一生懸命、二人の女性店員が探してくれたのに、と思うと・・・。
でも、感激です。
このホ−ムセンタ−さんの大ファンになりました。
親切と、真心をいただいた店員さん、ありがとう。

このことで、この日は一日中幸福でウキウキでした。
posted by としたん at 22:42| Comment(0) | 電子機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

消しゴムでリモコン修理

単身先で使用しているDVD+HD+VHSレコーダー
最近リモコンが不調、よく使うキーが何度押してもNG。
力を込めなければだめ。
新しいリモコンを近くの大型電気店に注文。
取り寄せで2500円。でもメーカー曰く品切れで納期は未定とのこと。
ネット検索では送料込みで3000円。早く着けばいいやとそちらで注文。
しかし一日後、メーカー回答と同様の連絡あり。
キャンセルし修理方法をネット検索。アルミホイルと接着剤を使う方法と、消しゴム清掃の方法を発見。
両方準備してリモコン分解を試みる。電池収納部分にビスが2本。
カシメ部分をマイナスのトケイドライバで丁寧に分解。
キー部分を見ると問題の部分の基板側が黒く汚れ、かすれている。
導電ゴムからの汚れか。
消しゴムでこすってみると汚れが取れてくる。
すべてのキー部分を消しゴムできれいにして、最後にテイッシュでふき取る。
すごくきれいになった。
これで直ると確信し組み立てを開始。
組み立て後電池を入れてテスト。
最初はどのキーも効かず。あせったけどいじっているうちに動くようになった。
問題のキーもばっちり復旧。やったー。
疲れも一気に吹き飛ぶ。
約3000円節約。節約帳に記載しよう。
自宅のDVD+HDレコーダのリモコンも買い換えたけど古いものがまだのこっているはず。帰ったら挑戦してみよう。楽しみ。
ちなみに単身先のレコーダーは東芝製のRD−XV34。
分解時は電池部分に注意。自分は電池ホルダの部品を壊してしまい半田付けによる配線の付加で直した。
消しゴムはプラスチックタイプのみ。砂けしはNG。ご注意あれ

お買いものに便利なえがおの通販モ−ル。ご来店お待ちしております。 
posted by としたん at 21:07| Comment(0) | 電子機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

AR3000A 電源トラブル 一発解決! リセット 方法 押しボタン

091217_0801~0001.jpg 091217_0802~0002.jpg

091217_0803~0002.jpg

いつも問題なく使っていた愛用のAR3000A、突然、電源が入らなくなりました。

1.症状
電源スイッチをONにしても、スピーカーから「ボコッ」という音が出るのみ。
(パネル表示はOFFの時と同様で時計のみの表示)
電源のコードを抜き差ししても変化ありません。

SPの「ボコ」音からAFアンプは働いている模様です。
受信部が壊れたか?とも疑ってしまいました。

2.対処
半分あきらめ気分ですが、例の「リセット」を試みました。

まず、プラスの時計ドライバーでビスを外し、上下のカバーを取り除きます。
さてリセットSWはどこか?

傾斜した操作パネル裏側の基板上に、ありました。
ほんとに小さな(1ミリ X 2ミリ位?)黒っぽい押しボタンSWが。
(前パネル右上の「RECEIVER」文字の裏側当たりです)

久しぶりに探したので時間がかかりました。

3.リセット手順は
 @まず電源OFFの状態でリセットSWであることを確認します。
  (何度か押してみると、上下するので押しボタンSWであることが解ります。)

 A電源ONで再度リセットSW押下。→ 表示が80MHzの初期状態となります。)

これで、復旧です。
全てのメモリーが消去されているので、よく聞いている周波数を入力して受信しみました。
正常に受信できました。
ほっと一息。

4.原因は?
なぜこんな状態になったか解りません。

でも、思いつくことがひとつありました。
最近、電源SWを押して電源を入れても実際に受信状態になるのに数秒かかっていました。
もしかしたらDC12ボルトが低下ぎみで、受信機動作が不安定になっていたのでは? 
後で実測してみましょう。

5.感謝
でも、AR3000Aとその前のAR3000計2台、長−いおつきあいです。
今後共よろしくね。

今日も感謝感謝、好日です。

追記:当ブログのAR3000関連記事 : AR3000A復活 (リチウム電池交換法、電池フォルダ取付け法解説)/a>

8.追伸の追伸
*AR3000は残念ながら発売が終了しております。
 現在買うとしたら、私は下記の機種を選びます。
IC-R6 エアーバンドスペシャル&SRH805S ミニアンテナ セット / アイコム

IC-R6 エアーバンドスペシャル&SRH805S ミニアンテナ セット / アイコム

ALINCO アルインコ 短波帯オールバンド・オールモード レシーバー DX-R8 / ALINCO
ALINCO アルインコ 短波帯オールバンド・オールモード レシーバー DX-R8 / ALINCO

おもしろ無線受信ガイド ver.14 (三才ムック vol.610) [単行本] / ラジオラ...
おもしろ無線受信ガイド ver.14 (三才ムック vol.610) [単行本] / ラジオライフ (編さん); 三才ブックス (刊)ワイドバンド受信機+PCで広がる電波受信―デンパを聞く!見る!解読する!?アナログ/ディジタル...ワイドバンド受信機+PCで広がる電波受信―デンパを聞く!見る!解読する!?アナログ/ディジタル/データ通信対応 (電波の世界で遊んでみようseries) [単行本] / 中田 勝己, みはる☆ (著); CQ出版 (刊)ゼロから始める受信入門 最新版 (三才ムック vol.582) [単行本] / 三才ブックス (刊)
ゼロから始める受信入門 最新版 (三才ムック vol.582) [単行本] / 三才ブックス (刊)


posted by としたん at 11:22| Comment(0) | 電子機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

復活(リチウムイオン電池)

WIRES用ということで、約1年前に購入したVERTEX_STANDARDのVX−7、最近充電してもすぐ切れてしまうことがありました。ひどいときは10分ももちません。
電池リチウムイオン(NB-80LI)の劣化だろうと思い、新品を購入する必要があると思っていました。
 ネット検索でメモリー効果という言葉をを発見したこともあり新電池を買うまでしばらく放置状態を決め込んでいました。
 その後、電池が完全放電状態(電圧ゼロ、短絡電流ゼロ)であることを確認し、充電してみたところ、復活しました(受信だけだと12時間経っても電池切れがありません)
あらためてネット検索してもリチウムイオン電池にはメモリー効果は存在しないとのこと。
 よく解りませんが、とりあえず約9,000円節約になりました。万歳!
(今後、経過観測が必要みたいです)
posted by としたん at 16:08| Comment(0) | 電子機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

電波腕時計の電池交換

わが愛用の電波腕時計。

なんだか表示が薄くなってきた。
多分電池切れ?
と思って分解してリチュ-ムアイオンバッテリ-の型式を調べて購入。
2個入り100エンをダイソ-で。
で交換したらバッチリ表示は直ったが、肝心の時計表示がNG。
何度リセットしても正常時刻、日付表示にならず。
壊れたのかな?と思い一週間程放っておいた。
で、ある日、何の気なしに腕にはめていたら、表示バッチリになっていた。
人体がアンテナになる?
ともあれ一安心。
でもこの時計、電波+ソ−ラ−で買ったはず。
ソ−ラ−はどこに????
でも、ま、いいか。直ったのだし。

追記:自分は昨日優先。時計は正確さが命。
   だから電波時計大賛成。
   ブランドものの高価な(+不正確な)時計は要らない。
   生活全てにそんな感じ。

パソコンでテレビを見たりラジオが聴けるUSB便利情報
パソコンでラジオが聴けるUSB便利情報
軽量パソコンモバイル情報
8GBメモリー内蔵MP4プレーヤークリスタル情報



おとくなぱそこんやさんパソコン、周辺機器情報
おとくなでんきやさん家電情報満載!
おとくな健康ショップ健康情報満載!
posted by としたん at 12:11| Comment(0) | 電子機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

時計復活

電波時計 復活後.JPG
電波時計 フリーズ.JPG
原因不明で、全LEDが点灯し88:88とフリーズ模様になっていた腕時計。
電波時計で、ソーラー付。4っつのボタン同時押下でリセットできず、
お手上げ状態で約一週間。
まだ、保証期間たっぷり残っていたもの。
それが復活した。
with保証書で買った店にもって行くつもりだったが、
だめもとでネットでメーカーさんに質問してみた。
返事があり、「裏蓋をあけて、バッテリーを入れなおしてください」とのこと。
そうか強制電源リセットだね。と思って、
時計ドライバを使って分解試行、結構大変だった。
でも最後に蓋をあけて、バッテリーと思しきところをいじっていると、電源が瞬間きれたのか、表示が正常となった。
ちゃんと秒も刻んでいる。
でも標準電波受信中のパラボラ表示がない。よって時刻は大幅なずれ。
何回か4swリセットを試みる。
パラボラ表示が点滅を繰り返すが、やはり標準電波受信ならず。
これでは、普通の時計としても使えない。
(ストップウオッチぐらいには使えるかも)
もう一回分解かなと思いながら、車で東京から宿舎へ帰ってきた。
(休日割引(1000円)に感謝しながら・・・)
宿舎到着後なにげなく見ると、パラボラが表示され、時刻表示もバッチリ正常になって現在時刻を刻んでいた。
ヤッター!
それまでの疲れが吹き飛んだ。
posted by としたん at 23:16| Comment(0) | 電子機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

AR3000A復活 (リチウム電池交換法、電池フォルダ取付け法解説)

AR3000 & 3000A.jpgリチウム電池ホルダ写真.jpgAR3000とふわとまろ.jpg


我が家のAOR社製の受信機AR3000A、が突然使えなくなってしまいました。

1.症状
AOR社製受信機AR3000Aですが、表示が目茶苦茶(=全ての文字が点灯状態)、
そして電源が入りません。
試しにコンセントから電源アダプターを抜いて、再度差し込んでみました。
でもAR3000Aウンともスンともいいません。

2.原因
原因はこれかな? 
と思って本体のカバーを外して内部のリチウム電池をテスターで測定してみました。
結果、このリチウム電池さん、
 @電圧はありました。でも
 A電流を流す力がありません
  (=短絡電流がゼロ。短絡電流の測り方:テスターを電流計レンジ(最大)にして、リチウム電池のプラスとマイナス端子にあてます。テスターに大電流が流れる可能性もあるので、瞬間タッチ!)
  
@AによりAR3000A内部のリチウム電池を交換することにしました。

3.交換後、
恐る恐るを電源ONにしてみたところ、初期状態である80.0MHzが表示されました。
このときは、やったーっと感激。ほっと胸をなでおろしました。

ただし、周波数、モード等のメモリーデータは完全にクリアされています。
元々この電池、メモリデ−タバックアップ用でもあるのでしょう、消えてしまったのは仕方ありません。
再度コツコツ入れていくのみです。

4.備考
リチウム電池はCR2032でダイソーで購入しました。
何と100円で2個入っていました。

5.改良
それと、次回から一々はんだを外したり、付けしなくても良い様にリチウム電池ホルダーを取り付けました。

このホルダーは秋月の通販で購入しました。
写真を見て下さい。電池未実装の状態で写っています。

6.リセット
それと新電池取り付後は電源SW−ON後基板のリセットSWを押してやる必要があります。
これをしないと「80.0MHz」というAR3000A特有の初期状態表示になりません。

7.追伸
このAR3000A製造中止ですが、2014年末年末現在、AOR社でこのでも電池交換のサービスが可能との情報あります。でも自分で交換したため、メーカーに頼んだ場合のサービス料ン千円は節約できました!

このAR3000シリーズはとても使いやすく、航空無線・WIRES、消防無線等のアマチュア無線等の
モニター用に大活躍しています。

軽量で小型、移動用としても最高。パソコンにも接続可(フリーソフトあり)。
最近のハンデイ機のような複雑さもありません。

他にAの付かないAR3000も一台あります。
20年以上になると思いますが、これも同電池を2回交換しています。やはり電池ホルダー対策済みです。
そしてこのAR3000も未だ現役です。
末永く、長持ちの気持ちです。

両方共、息の長ーい愛用機のひとつです。

関連記事:当ブログのAR3000関連記事 : AR3000A 電源トラブル 一発解決!

8.追伸の追伸
*AR3000は残念ながら発売が終了しております。
 現在買うとしたら、私は下記の機種を選びます。
IC-R6 エアーバンドスペシャル&SRH805S ミニアンテナ セット / アイコム

IC-R6 エアーバンドスペシャル&SRH805S ミニアンテナ セット / アイコム

ALINCO アルインコ 短波帯オールバンド・オールモード レシーバー DX-R8 / ALINCO
ALINCO アルインコ 短波帯オールバンド・オールモード レシーバー DX-R8 / ALINCO

そして、受信を楽しむなら、以下の本がおススメだと思います。

おもしろ無線受信ガイド ver.14 (三才ムック vol.610) [単行本] / ラジオラ...
おもしろ無線受信ガイド ver.14 (三才ムック vol.610) [単行本] / ラジオライフ (編さん); 三才ブックス (刊)ワイドバンド受信機+PCで広がる電波受信―デンパを聞く!見る!解読する!?アナログ/ディジタル...ワイドバンド受信機+PCで広がる電波受信―デンパを聞く!見る!解読する!?アナログ/ディジタル/データ通信対応 (電波の世界で遊んでみようseries) [単行本] / 中田 勝己, みはる☆ (著); CQ出版 (刊)ゼロから始める受信入門 最新版 (三才ムック vol.582) [単行本] / 三才ブックス (刊)
ゼロから始める受信入門 最新版 (三才ムック vol.582) [単行本] / 三才ブックス (刊)



posted by としたん at 20:08| Comment(2) | 電子機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。