2017年12月19日

遠隔監視された無人運転自動車が(日本の)公道を試験走行(20171215 英字新聞より)

東京都と愛知県の公道で自動運転自動車のテスト走行が開始されました。
Its started that The runnninng test driverless car on the public road at Tokyo and Aiche prefecture.

ドライバーは運転席に座っていない完全ドライバーレスの走行試験です。
Its perfect dreverless test so no person on the drivig seat but the car was monitered by remote area.

わたしは、これは画期的なことと考えます。
I think this is remarkable things.

多くの時間をかけて、安全の確認を確実に実施してほしいと願っています。
I hope to check it for certainly safely, if its take long long time and priod.
More important thing is don't hurry, for perfect safety.

Remotely monitored driverless cars tested on public roads in Japan
遠隔監視された無人運転自動車が公道を試験走行



Jiji PressTOKYO (Jiji Press) − Tests of driverless cars under a remotely monitored system were conducted on public roads in Tokyo and a town in Aichi Prefecture on Thursday.

遠隔システムで監視された無人自動車のテストが木曜日、東京及び愛知県のある町の公道で実施されました。


According to the Tokyo metropolitan government and others, the self-driving tests represented Level 4, or autonomous driving without the driver. They were the first tests conducted based on the National Police Agency’s new guidelines on public road tests of autonomous vehicles, announced in June.

東京都等によると、レベル4と位置づけられる自動運転テストでドライバー無しに該当するとのことです。これは6月に発表された警視庁の新ガイドラインを基にした、自動運転車の公道での初めてのテストです。


In the test in Tokyo, a driverless car traveled some 150 meters at a speed of 20 kilometers per hour on a road in Koto Ward. A person sat in the rear seat in case of emergency, and another monitored the vehicle from a distant location to remotely control it if needed.

東京都でのてテストでは、一台の自動運転車が江東区内の道路150メータ−を時速20キロメートルで走行しました。一人の担当者が緊急時のために後部座席に座り、他の担当者は必要時に遠隔操作するために離れた場所から車両をモニターしました。


In the test in the Aichi town of Kota, a car drove on a road some 700 meters long near a community center at speeds of up to 15 kph.

コタの愛知町では、7010メーターの距離を最高時速15kmでコミュニテイセンターの近くを走行しました。


Aichi Governor Hideaki Omura, who rode in the test vehicle, said, “I experienced what we should expect in the near future, which is just around the corner.”

試験運転の車に乗った大村ひであき愛知県知事は「私は近い将来期待すべき、画期的なことを経験した。」と述べました。


Hoping to globally advertise Japan’s cutting-edge technologies during the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games, the metropolitan government is supporting companies that aim to put autonomous driving into practical use.

来るべき2020年の東京オリンピックとパラリンピックで、画期的な日本の技術を世界に向け宣伝することを願い、都知事は自動運転の実用化を推進する企業を支援しています。


The metropolitan government is considering offering areas near Haneda Airport as testing grounds for self-driving cars.

東京都は羽田空港の敷地を自動運転の車に提供することを考えています。


(From December 15, 2017 Jiji Press)
posted by としたん at 18:27| 東京 ☀| Comment(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

日産、電気自動車リーフの新モデルを発表 (20170906 英字新聞より)

いよいよフル充電での電気自動車の走行距離が400kmを超えました。
The mileage of the electric car by a full charge exceeded 400km increasingly.

2010年の発売当時の走行距離は確か200kmでした。
The mileage of the model in sale in 2010 was probably 200km.

ようやくガソリン車に対抗できるスタートラインに立った、というのが偽らざる私の感想です。
In my impressions, the electroic car stood at start line which can oppose the gasoline model finally.

走行距離は毎年更新され、増加率もうなぎのぼり!
The mileage of the electric car of Nissan is renewed every year, and the rate of increase is also skyrocketing.

500kmでガソリン車に並び、600kmで追い抜く、と期待しています。
I expected that the car catch up the gasoline model with 500km and pass the car by 600km.

Nissan to launch new Leaf electric vehicle
日産、電気自動車リーフの新モデルを発表


Jiji Press CHIBA (Jiji Press) − Japan’s Nissan Motor Co. said Wednesday it will launch a fully remodeled version of its zero-emission Leaf electric vehicle on Oct. 2.

日産自動車(株)は水曜日、排出ガスゼロ電気自動車リーフの、フルモデルチェンジを10月2日にリリースすると発表しました。


The second-generation Leaf, to be priced between \3,150,360 and \3,990,600, can travel up to 400 kilometers on a single full battery charge, against 280 kilometers for the current model, thanks to a higher battery capacity.

第2世代のリーフは価格315万360円~399万600円で、バッテリーの高性能化で1回のフル充電で400キロ(従来は280キロ)を走ることができます。


The new model features ProPILOT autonomous driving technology designed for single-lane driving on expressways. It is also the first Nissan vehicle equipped with technology that allows drivers to parallel park by pushing buttons.

この新モデルは高速道路上のシングルレーン走行をできる プロパイロット自動運転技術を装着しています。


The new Leaf has the potential of evolving from the original model, which has played a vanguard role, to the core of future Nissan models, Nissan President Hiroto Saikawa told a press conference at the Makuhari Messe convention center in the city of Chiba.

この新型リーフは日産のコア理念である先駆けオリジナルモデルから派生していると、日産社長である西川 廣人氏は記者会見で述べました。


Nissan plans to launch the model in the United States, Canada and Europe in January next year. The automaker hopes to add a new model that can travel longer on a full battery charge to the Leaf lineup next year as well, it said.

日産は来年1月にこのモデルを米国、カナダ、ヨーロッパで発売します。同社はより長い距離を走れる新モデルを来年、リーフラインに加えたいと述べました。


Cumulative sales of the original Leaf, launched in 2010, stood at some 280,000 units, with those in Japan accounting for some 80,000 units. Nissan aims to sell 36,000 units of the new Leaf annually in the country.Speech

2010年に発表されたオリジナルのリーフの累積販売台数は28万台余で、日本では8万台を記録しています。日産は新型リーフの国内販売台数3万6千台を目標に掲げています。


(From September 06, 2017 Japan News)
posted by としたん at 15:53| 東京 ☀| Comment(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

日本版GPS(みちびき)打ち上げ 自動運転車大幅に前進か!? 20170528英字新聞より

みちびき衛星2号機が打ち上げられます。
日本版GPSであるこの衛星で位置誤差が6Cmになるとのこと。
車の自動運転に活用?とまず、思い浮かびますが、
まだまだ活用法が未知数です。
大いに期待できますね

Michibiki satellites aim to provide ‘Japanese GPS’
みちびき衛星、日本版GPSを提供


The Yomiuri Shimbun Billed as a domestically developed version of the Global Positioning System, the Quasi-Zenith Satellite System (QZSS) Michibiki No. 2 satellite will be launched on Thursday from the Tanegashima Space Center in Kagoshima Prefecture.

日本版GPS開発として位置づけられた、準天頂衛星システム(QZSS)Michibiki No.2衛星は木曜日に鹿児島県の種子島宇宙センターから実行される予定です。


The government plans to launch Michibiki satellites Nos. 3 and 4 within the year to establish a global positioning system with world-class accuracy. It hopes that the satellites will be utilized in a wide range of areas, including transport navigation during the 2020 Tokyo Olympics and Paralympics.

政府は世界クラスの精度を誇るグロ−バルポジショニングシステムである3及び4号のみちびき衛星を、年内に打ち上げる予定です。同衛星は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの輸送ナビゲーションを含む、広範囲な地域をカバーすると期待されています。


Michibiki is a type of satellite developed to transmit radio waves toward the ground to supply accurate positioning data. It flies in a quasi-zenith orbit above the nation and its radio waves can be received even in mountainous areas or between tall buildings.

みちびきは地上に正確な位置情報を提供する電波を送信するために開発されたタイプの衛星です。それは日本上空の準天頂軌道を周回するため、その電波は山岳地帯や高層ビルの谷間でも受信することができます。


Data from the Michibiki No. 1 satellite, which was launched in September 2010, has been used in car navigation systems and smartphones, among other applications.

2010年9月に打ち上げられたみちびき1号衛星からのデーターは、カーナビやスマートフォン他のアプリケーションで利用されています。


The widely used GPS service is operated by the United States. About 30 GPS satellites cover the whole globe, but when receivers in Japan are not able to get sufficient radio wave reception, it can cause errors in the location information provided. Michibiki satellites will play a complementary role to GPS.

米国運用で広く利用されるGPSサービスは、約30個の衛星で全世界をカバーしていますが、日本の受信者が十分な電波を得ることができなければ、提供される位置情報のエラーの原因になります。みちびき衛星はGPSの補完的役割を担います。


The government plans to develop and operate four satellites at a cost of about \280 billion, and build a system by fiscal 2018 in which at least one of the satellites will be orbiting Japan at all times.

政府は2800億円の費用で4個の衛星を開発・運用する計画で、最低でも2018年に1個の衛星が常時日本上空を周回させます。


It would reduce the margin of error from the current several meters to six centimeters, marking a dramatic improvement in accuracy.

それは、誤差を現在の数mから6cmに減少させ、正確度がドラマチックに前進します。


The government hopes to take advantage of the 2020 Games, which will attract people from around Japan and the world, to promote QZSS Michibiki technology. It is hoped that systems can be developed to guide spectators inside competition venues and stations, or to alleviate congestion caused by cars and crowds of people by immediately identifying when numbers start to peak.

政府は、日本から全世界の人々を魅了する2020年のゲームに向けて、 QZSS Michibikiテクノロジーを促進を望んでいます。同システムは競技場や駅の顧客へのガイドとして、また、位置の即時判明で、利用者数が最大になっても車や多くの人々に起因する混雑緩和に役立つことが、期待されています。


“I hope that those who visit Japan during the 2020 Games will get to experience how well our Michibiki satellites work,” said Prof. Shinichi Nakasuka of the University of Tokyo, who investigates ways for the private sector to utilize space as a member of the government’s Committee on the National Space Policy.Speech

「2020年のゲームで日本を訪れた人々が「みちびき」の良さを経験してくれることを望みます」と、政府諮問機関の国際宇宙方針の宇宙利用で私企業の調査を行う東京大学のナカスカ・シンイチ教授は述べます。


(From May 28, 2017 Daily News)
posted by としたん at 13:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

早まるか、無人自動車の夢 (20170413 英字新聞より)

いよいよ無人自動車の公道での試験が始まります。
A test of driverless vehicle on the public roads will start increasingly.

この公道での走行で、未確認の障害やバグの洗い出しが徹底して行われることでしょう。
It'll be expected that unconfirmed obstacle and bug are dug up completely by this public road test.

尚、このときの発生する事故等の責任は全てメーカーが負います。
Furthermore, the manufacturers shoulders all responsibility by which the accidents while occur with this test.

もしかしたら、意外と早く、完全な自動運転の自動車が実現するかもしれません。
it's expected, early, the perfect automatic vehicle operation will be achieved.

このことが、現在問題となっている高齢者ドライバーへの朗報となり、さらに未熟な若年層ドライバーの取り締まり強化にもつながってほしいものです。
I want this news become the help for senior citizen driver who becomes a problem at present, and I also want its lead to reinforcement of an immature younger age group drivers.



New guidelines to allow driverless vehicle tests on public roads
無人自動車の公道での試験を許す新しいガイドラン。



The Yomiuri Shimbun The National Police Agency is set to allow tests of self-driving vehicles with no human driver aboard on public roads, starting as early as this summer, on condition they are remotely controlled by humans.

警視庁は今年の夏のはじめに、人により懸隔操作された無人の自動運転車の、公道試験の許可を設定します。


The people in charge of remotely controlling the vehicles and the manufacturers will be responsible for any accidents during the tests. The agency released draft guidelines for such tests on Thursday, deeming them to require police permission to use public roads.

懸隔操作を任された人あるいは企業は試験中のすべての事故に責任を負います。同庁は公道を使用する場合に警察の許可を必要とされるであろう本試験のガイドライン素案の 素案を木曜日に発表しました。


Vehicles with no human being in the driver’s seat have never driven on public roads in Japan.

日本では、運転者の存在しない無人の車両は公道を走ることはできません。


Self-driving vehicles have sensors and cameras that allow the system to control steering, acceleration and braking. There have been tests of self-driving vehicles on public roads in Japan before, but current NPA safety guidelines require a human operator to be in the driver’s seat. After discussing the issue with experts, the agency decided that safety can be secured through remote control.

自動運転の車はハンドル、アクセル、ブレーキを制御するためにセンサーやカメラを搭載しています。自動運転の車のテストを行う前に、現在の警視庁の安全ガイドラインは運転席にドライバーが座ることを要求しています。専門家の議論を経て、同庁はリモートコントロールによる担保として決定しました。


The draft of the new guidelines stipulates that a driverless vehicle test is allowed on public roads if one person outside the vehicle controls its operation and monitors live video with audio on a screen in their hands. Steering wheels − as long as the vehicle stays in a particular lane − and accelerators can operate automatically, but in the event of an emergency the brake must be manually applied by the remote human operator.

新しいガイドラインの素案では、無人自動運転の車は、音声付きのスクリーンを手元に置いたライブビデオでモニターかつ、車両の外からコントロールが可能であれば公道での試験が許可されると記載されています。確実な車線上での安定のためのハンドルと、自動的に制御できるアクセル、そして緊急時には遠隔操作の人間により手動で操作できるブレーキが義務付けられています。


Automakers and others will be required to report their test plans to the local police station in advance. If the police, who will check the vehicle beforehand, confirm the self-driving system is safe to use, the automakers will receive permission to use public roads, issued in the name of the police station chief.

自動車メーカーや関連企業は、地方の警察署より試験計画の報告を事前に求められます。警察の事前車両チェックで自動運転システムの安全が確認された場合、自動車メーカーは警察署長の名前入りの許可証の発行をうけて公道での試験が許可されます。


The human staff remotely controlling the vehicle will be responsible for operational mistakes and any accidents. The manufacturer will be held responsible for any defects in the self-driving system itself.

当該車両を遠隔操作するスタッフは運用上のミスや事故の責任を負います。製造メーカーは自動運転システム自身の欠陥について責任を負います。


Police are expected to prohibit tests on busy roads, such as highways and routes around schools during commuting hours. The vehicles must also have a sign stating “test driving” on their body.

警察には高速道路や通学時間帯の学校の周囲等交通が激しい道路での試験を禁止すること、が期待されています。


Starting as early as this summer, applications to test such vehicles will be received after the current rules set by the prefectural governments’ public safety commissions are revised.

今夏初期にスタートする斯様な試験を実施するアプリケーションの車両は、県警安全協会により設定された現在の規則で許可を得ることになります。


In May last year, the government announced plans to commercialize remotely controlled driverless vehicles by 2020. It also aims to commercialize fully autonomous vehicles by 2025.

昨年5月、政府は2020年の遠隔操作の無人自動車商用化計画を発表しました。それはまた、2025年の完全自動運転自動車の実用化を目指したものです。


There are high hopes for driverless taxis and bus services as a means of transportation for elderly people who voluntarily return their driver’s licenses.

自ら進んで運転免許を返納したお年寄り対策として、無人のタクシーやバスサービスが高い期待を集めています。

The Aichi prefectural government plans to conduct driverless vehicle tests on public roads by the end of this fiscal year, in cooperation with universities and businesses. An Aichi government official said they welcomed the new NPA guidelines, which bring them closer to performing the tests.Speech

愛知県は、大学と企業の協力による無人自動車の公道での試験を、今年度末に計画しております。愛知県の担当者は、同試験に歩調を合わせたNPAガイドラインを歓迎しています。


(From April 13, 2017 Japan News)
posted by としたん at 15:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

オリンピックメダルを廃棄携帯電話などの貴金属から作ろう 東京都 (20170218 英字新聞より)

東京オリンピック。パラリンピックに使用されるメダルを廃棄された携帯電話などの内容物からとりだして作ろうという計画です。
This is the plan that to make the medal for Tokyo Olympic and Paralympic Games in 2020 from metal from Mobile phone etc.

日本はこれらの資源だけで資源立国になれるとのこと、リサイクル技術のさらなる発展を望みます。
I hear that Japan will be rich resource Nation by only these metals.
I hope the wide spread of recycling technology.


Tokyo sets up mobile phone recycling bin to collect metal for Olympic medals
東京都、オリンピックメダルのための収集容器を設置



Jiji Press TOKYO (Jiji Press) − The Tokyo metropolitan government set up at its headquarters building on Thursday a recycling bin to collect mobile phones and other electronic devices for a project to make medals for the 2020 Tokyo Olympics and Paralympics from metals recovered from such used devices.

東京都は、東京オリンピック・パラリンピックのメダル作成の原料収集のため、携帯電話や他のえれエレクトロニックデバイスのリサイクル容器設置の本部設置を行いました。


At a ceremony for the bin’s installation, Tokyo Gov. Yuriko Koike put three used mobile phones of her own into the bin.

設置セレモニーで、小池より子東京都知事は自身の3個の使用済携帯電話を容器に入れました。


“I’m so thrilled to think that these will turn into medals,” she said. “Let’s get the momentum rolling,” Koike added, seeking support for the project.In the project, the organizing committee of the Tokモバイルフォンyo Olympics and Paralympics will collect mobile phones, digital cameras and seven other electronic device items, with cooperation from major mobile phone carrier NTT Docomo Inc. and others.

「これらがメダルになることを考えるだけでとても興奮します・」と彼女は述べました。「さあ、風を吹かしましよう、」と、このプロジェクト支援を得るため、小池氏は付け加えました。このプロジェクトで東京オリンピック・パラリンピック実行委員会は、メジャーなモバイルフォンキャリアであるNTTドコモほかの会社の協力のもと、携帯電話・デジタルカメラ他の7つのエレクトロニックデバイスを集めます


Metals contained in the collected devices will be recycled to make gold, silver and bronze medals.

集められたデバイスに含まれる金属は金、銀、銅のメダル作成のためにリサイクルされる予定です。


About 2 tons of metals are needed for making about 5,000 medals that will be used in the Tokyo Games. That is equivalent to metals contained in about 20 million mobile phones.

東京のゲームには、約5,000個のメダル作成のために、約2トンの金属が必要です。それは2千万個の携帯電話に含まれる金属に相当します。


The recycling bin, made by students of a Tokyo metropolitan government-run industrial high school, has a panel that shows the number of devices collected.

東京都立工業高校の学生が作成するこのリサイクル容器には、収集されたデバイスの数が表示されます。


(From February 18, 2017 Eaily News)
posted by としたん at 14:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

ダブル住居のライフスタイルでリッチに (20161015 英字新聞より)

いつもは都会の自宅に住んで、週末や休暇は自然豊かな地方で過ごす。

Dual-home lifestyles, in which people have two or more residential bases.
Usualy who live in urban area for daily life, and who enjoy nature life at weekend or vacant period.

これって、とっても優雅な生活スタイル、だれでも憧れをもつのではないでしょうか。

Is it good lifestyle? Everyone want these lifestyle?


今回は、こんな生活を実際に手に入れている人々のお話です。

This is a story the person who enjoy these life.



Dual-residence lifestyles with local appeal attract
ダブル住居のライフスタイルに注目


Dual-residence lifestyles with local appeal attract attention

二つの住まいのライフスタイルが注目されています。


Dual-home lifestyles, in which people have two or more residential bases − in, for instance, convenient big cities and rural areas with rich natural environments − are attracting attention.


便利な大都市と自然豊富な環境の地方エリアなど、2またはそれ以上の住居ベースを持つライフスタイルが注目を集めています。


The lifestyle provides an opportunity to enjoy various living situations, and is different from owning a second home in a resort area.

このライフスタイルは、セカンドハウスをりリゾートエリアに持つなど、多様な生活を楽しむ機会を提供してくれます。

Many such people have formed close neighborhood relations with local residents in both of their residential bases, and proactively participate in community activities.

多くのそれらの人々は、双方の自分のベースとなる住民と緊密な関係を築いています。


Regions and houses should be chosen carefully to maximize the dual-home experience, and consideration given to the convenience of living in such an area.

地域と家は、デユアルホームの経験を最大化させるよう注意深く選び、それらの地域の利便性を考慮しなければなりません。


Takashi Naito, 61, and his wife, Yoko, 59, own a house in Tokyo. The couple have also bought another house in Hokuto, a city at the southern foot of Mt. Yatsugatake in Yamanashi Prefecture, which they have owned for 20 years.

内藤タカシさん(61歳)と妻ヨウコさん(59歳)は東京に自宅を保有しています。御夫婦は山梨県の八ヶ岳のふもと南側、北杜市に他の家を買ってから、20年になります。


The couple are proud of the wood stove in the living room of their second house, and the large windows offering scenic mountain views.

このカップルはリビングルームのマキストーブと素晴らしい山の姿を望める大型の窓を誇りにしています。


They have also leased a plot of land near their house, where blueberries grow. On the land is a blueberry farm, and tourists frequently come from near and far to visit.

彼らはまた、家の近くのブルーベリーが育つ土地を借りています。土地にはブルーベリー農場があり、近くや遠くの旅行者が頻繁に訪れています。


Yoko works for a company in Tokyo. She drives to Yamanashi on Friday evenings, and returns to Tokyo late on Sunday nights.

ヨウ子さんは東京の会社で働いています。彼女は金曜日の夜に山梨に車ででかけ、日曜日の夜に東京に戻ります。


She said with a smile, “Maybe because I can mentally reboot − working in Tokyo and farming in Yamanashi Prefecture − I don’t feel much fatigue from the commute.

”彼女は笑いながら、「多分、心理的に元気づけられるから − 東京で働き、山梨県での畑仕事は − 移動での疲れはまったく感じません」と述べます。


Takashi retired from his job last year, and spends more time in Hokuto than his wife does. It was his decision to buy a second house.

タカシさんは昨年仕事をリタイアしましたが、奥さんよりも多く北斗で過ごしています。セカンドハウスを買うことは彼が決めたことです。


Takashi loves climbing mountains, and wanted to live in a place with views from mountain areas. After visiting various sites, he chose Hokuto for the views from its beautiful landscape.

タカシさんは山登りを愛していますが、山岳を眺める場所にに住むことを望んでいました。いろんな場所を訪れた後、その美しい地形からの眺めで、北杜を選びました。」


Since then, he has spent a long time participating in the local community. “While seeking advice on farming in the field, I gradually gained the understanding of the local residents,” he said.

それ以来彼は、ローカルコミュニティに参加することに長時間費やしています。「畑仕事のアドバイスを受けている間に、私は徐々に地方に住む人々の理解を得ることができました。」と、彼は述べます。


Dual-home lifestyles have been enthusiastically promoted by the central and local governments, because of the expectation that the lifestyle can help revitalize provincial regions, where local people are worried about serious population decline.

デユアルホーム・ライフスタイルは、このライフスタイルが、人口減に苦慮する地方の活性化につながることから、中央政府および地方自治体の熱心な誘導によるところが大です。


In 2013, the Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry conducted a survey on 2,000 people in their 20s to 60s.

2013年、国道交通省は20〜60歳代の2000人に対して調査しました。


Compared with results of the previous survey in 2008, the percentage of people with dual homes rose from 2 percent to 3.8 percent. The percentage of respondents who said they hope to have dual homes “within five years” and “sometime in the future” also rose from 8.2 percent to 9.2 percent.

2008年の調査結果と比して、デユアルホームを持つ割合は2%から3.8%に増加しました。「5年以内」にデユアルホーム 保持を希望、または、将来保持を希望とする回答者の割合は8.2%から9.2%に増加しております。


Yoichi Ikemoto, editor-in-chief of SUUMO, a website offering information about housing and real estate, said, “An increasing number of people now seek to live in provincial areas that have different values from cities. Residents and local governments in provincial regions have improved their readiness to accept such people from urban areas because of the necessity of taking measures to cope with empty houses.”

家と不動産の情報提供のホームページ「スーモ」の編集長である池本ヨーイチさんは、「町と異なる価値をもつ地方に住むことを模索する人の数は増加しています。」と述べます。「地方地域の住民と役所は空き家対策の必要性から、都市からの人々を受け入れる準備を増加しています。」


When you consider the location of a second home, you need to have an idea of how you want to live, meaning it’s important to consider whether you enjoy farming, sports or natural environments.

あなたが地方のセカンドハウスを考える場合、農業、スポーツ、または自然環境を楽しむのか 等、どのように住むかを考えることは重要なことで、あなたが何を望むかを考えておく必要があります。


When choosing a location, emphasis should be placed on how easy it will be to travel there from your first house.


場所を選ぶ場合、自宅からその場所にどれだけ容易に行けるかを考えておくことが、とても重要です。


“Realistic choices are locations reachable within 1½ to two hours by car or train,” said Kenji Nakamura, head of Rurban Co., a Tokyo-based firm that operates a website offering information about vacant houses and available land in provincial regions called Furusato Joho-kan.

「現実的には、車または電車で、1時間半から2時間で到着できる場所が理想的です。」と、空き家と可能な土地の情報を提供するホームページ「ふるさと情報館」を運営するア-バンコーポレーションの中村ケンジさんは述べます。


For people in the Tokyo metropolitan area, well-suited areas include Yamanashi Prefecture, Nagano Prefecture, and the Boso area of Chiba Prefecture.

東京都に住む人には、山梨県・長野県そして千葉県の房総地域が向いています。


Many local governments in such regions have set up consultation offices − or have held joint consultation events − in big cities for those who want to move to provincial areas.

これらの地域の多くの地方政府は、地方に移動を望む人のため大都市で、相談窓口の設置や、相談用のイベント開催しています。


Those interested in dual homes can find out about the features of each area and whether the local communities will accept people desiring such living arrangements. This information helps them narrow down their search for a suitable location for a second home.

これらのセカンドハウスに興味がある人にとって考えておかなければならないことは、その地域の特色を知っておくことと、地方コミュニテイがそれらの計画にどのように対応しているかということです。


“If there are already people in the area with dual homes, who have gained the trust of other residents, many such cases can be successful, because connections have been forged between local residents and newcomers,” Ikemoto pointed out. “If prospective residents can meet such people at consultation events and other functions, they can have a sense of security.”

「もしすでにその地域住民に信頼を得ているセカンドハウスを所有者がいた場合、多くの場合は成功するでしょう、なぜなら地域住民と新入居社との間のつながりが構築されているからです。」と池本氏は指摘します。「もし、積極的な住民と誘致イベント他ので会えたら、彼らはセキュリテイの感覚を保持できます。」


Also, when those hoping for dual homes go house hunting, advice from those with local knowledge is invaluable.

さらに、セカンドハウスを求める人々が家を探しに行ったとき、それらの地方の知識がからのアドバイスが可能となります。


In the final stages, it is necessary to actually visit the locations to examine the dwellings in person.

最終的な段階では、住居を自分で調査するのに、実際その場所を訪ずれてみることが 必要です。


“As part of measures to utilize vacant houses, rental houses that are easy to use as dual homes have been made available. I assume that such houses might be a good choice for younger generations of people who face difficulties purchasing houses,” Ikemoto said.

「対策の例として空き家を利用するという手で、レンタルハウスはセカンドハウスを可能にする方法として容易な方法です。このような家は、若い世代の家購入の困難さ対策としてよい選択と考えます。」と池本氏は述べます。


Key points for owning dual homes


ダブルハウスを持つ場合のキーポイント

■ Clarify what you want to get from living in a local area.

 地方に住にことで得たいことの明確化。


■ Attend consultation events organized by local governments and companies for people wanting to move to local areas to learn about measures for dual residency and features of the areas.

地方に移住を希望する人々のための地方政府や企業の相談会に参加し、ダブル居住とその地方の特色を学ぶ。


■ If you can find people who already have dual homes and are accepted by other local residents, you can feel assured about the prospect of things going smoothly.

 すでにダブルホームを持っている人々を見つけることができたり、他の地方住民からアクセプトされていたら、事が円滑に進みやすことができるでしょう。


■ Houses should not be chosen based only on price. There are cases in which houses are in need of renovations or repairs to be made livable.

家は価格によってのみ選ぶべません。物件によりリノベーションや修理が必要になります。


■ Proactively make connections with other local residents. Even if you live there only on weekends, it is advisable to participate in community activities when possible.積極的に地方の住民の方々とつながりを持ちましょう。一週間住んでみるだけでも、可能であるならばコミュニテイの活動に参加してみましょう。


(Based on advice from Kenji Nakamura, Yoichi Ikemoto, others)
(中村ケンジさん、池本ヨイチさん、他のアドバイスより)


(From October 15, 2016 Daily Yomiuri)

posted by としたん at 10:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

名犬ハチ公、愛する人と同じお墓に/内縁妻の最後の望み叶う (20160610 英字新聞より)

渋谷駅前の名犬(忠犬)ハチ公が家族と離れ離れに埋葬されていました。
それが、長い年月を経て、ようやく一緒になれました。
人に歴史あり。
ハチ公の飼い主である上野ご夫妻もまさに、人の歴史そのものでした。
今回のことにご尽力された方々、子孫の方々に心から敬意を表し、拍手を贈りたいと思います。


Hachiko reunites lovers in same grave / Final wish of owner’s common-law wife fulfilled
名犬ハチ公、愛する人と同じお墓に/内縁妻の最後の望み叶う 




Hachi, widely known as the “loyal dog Hachiko” (see below), has brought his family back together again, as the remains of the common-law wife of Hachiko’s owner were recently placed in the same grave as her husband in Tokyo’s Aoyama Reien cemetery.

「忠犬ハチ公」で広く知られているハチが、御主人と内縁の妻と共に、同じお墓(東京の青山霊園)に埋葬されたことで、再び家族が一緒になれました。


Yaeko was the partner of Prof. Hidesaburo Ueno of the University of Tokyo’s Faculty of Agriculture. Descendants of the couple held a ceremony on May 19 in the Minato Ward cemetery run by the Tokyo metropolitan government.

八重子さんは東京大学の農業名誉教示である上野ヒデサブロ-教授のパートナーです。同カップルの子孫は5月19日、東京都により運用される港区の墓地で式典を催しました。


The couple lived together in the Taisho period (1912-1926) but were unable to marry for various reasons. After their deaths, they were put to rest in separate graves.

同カップルは大正時代(1912-1926)一緒に住んでいましたが、多くの理由で結婚することができませんでした。死後、二人は異なったお墓に埋葬されていました。


Yaeko is said to have wanted her remains to be placed with those of Ueno, and now her wishes have finally been fulfilled, 55 years after her death. One of the people concerned said, “Hachiko’s soul has united them again.”

八重子さんは、彼女の遺骨が上野氏と共に埋葬されるよう望んでいましたが、彼女の死後55年経過して今、その望みが最終的にかなえられました。関係者の一人が「ハチ公の魂も再び一緒になることができました」と述べました。


According to the Shibuya Folk and Literary Shirane Memorial Museum, Ueno was from Mie Prefecture and had a bride chosen for him there independent of his will. However, he did not marry the woman.

白根記念渋谷区郷土博物館によると、上野氏は三重県から上京後、御自身の意思で妻を娶られたとのことです。しかしながら、彼はその女性と結婚はしませんでした。


Ueno suffered from a severe illness when he was young. He may therefore have believed he would not live long and was willing to be single for life. However, Ueno eventually met and fell in love with Yaeko, who was a tea ceremony instructor. The two began living together in a house in the Shoto district in Shibuya Ward.

上野氏は若い時に重い病気に罹りました。それで彼は自身が長く生きられないと信じ、一生独身で行くことを望みました。しかしながら彼は茶道の先生である八重子さんに出会い深い恋に落ちました。二人は渋谷区松濤の家に住み始めました。


Society prevented marriage
社会、結婚を妨げる。

Society was very strict at the time about male-female relationships. Partly because of concerns about public opinion, the two are believed not to have legally married due to Ueno’s betrothal to the woman in Mie Prefecture.

その頃の社会は男女関係に非常に厳しかったのです。三重県に上野氏の婚約者がいたこともあり、一般常識から、二人は法的に結婚できないと信じていました。


Because Yaeko was his common-law wife, she was not allowed to continue living in his house after Ueno suddenly died at age 53 in 1925, and had to move to the house of one of her acquaintances.

内縁の妻であったことから、1925年の上野氏の53歳の急死以後、八重子さんはその家に住み続けることはできず、知人の紹介による家に引っ越さざるをえませんでした。


Yaeko and Hachiko had lived together, but she had no choice but to ask one of her relatives to keep the dog.

八重子さんハチ公と一緒に住んでいましたが、彼女はハチ公の面倒を親戚のひとりに頼まざるをえませんでした。


In later life, Yaeko told her family members, “I want my remains to be placed in the grave of my beloved Prof. Ueno when I die.”

晩年八重子さんは、「私が死んだら、愛する上野教授のお墓に入れて欲しい」、と家族に話していたということです。


But her wishes were not honored, and she was laid to rest in another cemetery in Tokyo.

しかし彼女の望みは叶えられず、東京の他のお墓に埋葬されました。


In 2013, which marked the 90th anniversary of Hachiko’s birth, Keita Matsui, a curator of the museum, and Prof. Sho Shiozawa of the University of Tokyo, 63, agreed to make Yaeko’s wish come true. Shiozawa heads a study lab established by Ueno.

2013年、ハチ公の誕生後90年を記念して、博物館の館長である松井ケイタさんおよび東京大学の塩沢ショウ教授(63歳)は八重子さんの望みをかなえました。塩沢氏は上野氏により設立された研究所の長です。


They obtained agreement from the descendants of Ueno and Yaeko’s families, and began efforts to move part of Yaeko’s remains.

彼らは、八重子さんの遺骨の一部を移すため、上野氏と八重子さんの子孫家族の合意を取り付けました。


At that time, Shiozawa was president of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering, which manages Ueno’s grave in Aoyama Reien cemetery.

その時、塩沢氏は青山霊園墓地の上野氏の墓を管理する潅漑・排水および地方エンジニアリングの日本ソサエティの長でした。


Shiozawa played a leading role with other interested people in negotiations with the Tokyo metropolitan government, which manages the cemetery. The team spent about two years adjusting the burial rights, finally implementing the plan to place part of Yaeko’s remains in Ueno’s grave.

塩沢氏は墓を管理する東京都と共に、関係者間他の交渉で、先導的役割を果たしました。埋葬権を調整するのに そのチームは2年間を費やしましたが、最終的に八重子さんの遺骨の一部を上野氏の墓に埋葬することができました。


Masami Takahashi, 65, who is a great-grandson of Yaeko, attended the ceremony on May 19. He said: “I was moved to think that love can transcend time. All my family members are glad.”

八重子さんのひ孫である高橋マサミ氏(65歳)は、5月19日に式典に出席し、「愛が時間を超越できたことに感動しました。私の家族全員喜んでいます。」


Matsui, who has studied Hachiko’s life for many years, expressed his deep emotion by saying: “There’s also a shrine for Hachiko near the professor’s grave. The family is reunited for all time, and the story of Hachiko has reached a happy ending like a dream.”

ハチ公の一生を長年研究してきた松井氏は、「同教授の墓の近くにはまた、ハチ公の祠もあります。同家族は再びいつも一緒になれて、ハチ公物語は夢のようなハッピーエンドを迎えることができました。」と深い感銘を述べました。


Hachiko adored Yaeko

ハチ公は八重子さんになついていた。


Rumors have been retold like fact that Yaeko did not take care of Hachiko because she disliked dogs. However, 93-year-old Takeshi Ando, who created the second statue of Hachiko that stands beside Shibuya Station, denied these claims.

八重子さんは犬が嫌いでハチ公の面倒を見なかった、という噂がありました。しかしながら、渋谷駅のそばに立つハチ公の2番目の銅像を造った93歳の安藤タケシさんはそれらのクレームを否定します。


When Ando was a child, he saw Hachiko show his love for Yaeko. His father, Teru Ando, who produced the first statue of Hachiko, took the dog into his studio to make his statue. Hachiko was old by then, and laid down on the floor so often that Ando senior could not capture a good pose.

安藤氏が子供のころ、八重子さんに甘えるハチ公を見ました。ハチ公の最初の銅像を造った彼の父の安藤テルさんは銅像をつくるため、ハチ公をスタジオに招きました。そのときハチ公は老齢であったため、父が良いポーズを捉えることが出来ない位に、しばしば床に寝そべったということです。


(From June 10, 2016 Daily News)
posted by としたん at 14:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

陸奥湾、多くのイルカとツーリストを魅了(20160610 英字新聞より)

青森県の陸奥湾で多くのイルカをみることができるとのことです。
北海道新幹線開通も追い風になり、新しい観光スポットになってくれることを願います。


Bay of Mutsu attracts many dolphins, tourists

陸奥湾、多くのイルカ(ドルフィン)とツーリストを魅了

Mutsu Bay in Aomori Prefecture is gaining a reputation as an easily accessible spot to enjoy inshore dolphin watching, as there has been a surge in the number of these popular mammals seen from ferries sailing the bay this season.

青森県の陸奥湾が、ポピュラーな哺乳動物であふれることから、容易に湾内でフェリーからドルフィンウオッチングを楽しめるスポットとして人気を集めています。


Dolphins appear in the area every year from mid-April through June, but unusually large numbers of them have been observed this year. There was even a day when approximately 200 dolphins were confirmed in sightings from ferries.

イルカは毎年4月中旬から6月末にかけて同地域に現れますが、ことしは例年になく多くのイルカが現れました。一日あたりでさへ、約200匹のイルカがフェリーから確認されました。


Local people expect the bay to trigger a tourism boom in combination with the Hokkaido Shinkansen bullet train line, which began operating in March.

地域の人々は、3月の北海道新幹線開通と併せて、同湾がツアリズムのブームを引き起こすのではないかと期待しています。


The dolphins observed are small Pacific white-sided dolphins.

観測されるイルカは小型の「カマイルカ」です。


According to the Mutsu Bay Ferry, which operates ferries between the Tsugaru and Shimokita peninsulas on either side of the bay, dolphin-watching has been taking place from almost 90 percent of ferries − about twice the rate of the usual year − since May. As awareness spread through the Internet and word of mouth about the unusually high chance of encountering dolphins, there has been an increase in the number of passengers taking ferries to see dolphins, the company said.

津軽半島と下北半島間を運行する陸奥湾フェリーによると、3月より例年の2倍の90%の確率でフェリーからドルフィン-ウオッチングができるとのことです。インターネットや口コミで、高確率でイルカに遭遇することが拡まったことから、イルカを見ようというフェリー乗客が増加した、と同社は述べています。


According to Aomori University Prof. Shigeto Kiyokawa, who studies dolphins inhabiting Mutsu Bay, Pacific white-sided dolphins stop in at, which is sheltered from large waves, on their way north to pursue sardine shoals.

陸奥湾に生息するイルカの生態を研究する青森大学の清川シゲト教授はイワシの大軍を追跡する白イルカが太平洋の大波を避けるため立ち寄ったものとのことです。


Temperatures seem to have risen in the Pacific Ocean and the Sea of Japan at the same time this year, causing groups of dolphins inhabiting the two areas to move into the bay simultaneously, Kiyokawa explained

今年は太平洋・日本海共に水温が高めで、両方の海で生息するイルカが同時に陸奥湾に移動したことが原因になったと清川氏は述べています。


(From June 10, 2016 Japan News)
posted by としたん at 14:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

区内の迷いネコの殺処分ゼロ。住民の協力に感謝(20140408 英字新聞より)

かつて、夜、ダンボール箱の中で擦れられている生まれたばかりの子猫を思わず抱きしめた経験があります。
I have an experience that I found a baby cat she(or he) was in the cardboard box at road.
I hugged she with no hesitate.


でも、当時は宿舎暮らしで飼ってやることはできず、近くのコンビニで買ってきたミルクを与えて、ダンボール箱にもどしてやるのが精一杯でした。
When that time, I didn't have my house. So I couldn't live with she(or he). Its only thing I can that I bougut milk from a convenience store and feed that to her.

その子はその後どうなったのだろう、そのときのことを思うと今も胸が痛みます。
After that, I don't know about her. But I feel sorry to her.

同じような思いで、迷い猫たちにエサを与えてくれている人も多いはず。
でもエサやりのみでは、迷い猫たち増殖の社会問題を解決することはできません、
May be many people they feel same feeling to stray cats, and feed them.
But its not good for stray cats. We have many trouble with stray cats.

今回は、そんな迷い猫たちを保護し増殖防止、養育、飼い主募集等をしている団体・区の心温まるお話です。
This is a story about the people they protect stray cats and loved them. this is the story that was very warm.

感謝・感謝です。
I thanks them very very much.


No stray cats killed in ward, thanks to residents’ cooperation
区内の迷いネコの殺処分ゼロ。住民の協力に感謝



“I was relieved to hear they won’t be killed,” said Takayuki Kaneko, 45, who runs a restaurant business near JR Kanda Station in Tokyo. On the day, March 5, volunteers captured stray cats in a nearby building shortly after 8 p.m.

「この子らが殺されないと聞いて安心しました。」と、東京神田駅近くでレストランを経営している金子タカユキさん(45才)は述べました。3月5日、午後8時過ぎ、ボランテイアの人々がビルの近くで迷いネコを捕獲ました。


Kaneko gave a sigh of relief after hearing the captured cats would not be destroyed but protected.
金子さんは捕獲されたネコたちが殺されることなく保護されると聞いて、ホッと胸をなでおろしました、

Those who captured the cats are members of Chiyoda Nyantonaru-kai, an association to protect cats in Chiyoda Ward, Tokyo.


それらのネコを捕獲していた人達は東京千代田区内のネコ保護団体である千代田の「ニャンとなる会」のメンバーです。


On the day, the members set up traps with food in alleys where stray cats resided and had been spotted, and captured two of them.

その日メンバーは、迷いネコが住み・現れる場所にエサを入れた罠を仕掛け、彼らの中の2匹を捕まえました。


The association was established in 2001. The Chiyoda Ward Office searched for volunteers to protect stray cats because it became difficult for officials of the ward office alone to cope with complaints from residents about noise and excreta from cats. Thus the association was established.

同団体は2001年に設立されました、区役所のみで、泣き声や排泄物等に対する住民の苦情に対処することが困難なため千代田区役所は、迷いネコを保護するためにボランテイアを探しました。このようないきさつにより同団体が設立されました。


Currently, the association has about 30 members. They capture stray cats upon notifications from public health centers and other authorities, and then entrust them to animal hospitals for treatment and protection.

従来、同団体は約30人のメンバーで構成されていました。彼らは、公共の健康センター他からの通知の上、扱いのため動物病院へ連れて行き保護することを信じてもらってから、迷いネコを捕獲していました。


With subsidies from the ward office, the association has neutered and sterilized them, and given them vaccinations and other necessary treatments.

区からの補助で、同団体はネコ達を養育、避妊し、そしてワクチンを与えるなど、必要なトリートメントを行いました。


Afterward, the association has held gatherings to search for people who want to keep the cats as their pets, or made them “community cats,” which are fed and taken care of by many people in the communities.

その後、同団体はネコ達をペットとして維持してくれる人を探す集会を開きました。そして彼らを地域の多くの人々でエサやりや世話をする「コムニテイ・キャッツ」としました。


According to the Animal Care and Consultation Center of the Tokyo metropolitan government, 927 cats were destroyed in Tokyo in fiscal 2014. The number was about 18 times larger than that of dogs, at 52.

東京都動物愛護相談センターによると、2014年は927匹のネコが薬殺されました。この数は52匹の犬の数を大きく上回り約18倍となります。


Thanks to the cooperation of administrative authorities, volunteers, local residents and veterinarians, Chiyoda Ward marked an achievement in fiscal 2011, when the number of captured cats killed became zero.

担当当局・ボランテイア・地域住民・獣医の協力の御蔭で千代田区は2011年は捕獲ネコの殺された数がゼロになりました。


It was expected that the ward would be able to maintain the zero level through the end of fiscal 2015, which ended March 31 this year, and mark its fifth consecutive fiscal year of no cats killed.

同区では、今年3月31日で終了する2015年度を通じてこのゼロのレベルが維持できること、そして5年連続でのネコの殺ゼロが期待されております。


A veterinarian checks a captured cat at an animal hospital in Chuo Ward, Tokyo.
Naomi Furukawa, 52, who heads the association, said: “We have kept the culling of cats at zero thanks to cooperation from a large number of people. We can’t be set back.”

同団体の長である古川ナオミさん(52歳)は「私たちは多くの人々の協力によりネコの処分ゼロを維持できております。後戻りはできません。」、と延べます。


The association said it will continue making efforts for awareness activities so that the number will continue to stay at zero.


同団体は、意識付けの努力でゼロ維持の継続に繋げて行きたい、と延べています。


(From April 08, 2016 Japan News)
posted by としたん at 11:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

介護施設でペットが微笑む/可愛がることが入居者の認知機能を回復(20150304 英字新聞より)

お年寄りにとって可愛い、自分のペットたちと一緒に介護施設へ移り住むことができたら、こんな幸せはありません。
For elderly people, its most happily things that they can move to elderly facility with their pets

今回は、高齢を理由にペットを飼えないお年寄りへの朗報です。
This is a good News for elderly who can not have pets due to old age.

Pets cheer up elderly at nursing care facility / Residents’ cognitive function improved through interactions
介護施設でペットが微笑む/可愛がることが入居者の認知機能を回復


Dogs and cats are warming elderly residents’ hearts and restoring their mental sharpness at a special nursing care facility in Kanagawa Prefecture.

神奈川県の特別養護施設で、犬や猫が入居者の心を暖め,心の支えとなっています。


Of the 100 elderly residents at Sakura Village Yamashina in Yokosuka, operated by social welfare corporation Kokoro no Kai, 20 are living with five dogs, and another 20 with 10 cats. In consideration of residents who might dislike animals or suffer from related allergies, the living space is divided into three sections − one for residents who wish to live with dogs, one for residents who wish to live with cats, and one for everyone else.


社会福祉法人「心の会」が運営する特別養護老人ホーム「さくらの里山科」の100人の老人居住者中、20人が5匹の犬と、そして他の20人が10匹の猫と暮らしています。動物嫌いやアレルギーで苦しむ入居者を考慮して、居住スペースは、犬と居住する部分・猫と居住する部分、そして全ての人の居住用と、3つに分割されています。


When I visited the facility in mid-January, I saw a female resident petting a dachshund on her lap in the communal area, saying, “Good boy!” with a smile.

1月中旬にその施設を訪れたとき、私は一人の女性住居者が共用エリアで「良い子良い子」とダックスフンドを膝に載せ、笑顔で可愛がっているところでした。


According to facility director Michihiko Wakayama, 50, the nursing care facility began accepting animals when it opened four years ago.

同施設のディレクターである若山ミチヒコ氏(50歳)によると、 4年前に同介護施設をオープンした時に、動物を受け入れはじめたとのことです。


Explaining the reasons for the unique living arrangements, he talked of an elderly man who was living alone with his pet dog before the Yokosuka facility’s opening, and using Kokoro no Kai’s day care services. When the time came for the man to move into a different elderly facility, he had to leave his dog with a local public health center for abandoned animals as there was no one available to take care of it. The elderly man died less than six months later.

このユニークな住環境の理由の説明で彼は、横須賀の施設がオープンする前の、心の会デイケアサービスを利用していたペットの犬とのひとりぐらしのあるひとりの老人男性の話をしました。その男性が異なった老人施設に入るとき、彼はその犬を、誰一人世話をすることのない、捨てられた動物用の地域ヘルスセンターに残して離れなければなりませんでした。その男性はその後、半年以内に亡くなりました。


Filled with regret, Wakayama said: “I’m sorry for the pet, but even more sorry for the man as he had to sadly lose his family member. It’s impossible for me to accept.”

後悔の念でいっぱいの若山氏は、「私はペットに済まないばかりでなく、悲しみにくれて家族を失わなければならなかったその男性により済まない気持ちでいっぱいになりました。私には何もしてあげることが出来ませんでした。」


This experience drove Wakayama to open a special nursing care facility, where residents can live together with their pets.

この経験が、若山氏を、入居者が彼らのペットとともに生活できる特別介護施設をオープンさせる原動力となりました。


To the delight of the residents, many of whom gave up keeping dogs and cats due to their old age, Sakura Village Yamashina also adopted dogs and cats that were abandoned for reasons such as the death of their owners, after volunteers take care of them for some time.

高齢を理由に犬や猫を諦めていた多くの住民の喜びに加えて、「さくらの里山科」では、しばらくの間、ボランテイアが彼らを世話することで、飼い主の死等の理由で捨てられた犬・猫を迎えることにしました。


The animals accepted there include some rescued from areas affected by the nuclear accident of the Fukushima No. 1 nuclear power plant.

それらの中には、福島第一原発の事故で影響を受けた地域で救助された動物たちも含みます。


“We didn’t even think of buying them at pet shops,” Wakayama said.

「私たちは彼ら(動物たち)をペットショップから買うことなどは、考えもしませんでした。」と若山氏は述べます。


The facility staff take care of the animals’ needs such as their feeding, while local volunteers walk the dogs every morning and evening. Professional animal trainers also help with dog training.

ボランテイアの人達が毎朝犬を散歩に連れ出している間に、同施設のスタッフは食事等の動物たちに必要な世話をします。プロの動物トレーナーたちは又、犬のトレーニングの手助けをします。


A positive effect
良い効果


Life with the animals has had a positive effect on the elderly’s cognitive functions. For example, a resident, who suffers from dementia, frequently forgot her family members’ names and had difficulty with ordinary conversations. But she regained the ability to memorize the dogs’ and cats’ names, and even began to take care of the animals by asking the staff to feed them.

動物たちとの生活は老人の認知機能に良い効果をもたらしました。しばしば家族の名前を忘れ、通常の会話が困難な女性の入居者の女性の例です。彼女は犬や猫の名前を覚えることで能力が回復し、スタッフにえさをやってくれるよう頼む等、動物達の世話さへ始めるようになりました。


By stroking the animals, she was apparently able to ease the stiffness of her joints.

動物たちをなでることで、彼女は関節の固さを和らげることさへも可能となりました。


Yoshihiro Yamaguchi, 82, lives with his male Pomeranian, Chiro-kun, at the facility.

山口ヨシヒロさんは、彼のオスのポメラニアン(チロ君)と同施設に住んでいます。


“He is loved by everyone in here and seems to have become used to [this facility]. I feel great to be with him,” he said.

「彼(チロ君)はこの施設の全ての人から愛されており、この施設に慣れ親しんでいるように見えます。私は彼と居ることに素晴らしさを感じます」と、彼は述べました。


Fuyoko Sawada, 71, the owner of a male cat named Yusuke-kun, said: “Asking other people to take care of him has never been an option for me. I hope the number of facilities of this kind will increase.”

「ユウスケ君」と名付けられた猫の持ち主である澤田フヨコさん(71歳)は「他人にこの子を預けることは、考えられません。このような施設が増えてほしいです」、と述べます。


As society ages, there have been many cases in recent years in which the elderly had to give up their pets. About 200 dogs and cats were handed over to the Tokyo metropolitan government by their owners in fiscal 2014. The reasons cited were things such as the owners’ old age (25 percent), followed by disease (24 percent) and death (18 percent).

高齢化で、多くのお年寄りでペットを放棄するケースが増加しています。2014年度、約200匹の犬や猫が東京都に手渡されています。理由は持主の高齢(25%)、病気(24%)、死亡(18%)と続きます。


Wakayama stressed that it is important that the elderly “do not give up having their pets, traveling, shopping and other activities for enjoying their lives.”

若山氏は、高齢者に「ペットを持つこと・旅行・買い物などの人生を楽しむことを諦めないでほしい」が重要と強調します。


Yoshiko Futoyu, a specially assigned professor of gerontological nursing at Kibi International University in Takahashi, Okayama Prefecture, said care recipients “tend to feel they’re just ‘being cared for.’ But when interacting with animals, they can feel the advantage of being a ‘caretaker.’ That revitalizes them.”

岡山県高梁市吉備国際大学の老年看護学の太湯 好子特任教授は述べます、看護を受ける人は「彼らは「お世話される」だけと考えがち」ですが、「動物との交流で、「お世話する人」の生きがいを感じることができるのです。それが活性化を生むのです」と。


(From March 04, 2016 Japan News)
posted by としたん at 09:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

政府、災害地のための無人自動車を開発 (20160325 英字新聞より)

災害時対応のための無人車輌が開発されています。
この開発には3.11の教訓が大いに生かされています。

日本は3.11までは、ロボット技術では世界一といわれていました。
しかし、緊急時の幅広い環境に対応できないという欠点を露呈しました。

応用力の無さ・低さは現在の産業界でも改善されていません。
スマホ対応の遅さが端的です。
ですが、この状況は今も変わっていません。

これは日本でビル・ゲーツやスティーブ・ジョブズ等のダイナミックな若者が誕生しない所以
でもあります。


Govt develops unmanned vehicle for disaster sites
政府、災害地のための無人車輌を開発



The Defense Ministry has developed a remote-controlled unmanned vehicle that can gather information and clear rubble at disaster sites that people cannot approach due to such incidents as a nuclear accident, volcanic eruption or biological or chemical terrorism.

 防衛省は、事故・核施設の事故・火山噴火または生物学または化学テロ等の人の近づけない災害サイトで、情報収集と瓦礫クリアための、遠隔操作による無人車を開発しました。


The ministry has been moving forward with research based on the lessons learned from Tokyo Electric Power Co.’s Fukushima No. 1 nuclear power plant, which rescue workers could not get close to due to high radiation levels. The unmanned vehicle will be deployed to the Ground Self-Defense Force in fiscal 2019 or later.

同省は、高い放射線レベルのために救援労働者が近づけなかった、東京電力福島第一原子力発電所からの教訓をベースに調査・推進させました。無人車輌は2019年度後半に陸上自衛隊に配備される予定です。


The unmanned vehicle for clearing rubble and gathering information will be operated via radio control by GSDF personnel in a command and control vehicle that can be located as far as several kilometers away thanks to the use of an unmanned relay vehicle. If a wide area around a disaster scene is considered highly dangerous, the unmanned vehicle can be controlled from a location up to 20 kilometers away via satellite.

がれきクリーニング・情報収集のこの無人車輌は、陸上自衛隊員の無線操縦で、数キロメートル離れた無人中継車両経由で制御される予定です。もし、災害シーンが高度に危険と考えられた場合は、この無人車輌は衛星経由で20キロメーター以上はなれた場所から制御可能です。


There are said to be few

次の数点の言われていることがあります。


The ministry’s vehicle features continuous tracks like a tank, is equipped with hydraulic arms to remove rubble and has a device for leveling the ground. It also has such state-of-the-art equipment as a radiation counter, camera and laser range finder. Special paint has also been applied that makes it difficult for contaminants to stick to the vehicle body.

同省の車輌は、残骸を地上から離すための水力アームを搭載した戦車のような連続するトラックを模擬しています。それはまた放射能への対応可能なカメラとレーザー距離検出器等、最新の機器を搭載します。汚染物質が車両に着くことを困難にするスペシャルペイントもまた、対応可能です。


The government has earmarked \500 million in the fiscal 2016 budget for research into a system that can instantly create 3-D images of the landscape around the vehicle. By using 3-D images to get an understanding of its surroundings, the vehicle will be able to perform tasks faster, sources said. The unmanned vehicle to be deployed to the GSDF unit will likely be equipped with the 3-D image system.


政府は、車両周囲の地形を3Dの即座に作り出すことの出来るシステムの調査のために2016年度予算で5億円を見込んでいます。周囲の状況を理解するために3Dイメージを利用することは車輌が素早く仕事をこなすことが可能になる、と情報筋は述べます。陸上自衛隊が展開する無人車両は多分、その3Dイメージシステムを搭載することになるでしょう。



The Ground Systems Research Center of the Acquisition, Technology & Logistics Agency and other organizations have completed a test model of the unmanned vehicle control system.

防衛装備庁の地上システム調査センター他の団体は無人車輌制御システムのテストを完了しています。


The ministry conducted a field experiment of the test model on Feb. 19 at the foot of Mt. Fugen in the Unzen mountains in Nagasaki Prefecture. The vehicle was radio-controlled to level ground and perform other tasks.

同省は2月19日に長崎県雲仙普賢岳の麓での地上試験を実施しました。同車輌は水平面を無線操作で操縦され、他の業務を行いました。


(From February 25, 2016 Daily News)
ラベル:無人 車輌 防衛省
posted by としたん at 10:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

多くの若い世代が地方での生活を選択(20160212 英字新聞より)

私は、長い現役時代に地方及び都会の生活両方を経験してきました。
I have experience both urban life and local life at long working period.

日本のことわざに「住めば都」というのがありますが、正にそのとおりです。
In Japanes there are one proverve, "Its becoming capital after live else ewhere"

都会生活は偏った一面しかなく、地方こそ変化に富んでいると思います。
I think the urban life has only one phase, but also local life has number of rich phase.


地方に住んでみようという積極的な若者が増えていることは大変喜ばしいことです。
Its good things that the number of young peple who try to live local area is glowing.

これこそ自分探しの旅の一環ともいえます。
I think this is the way of travel to find oneself,

More young people choose country life
多くの若い世代が地方での生活を選択



The number of people moving from major cities to regional areas is increasing. Behind the trend is growing interest among young people in living in the countryside, and stepped-up efforts by local governments to promote migration amid worries over population decline.

多くの人々の大都市から地方への移動が増加しています。このトレンドの背景には、若年層のいなかへの興味の増大と、地方公共団体の人口減少への危機感にたいする移民促進努力があります。


Seiya Takashima, 24, moved from Funabashi, Chiba Prefecture, to Inashiki in southern Ibaraki Prefecture last year as a member of the Chiiki Okoshi Kyoryokutai (Local revitalization corps, see below). Takashima began working at a company after graduating from university, but he could not give up on his dream of living in the countryside.

高島セイヤさん(24才)は地域おこし協力隊として、千葉県船橋市から茨城県南部の稲敷に引っ越しました。高島さんは大学卒業後働きはじめましたが、いなかに住む夢をあきらめませんでした。


Takashima’s monthly pay as a member of the corps is a little less than \170,000. His work entails discussing his migration experience at seminars and providing advice and information to potential migrants. He is able to live inexpensively because he lives in a detached home provided by the city, grows vegetables in his garden, and often receives rice and vegetables from his neighbors.

隊のメンバーとしての高島さんの月給は、17万円弱です。彼の仕事は彼のセミナーで移民経験をデイスカッションし、潜在的移民者にアドバイスと情報を提供することにつながっています。彼は市から提供される一戸建ての家に住んでいるので、安く住むことができ、彼の庭で野菜を作っていますが、しばしばお米や野菜を近隣の人々からもらっています。


After his three-year contract expires, Takashima says he plans to start a business and stay in Inashiki.

高島さんは3年間の契約切れの後、ビジネスを開始して、稲敷に住む計画であると話してくれました。


Local governments concerned with population decline are stepping up their programs to promote inbound migration.

地方公共団体は人口低下に危惧しており、転入による移民促進のプログラムに力を入れています。


New population estimates released in May 2014 by the Japan Policy Council were one factor. The council’s report named 896 municipalities around the country that were threatened with “extinction” in the future due to population decline. Inashiki was one of the cities on the list. The city established an office to respond to population decline and also began accepting kyoryokutai members. Takashima was one of the first recruits.

日本創成会議による2014年5月発表の新人口予測はひとつのファクターです。その会議のレポートによると、日本の指定された896の市は将来人口減で、消滅の危機にさらされるとのことです。稲敷はそのリストの中のひとつの市です。同市は人口減に対応し、ひとつのオフィスを作り協力隊メンバーを募り始めました。高島氏は最初の応募者のひとりです。


Local government migration promotion policies, including older programs, are becoming more effective. Tokumi Odagiri, a professor at Meiji University who researches public policy in farming villages, says that “the number of people who moved to regional areas in fiscal 2014 with local government support or by other means exceeded 10,000 people, four times as many as five years ago. There are a variety of reasons for moving, ranging from wanting to contribute to local revitalization to the desire to live in a better place for raising children.”


古いプログラムを含む地方公共団体の移民促進政策は、より効果的になってきています。農村の社会政策を調査する明治大学の教授の小田切トクミさんは「地方公共団体の援助その他で2014年に地方に移り住んだ人の数は1万人を超え、この5年間で4倍になっている。そこには、地方活性化を望んだり、子育てに良い場所を望むなど、多様な理由があります。」と述べます、


Rina Kurihara, 29, who lives in Nagaoka, Niigata Prefecture, created a group called Iju Joshi (Migrant girls) together with three other women who also moved from urban areas, and has produced a small pamphlet promoting the countryside for distribution in Tokyo and elsewhere.

新潟県長岡市に住む栗原リナさん(23才)は、他の都会から引っ越した3人の女子と一緒に「移民女子」というグループを結成し、小さな地方を促進するパンフレットを作り、東京の各地で配っています。


Kurihara was working as an engineer at an IT firm in Tokyo, but after the Great East Japan Earthquake, she decided that she wanted to live somewhere where she could make her own food.

栗原さんは東京でIT関連の企業でエンジニアとして働いていましたが、東日本大地震後、自分自身で食品を作れる場所に住むことを望みました。


She began searching for a place to move, and fell in love with the Kawaguchi district in Nagaoka after she visited as part of a job planning local tours for urban residents. She moved there in 2012 after marrying her husband, who was a local staff member for the tour, took up farming and other work, and gave birth to her first daughter in 2014. “I have close relationships with my neighbors, who help me with raising my child,” she says.

彼女は引越しする場所を調べはじめたあと、地方住民のための職業計画ツアーのときに、長岡の川口地区で恋に落ちました。彼女はそのツアーのスタッフであった夫と結婚後2012年に引っ越し、農業他の仕事に就き、そして2014年、長女を出産しました。「私は子育てを支援してくれる近隣のひとたちと、緊密な関係を保っています。」と彼女は述べます。


The Chuetsu Organization for Safe and Secure Society, a public interest incorporated association in Nagaoka that supports Iju Joshi activities, also organizes yearlong internships for people interested in relocating, putting them to work at local businesses such as farms or sake distilleries. Already, more than 10 people who participated in the program have settled permanently.

移民女子の活動を援助する公共の利益協会である「中越安全保証社会をつくる団体」はさらに移民に興味ある人々のため、一年間のインターンシップで集まっており、農業や酒醸造の地方ビジネスで働けるようにしております。このプログラムに参加した10人以上がすでに、定職の仕事に就いています。


Numerous local governments in Shimane, Okayama, and other prefectures provide employment and housing support as a way to attract migrants.

島根県や岡山県他の多くの地方公共団体が、移民者を引き付けるため、雇用と住居のサポートを提供しています。


The Furusato Kaiki Shien Center (Local migration support center) in Tokyo’s Yurakucho district provides information to people interested in migrating, and the number of prefectures that employ a full-time advisor on relocation has grown rapidly from five in 2014 to 28 in 2015.

東京有楽町の、ふるさと回帰線センターでは移民に興味のある人々へ情報を提供しており、また、リロケーションに関するフルタイムアドバイザーを雇用する県の数は2014年の4から、2015年の28となり、急速に増大しています。


The center’s assistant director, Kazuo Kasami, says: “There are even some small municipalities that have seen so many migrants in recent years that the population has increased. Migration is becoming a normal lifestyle choice.”

アシスタントアドバイザーであるカサミカズオさんは言います、「近年、多数の移民で人口が増大したいくつかの小さな地方自治体さえあります。移民はノーマルなライフスタイルの選択となりつつあります。」


However, some people return home after they migrate, finding that reality differs from their expectations. Kasami advises, “It is important to research and understand the local customs and other details before moving. It is also wise to visit during winter, or harsh weather.”

しかしながら期待外れで移民後、ホームに戻る人々もいます。カスミさんはアドバイスします、「引っ越す前に調査・地方の慣習他詳細の理解はとても重要です。冬や厳しい気候の期間に訪問してみることも賢明なことです。」


Chiiki Okoshi Kyoryokutai (Local revitalization corps)
地域おこし協力隊


A system created in 2009 that allows local governments in depopulating areas to recruit migrants from urban areas as nonregular employees, who work for one to three years on local revitalization projects. The central government provides support for their salaries. Of the 945 participants who finished their contracts by March 2015, 60 percent have settled in the local areas.

人口の減少している地域へ、都会からの就職・移民(1年〜3年間地方活性化プロジェクトで1年〜3年間の短期雇用)促進を行う地方公共団体を援助するために2009年に創設されたシステムです。中央政府は給与費用を援助しています。その契約を終えた参加者のうち60%が、その地方に住みついてしています。


(From February 12, 2016 Japan News)
posted by としたん at 12:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

退職者の国内旅行ブームに乗り、キャンピングカー利用者が増加(201602 英字新聞より)

キャンピングカーの数が増加しているようです、特にシニア世代に。
I heard its increasing the number of camper van, especialy for senior age .

でも、私は全ての世代がキャンピングカーで楽しめる時代がくることを望みます。
But I want the boom will be come not only senior but also young generetion.
They will enjoy camper van life.

最終的には本当に豊かな生活が、世界中に行き渡るりますように。
Finally, I wish that the true rich life will come to all over the world.


Camper van users soaring as retired boomers travel the nation
退職者の国内旅行ブームに乗り、キャンピングカー利用者が増加



キャンピングカーと御夫妻_R.jpgYoichi Yoshida and his wife Kiyoko talk about their travels in front of their camper van. The base vehicle was developed by a Japanese manufacturer, and the interior living space was installed by a camper van specialist (image partially modified).
キャンピングカーの前で話す吉田ヨイチ夫妻。ベース車は日本製で、居住スペースはキャンピングカー専門業者で改装。(写真は部分修正あり)


Camper vans people can sleep in are becoming more popular in Japan, with industry organizations saying ownership of camper vans has doubled in the last 10 years. Another boom has arrived that has not been seen since the days of the bubble economy, with sales also increasing.

業界曰く、日本でキャンピングカーで寝ることがより一般的になるにつれ、10年間でキャンピングカー所有が倍になりました、と。バブル経済以来の、他のブームが来ています。


Most camper van buyers are retired seniors, drawn by the freedom to travel throughout the country on a whim, unrestricted by time or place.

気まぐれに、自由に国内を旅行できることから、大部分のキャンピングカーの購入者は退職後のシニアーです。


Yoichi Yoshida and his wife Kiyoko, both 79 and living in Sayama, Saitama Prefecture, have 10 years of camper van experience. The couple said they spend about half of the year on the road.

埼玉県に住む吉田ヨイチ・キヨコさん夫妻(共に79歳)は10年間のキャンピングカー生活の経験をもっています。ご夫妻は1年間の半分は旅行していると言います。


The Yoshidas toured the Hokuriku region and the Noto Peninsula in April and May last year, moving on to Hokkaido from July to September. Then they visited Yamanashi and Nagano prefectures in December, before spending the end of last year and January seeing various places in the Kyushu region.

吉田夫妻は昨年3月〜4月北陸地方、そして6月から9月北海道を旅行しました。そして年末〜1月の九州地方の各地の前に、11月に山梨県と長野県訪れています。


Their camper van is big enough for adults to sleep comfortably. The couple cooks in the camper van’s kitchen with a gas cooker, goes on day trips to hot springs for bathing and washes their clothes at local coin-operated laundries.

彼らの車は大人が気持ちよく寝るには十分な大きさです。夫妻はキャンピングカーのキッチンでガス調理器を使って料理し、お風呂は日帰り温泉、そして洗濯はその土地のコインランドリーです。


The Yoshidas settle down for the night at places like roadside stations and rest areas. The camper van also has a TV, so they’re never bored, even when the weather is bad.

吉田夫妻は夜は道の駅や休息エリアで宿泊します。キャンピングカ−にはテレビがあるため、たとえ悪天候であっても夫妻はあきることはありません。


“We can go where we want and stay as long as we want depending on how we feel, so I’m much more relaxed on the road than I am at home,” Kiyoko said with a laugh.

「私たちは行きたいところはどこにでも行けて、気分次第で好きなだけ留まることが出来ます。だから家にいるときよりもリラックスできます。」とキヨコさんは笑いながら話します。


Yoichi, who retired in 2003, regrets that he took only one family trip during the whole of his working life as a businessman. Using his savings, he purchased a camper van for around \6.5 million. Now he travels as he pleases, enjoying beautiful mountain and ocean scenery and fresh local foods as he rediscovers the charms of his nation.

ヨイチさんは2003年に退職しましたが、ビジネスマンとしての現役中、一回しか家族を旅行に連れて行かなかったことを後悔しています。貯金を使って彼は650万円のキャンピングカーを購入しました。今彼は喜んで旅行し、日本の素晴らしさを発見すると同時に、美しい山々や海岸の景色そして、新鮮な地方の食べ物を楽しんでいます。


Nagoya resident and marathon enthusiast Kinuyo Asuke, 67, spent four years completing a run around Japan − with her husband driving their camper van alongside her as a makeshift “escort vehicle.”

名古屋に住むマラソンファンのアスケ・キヌヨさん(67歳)は、夫が「伴走車」に模様車替えしたキャンピングカーを運転しながら、日本中を走破するため4年間を費やしました。


“It’s much more convenient for moving from place to place, plus it’s a lot cheaper than staying in hotels,” Asuke said. “The camper van is as important a partner to me as my husband is.”

「場所から場所への移動にはとても便利だし、加えてホテルに泊まるよりはとても安いです。」とアスケ氏は言います。「キャンピングカーは夫と同様、とても大事なパートナーです。」


Remodeling light vehicles
軽自動車の改造


According to the Japan Recreational Vehicle Association based in Machida, Tokyo, the estimated number of camper vans owned rose from about 50,000 vehicles in 2005 to about 89,800 in 2014.

東京町田市の日本RV協会によると、キャンピングカー所有台数は2005年の約5台から2014年には89,800台に増加しているとのことです。


Camper van sales set a new record in fiscal 2013, hitting about \30.9 billion, a figure that was promptly topped in fiscal 2014 with sales of about \32.2 billion. The majority of buyers tend to be retired baby boomers.


キャンピングカーは2013年度約309億円の販売台数の新記録を樹立しましたが、2014年に22億円となり即追い越されました。大多数の購入者は退職したーム世代です。


Camper vans come in all shapes and sizes, from specially made imported models to station wagons and trucks that are converted into camping cars by so-called builders − professionals who specialize in remodeling cars or trucks into camper vans.

キャンピングカーは、ステーションワゴンやトラック等をキャンピングカー(ビルダー(車やトラックをキャンピングカーに改装するプロ)の呼称:)として変更した輸入モデルに始まり、全てのサイズと形がそろっています。


Depending on the camper size, interior fittings and equipment, prices range from \1.5 million to more than \10 million for top-end models.

キャンピングカーのサイズや搭載設備によりますが、価格は150万円から最高級の1000万円を超えるものまであります。


Remodeled mini wagon vehicles that are reasonably priced and easy to drive are selling well, driven by demand from individuals and couples who like to travel on their own.

ミニ・ワゴン改装車は手頃な価格で、旅行愛好者の個人からカップルまで、その手軽さでよく売れています。


Hokkaido is an extremely popular destination for camper van enthusiasts, thanks to its ample parking spots and numerous hot springs. Many other tourist resorts are also creating special parking areas to accommodate camper vans.

北海道はキャンピングカーファンにとって、豊富な駐車場スポットや多くの温泉で、最高にポピュラーな目的地です。他の多くのツーリスト・レゾートでは又、キャンピングカー宿泊のための特別駐車エリアが作られています。


“During the bubble economy, camping was very popular, with many opting to buy camper vans rather than tents,” a JRVA spokesperson said. “The present surge comes down to retired seniors making the most of their free time and money to enjoy traveling in their twilight years.

「バブル経済期間、キャンピングカーを買う選択はテントに増して、キャンプはとてもぽぴゅラーでした。」と、ひとりのJRVAスポークスマンは述べます。「今日のブームは退職したシニアーが、多くの自由時間とお金で、自身のトワイライト・イヤーを旅行で楽しみたいということから来ています。」


(From February 11, 2016 Japan News)
posted by としたん at 11:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

旅行中のぬいぐるみ、過労や病気を和らげる。(20162012 英字新聞より)

ぬいぐるみがものすごい力をもっていることに驚かされるのは、私が男だからでしょうか。
Is it the reason that I am a man?
I surprised that a stuffed animals possesses very strong power.

女の子たちはぬいぐるみのこの力、疑うことなく知っていましたね。
No doubt, The girls were recognized the power of stuffed animals.

今回は、この魅惑的で、すばらしい力の持ち主、ぬいぐるみたちの心温まるお話です。
This is the hart-full story of stuffed animals they are fascinating and have very strong power.


Traveling stuffed animals comfort overworked, ill
旅行中のぬいぐるみ、過労や病気を和らげる。


Yawarakan’s cafe photo.jpg
Yawarakan’s cafe photo


Overworked or too sick to travel? Some people find solace in sending stuffed animals on trips in their place.

過労や重い病気の人々と旅行できますか? 何人かの人々がぬいぐるみを送ったり旅行に行かせるとで慰めを見つけています。


Companies, travel agencies and other organizations are being asked to take stuffed animals on trips, cafe outings or to “enjoy” other experiences by people who cannot get away or have health issues. These people seem to derive comfort and encouragement in seeing their favorite stuffed animals active as their proxies.


ある会社・旅行代理店他の団体は、連れて行くことが大変な人や健康に問題のある人から、喫茶や他の経験を楽しむため、旅行にぬいぐるみを連れていってくれるように頼まれています。これらの人々は愛するぬいぐるみの彼らに代わる行動で癒しや勇気を引き出しているのです。


A 49-year-old female civil servant in Saitama Prefecture has sent two of her stuffed animals on a number of trips since last summer. One is Pako, a stuffed panda that belonged to her late grandmother, and the other is Kaki, a stuffed bear she received from her father when she was a child. She and her husband used to enjoy traveling, but about five years ago it became difficult to get away as her 57-year-old husband’s health deteriorated.

49歳の埼玉県の公務員は昨年の夏以降、2匹のぬいぐるみを多くの旅行に送っています。一匹はパンダのぬいぐるみ「パコ」で高齢の祖母のもので、もう一匹は「カキ」、彼女が子供のときに父からもらったくまのぬいぐるみです。彼女と彼女の夫はよく旅行を楽しんだものでしたが、5年前に57歳の夫の健康が悪化したため連れて行くことが困難になりました。


“I feel better when I think that these stuffed animals are taking trips in my place,” the woman said.

「私は、これらのぬいぐるみが私の代わりに旅行してくれていると思うと安心します。」


The travel agency she uses is Tokyo-based Unagi Travel, which specializes in trips for stuffed animals. Unagi Travel sends her travel photos of Pako and Kaki via a members-only social networking service.

彼女が使う東京をベースとする旅行代理店、ウナギトラベルはぬいぐるみの旅行が専門です。ウナギトラベルはパコとカキのメンバーのみに、SNS経由で旅行の写真を送付します。


Last autumn, she tucked a photo of the grandmother in a small furoshiki wrapping cloth, tied it to Pako’s back and sent it on a tour of Tokyo. Her father and mother, aged 80 and 78, who live on their own, were delighted when she showed them photos of Pako’s travel. Her father learned how to use a smartphone and started following Pako and Kaki’s travels on his own. Inspired, last month her mother went abroad for the first time. “Stuffed animals have tremendous power,” the civil servant said.

昨秋、彼女は小さな風呂敷に包んだ祖母の写真をパコ背負わせて、東京のツア−に送りだしました。彼女の父母(80歳と78歳)は別に住んでいますが、パコの旅行の写真を見せるととても喜びました。彼女の父はスマートフォンの使い方を学び、自分でパコとカキの旅行を追跡し始めました。先月、彼女の母は思いついて始めて外国に行きました。「ぬいぐるみは大きな力をもっています。」とその公務員は言います。


Unagi Travel representative Sonoe Azuma started the service in 2010. The idea for the company came after she asked an acquaintance to take her own stuffed animals on a trip, and then received a huge response when she documented the travel on her blog. Many people use the service in addition to those with illnesses or with long working hours. For example, members include ordinary lovers of stuffed animals or those who are looking for a new hobby.

ウナギトラベルの代表、東ソノエさんは2010年にこのサービスを開始しました。同社のこのアイデアは、彼女自身のぬいぐるみを知人に旅行につれていってくれるように頼んだことからはじまり、その旅程を彼女のブログに発表してから、大きな反響を受けるようになりました。多くの人々はそれに加え、病気または長い労働時間のためにこのサービスを利用します。その例として、メンバーには普通のぬいぐるみ愛好者や新しい趣味を模索する人々が含まれます。


The cost of sending a stuffed animal on a trip is in the \5,000 range. “Stuffed animals are akin to family,” Azuma said. “Seeing them ‘enjoying’ travel seems to motivate many to take the first step for themselves.”

ぬいぐるみを旅行に参加させる費用は5000円までの範囲です。「ぬいぐるみは家族同然なのです。」と東さん言います。「彼らの「旅を楽しんでいる」姿は、彼ら自身の大いなるモチベーションへの最初のステップとなります。」


Services specializing in travel for stuffed animals are on the rise. In a society in which it is sometimes difficult to form human relationships, stuffed animals appear to be a source of comfort.

ぬいぐるみの専門の旅行サービスは増えています。社会の中で人間関係を築くことはときとして難しいですが、ぬいぐるみが安らぎの源として存在してくれます。


Yawarakan’s cafe in Adachi Ward, Tokyo, opened last summer to “entertain” stuffed animals. Upon entrusting the cafe with a stuffed animal, the cafe keeps it for three days and sends back photos of it at meals and events.

東京足立区の喫茶「やわらかん」は昨年夏、「パフォームする」ぬいぐるみでオープンしました。ぬいぐるみと一緒であることを信用してもらうために、その喫茶は3日間維持し食事とイベントの写真を送り返します。


“When I’m preoccupied with work and have no time for myself, I feel comforted seeing my stuffed animal having fun,” said a 35-year-old woman from Kanagawa Prefecture. Yawarakan’s cafe is reservation-only and so popular that applications are filled up on the same day they open.

「仕事で忙しく自分の時間がないとき、自分のぬいぐるみの楽しんでいるすがたを見るととても癒されます。」と、神奈川県の35歳の女性は述べます。「やわらかん」カフェは予約オンリーであり、そのオープンと同日にアプリケーションが満たされるので、とても人気があります。


Last year, the Japan Nuigurumi Association, an NPO based in Yokohama, began offering homestay tours for stuffed animals. Members around the country accept an applicant’s stuffed animal and take it around sightseeing spots in their area. It apparently is a great source of moral support for people who cannot get away themselves due to illness or other reasons.

昨年、横浜をベースとするNPOぬいぐるみ協会は、ぬいぐるみたちのホームステイの提供を開始しました。日本中の会員は参加中の一匹のぬいぐるみにアクセプトし彼らの地域観光スポットに同伴します。病気や他の理由で自分自身が連れて行けない人々にとって、それはすごい心の助けになります。


A service for children called “stuffed animal sleepover” provided by libraries throughout Japan is extremely popular. The library takes a child’s stuffed animal in the evening, snaps photos of it apparently enjoying storybook time and other activities at night, and then hands the child the photos when they return for their stuffed animal the next day. Libraries report that the children are ecstatic to see their stuffed animals in a library at nighttime, an experience they are not privy to themselves.

日本中のライブラリーが提供する、こどもたちが「ぬいぐるみのおねんね」と呼ぶサービスはすごい人気です。ライブラリーは子供たちのぬいぐるみを夜間連れ出し夜の寝る前のおとぎばなしの時間他の行動の写真を撮り、翌日写真と共にそのぬいぐるみを返します。ライブラリーの担当者は自身のすなおな経験から、こどもたちが自分のぬいぐるみの夜間のライブラリーでの姿を見るとき、夢見る表情になるといいます。


The Japan Teddy Bear Association is an NPO that provides teddy bears to hospitalized children.

ひとつのNPOであるテデイ・ベア協会は病院の子供たちにテデイ・ベアを提供しています。


“Stuffed animals have a connection to people and the power to comfort them,” said Kumiko Komuchi, the NPO’s chief manager. “They seem to provide encouragement and a sense of affection not only to children but adults, too.”

「ぬいぐるみたちは人々とつながり、安らかにする力をもっています。」と、同NPOのチーフマネージャーであるコムチクミコさんは述べます。「かれらは、子供たちだけでなく大人にも、勇気と愛情の気持ちを提供することもできるように見えます。」


(From February 12, 2016 Japan News)
posted by としたん at 10:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

(日本の)経常収支、16兆円の最高黒字に (20160208 英字新聞より)

日本の貿易経常収支黒字が最高額の16兆円に達しています。
Its recorded maximum black ink 16 trillion yen the amount of money from Japanese trade current account

株安の嵐が吹き荒れていますが、日本の未来はとても明るいのではないでしょうか。
Now the storm of stock market down grade is raging.
But I think Japanese future is very bright.


Current account surplus tops \16 trillion
(日本の)経常収支、16兆円の最高黒字に


Japan posted a current account surplus of \16.64 trillion in 2015, up about 6.3-fold from the previous year, scoring the first growth in five years on the back of slumps on global crude oil markets, a Finance Ministry report showed Monday.

日本は世界の原油市場に乗り不振から離脱、2015年の経常収支で、過去5年間で始めて成長、昨年比6.3倍の16兆6千400億円を記録したと金曜日、財務省がレポートを発表しました。


The sharp increase came as imports fell for the first time in six years against a backdrop of falls of about 40 percent in crude oil prices, significantly improving the country’s trade balance.

この急激な増加は、原油価格の約40%下落で日本の貿易バランスが顕著に改善し、6年間で始めて輸入が減ったことからきております。


Japan had previously seen a surge in imports of fuel for thermal power generation due to reactor shutdowns following the nuclear accident at Tokyo Electric Power Co.’s Fukushima No. 1 plant, which was triggered by a massive earthquake and tsunami in March 2011.

2011年3月の巨大地震に起因する東京電力福島第一原発原子炉のシャットダウン事故で、日本は最近、火力発電の燃料輸入が増加していました。


In 2015, Japan’s deficit in goods trade narrowed 93.8 percent to \643.4 billion, with imports falling 10.3 percent to \75.82 trillion while exports expanding 1.5 percent to \75.17 trillion, up for the third straight year, according to the preliminary balance of payments report.

仮報告書によりと、2015年、輸入が7582億円で103.%減少、輸出が7517億円で1.5%増で 日本の貿易赤字は、6434億円で93.8%の縮小で、3年連続の減となっています。


In addition, the country’s services trade deficit nearly halved to \1.56 trillion, reflecting a rise in the number of tourists from abroad to an annual record of 19.73 million.

加えて、外国からの観光客の増(年間1,973万人)を反映し、日本のサービスに係る貿易赤字は1.56兆円で約半分となりました。


Japan marked a tourism account surplus of \1.12 trillion, the first black ink in 53 years.

日本は旅行勘定で1兆1千200億円を記録し、53年間で始めて黒字を記録しました。


Its surplus on loyalties for intellectual property rights hit a record high of \2.4 trillion, led by a rise in royalty income from automobile-related patents.

知的財産権に関する特許使用料は、自動車関連の特許権のインカムで2.4兆円というを記録的な値を示しました。

The surplus in the primary income account rose 14.7 percent to \20.77 trillion, setting a record high for the third consecutive year. The growth reflected rises in dividend payments from overseas subsidiaries to parent companies at home and in the yen-quoted value of foreign currency-denominated assets on the back of the yen’s depreciation.

主要な収入の黒字は14.7%上昇の20.77兆円、3年連続の最高を記録しました。この成長は海外子会社から本社への配当金ですが、外貨の価値を円安で割り引いた上、での上昇を反映したものです。


(From February 08, 2016 Japan News)
posted by としたん at 09:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

3-Dプリンターが夢を造る/壊れた部品再生、簡単に唯一の物を創造。(20160120 英字新聞より)

3-Dプリンターへの脚光が続いています。
以下の記事を見ると、発想力が問われているのかな、とつくずく考えさせられます。

3-D printers shape dreams / Easily create unique objects, reproduce broken parts
3-Dプリンターが夢を造ります/壊れたパーツ再生、簡単にひとつしかないモノが造れます。



Mieko Hiramatsu, right, smiles as a male tenant checks out an elevator button frame on Dec. 18 last year in Koto Ward, Tokyo.


It’s well known that 3-D printers can use data to manufacture a variety of three-dimensional objects. The technology has attracted attention for being able to create nearly anything and is being increasingly applied to industry, as well as research and development.

データーを利用することで、3-Dプリンターにより作り手が多様な3次元の物体をつくることが可能であることは、良く知られています。この技術は何でも作ることが可能であることが注目され、調査・開発を問わず、産業界で使われることが増加しています。


Recently, however, it seems that even company employees and housewives are utilizing 3-D printers for a variety of needs.

でも最近、サラリーマンや主婦でさへ、いろんなニーズで3−Dプリンター利用しています。


“A gear in the washing nozzle of my toilet seat broke.” “I want to fix the broken trigger on a high-pressure water hose.” These are examples of the problems that customers bring every day to “Ah! 3D Printer Shop!!” in Nakano Ward, Tokyo.

「自宅のトイレ座席の洗浄ノズルが壊れた」、「高圧ホースの壊れたトリガーを治したい」。これらは東京中野区の「アーッ!3-Dプリンターショップに持ち込まれた参考例です。


One customer was Mieko Hiramatsu, 58, the manager of a condo in Tokyo’s Koto Ward. She was dealing with old, cracked frames for elevator control buttons.

そんななかの顧客のひとり平松ミエコさん、東京江東区の大家さんです。彼女はひびの入ったエレベーターフレームのコントロールボタンを持ち込みました。


Seita Watanabe creates a guard for a bamboo sword using a 3-D printer at “Ah! 3D Printer Shop!!” in Nakano Ward, Tokyo.

渡辺スイタさんは、東京中野区の「ア−3Dプリンターショップ」で3−Dプリンタ-を利用して護身用の竹光の刀を作りました。


Hiramatsu contacted the elevator maker to try to get them repaired, but the needed parts were out of stock and replacing the entire control panel would cost more than \300,000. She tried to repair them with plastic clay bought at a \100 shop, but was unsuccessful. She was stymied until she found the 3-D printer shop on the Internet.

平松さんは修理のためにエレベーターメーカーに連絡をとりましたが、必要とするパーツは在庫切れで、再生産の費用は30万円以上とのことでした。彼女は100円ショップで求めたプラスチック年度で修理を試みましたが、失敗しました。彼女はインターネットで3−Dプリンターショップを見つけるまでさまよいました。

When Hiramatsu visited the Nakano shop, 35-year-old clerk Tsubasa Nakamura told her, “You can easily create the parts with a 3-D printer.”

平松さんが中野ショップを訪れたとき、店員の35歳の中村ツバサさんが彼女に告げました、「簡単に3-Dプリンタでその部品を作れますよ」と。


After measurements were taken and the data input, the parts were printed out one after another. The total cost was \4,000.

測定、データーがインプット後、その部品は1時間あまりでプリントされました。費用は4千円でした。


“After finishing the repairs, it works perfectly,” said Hiramatsu “I couldn’t believe the problem could be solved so easily.”

「修理完了後、それは完璧に働きました。」と、平松さん、「あの問題がそんなに簡単に解決されるとは、信じられませんでした。」


In August last year, Japan’s first competition for ideas utilizing 3-D printers was held in Tokyo.

昨年8月、3-Dプリンターの応用協議会が東京で開かれました。


Keiko Ichinoki, 45, from Meguro Ward participated in the event with her idea to create custom nipples for baby bottles. A mother’s nipple can be converted into data using a 3-D camera to deal with “nipple confusion,” in which babies dislike using bottles, or refuse to drink milk from their mother when they get too used to bottles.

そのイベントに目黒区からイチノキ・ケイコさん(45才)は赤ちゃんの哺乳瓶の乳首を作るアイデアで参加しました。


Custom nipples can be printed out using a soft rubbery material and attached to bottles for use.

特注の乳首は柔らかいゴムのように弾性がある素材にプリントされ、使うために哺乳瓶に取り付けられます。


Ichinoki is raising three children. “Babies recognize their mother’s nipples by their shape,” she said. “And it occurred to me that if they [artificial nipples] are made in the same shape, babies shouldn’t get confused.”

イチノキさんは三人の子供を育てています。「赤ん坊はお母さんの乳首を形で認識します。」と彼女は述べます。「だから、もし、同じ形の人工乳首が作れたら、赤ん坊たちは困惑しません。」


The winner of the top prize was a project to develop supports for children’s foot development, submitted by Prof. Kazuhiko Yamashita of Tokyo Healthcare University. Deformities in foot bones can be corrected by the use of insoles that improve a person’s gait during childhood. The project aims to produce insoles that fit a child’s feet.

優勝者は東京健康大学教授の山下カズヒコ氏、子供の足の成長をサポートする開発プロジェクトでした。足の骨の歪みは子供時代の歩行を促進するインソールの利用で矯正することができます。このプロジェクトは子供の足にフィットするインソールの開発を目的としています。


The project has attracted \1 million in investment from firms that sponsored the competition, and development to bring the project to fruition is under way.

このプロジェクトは、この協議会のスポンサーから100万円の投資として注目を集め、プロジェクト達成への開発は現在進行中です。


Ichinoki has also received corporate support and is currently searching for a suitable material that is safe for infants.

イチノキ氏は又、企業からの協力を受け、現在、幼児に安全な適合物質を捜査中です。


Some people also use 3-D printers for their hobbies. Seigo Tanaka, a 36-year-old company employee in Nakano Ward, enjoys making cars and buildings out of toy blocks. He wasn’t satisfied just using the finished objects as decorations, and wanted to make them move and light up.

何人かの人達もまた、3Dプリンターを趣味として使っています。中野区の田中セイゴさん(36歳)会社員はおもちゃのブロックのほかの車やビルでイングを作ることを楽しんでいます。彼は最終的なデコレーション使用を楽しんでおり、そして動いたり。ライトアップできrことを望んでいます。


To achieve this, he created original parts to connect the blocks made by toy makers with electronic circuits. He was then able to create objects made out of blocks such as twinkling lighthouses and cars that could move like radio-controlled cars.

これを達成するため、彼はメーカー製のブロックと接続できるオリジナルのパーツを電子回路と共に作り出しています。点滅する灯台や、ラジコンカーのように動く車など、彼はブロック以外の物を作り出すことが可能となっています。


“I’ve created works that are one-of-a-kind,” said a delighted Tanaka. “Why don’t you give it a try and make something?” he asked me. I had trouble thinking of a good idea but decided to make a guard for a bamboo sword, inspired by my hobby of kendo.

「私はひとつの例として、作り出しているだけです。」と田中氏はうれしそうに離します。「なぜ、何かを作ることに挑戦しないんですか?」。良いアイデアで問題思考をもっているかもしれませんが、私は横暴にも良い思いつきと考えて、趣味の剣道で、竹光の刀を護身用につくることを決めてしまいました。


I also decided to imprint my personal motto − “kokkishin” (self-control) − on the guard in kanji. Creating the data was easy, and it only took only about two hours to complete the guard. Even though it’s a simple item, knowing that it was my original design made me happy.

私はまた、自分のモットーである「克己心」(セルフコントロール)の漢字の御守りを印影しようと決めていました。データーを作成するのは簡単でした、そしてその御守りを完成するのにはたったの2時間しかかかりませんでした。単純なアイテムなのに、そのオリジナルデザインは私をとても幸せにしてくれます。


According to Shinjiro Yamada, 66, an adviser for ICTCO, an incorporated association to vitalize industries in Nakano Ward, patents related to 3-D printers are due to expire this year. This will lead to the sale of a variety of new models, he said.

中野区の産業振興協力団体ICTCOのアドバイザー山田シンジロウさん(66歳)によると、3-Dプリンターに関連するパテントは今年期限切れとなります。これは新しい多くのモデルの販売をリードすることでしょう、と彼は述べました。


3-D printers have been abused in the past for illicit purposes such as manufacturing guns, but I realized that there can be many benefits when they are put to proper use.

3-Dプリンターは、銃の製造等、過去の間違った目的のために傷つきましたが、私は良い方向で使用されれば多くの恩恵をもたらすことができると信じています。


Once the technology to combine artificial intelligence with 3-D objects is created, it may be a good idea to create a body double of myself for my wife, who is often upset at me for always being away from home.

かつて、人工知能と連携した3-D物が作られましたが、いつも家から離れたがることでしばしばあたふたしている妻にとって、私自身の二つの体を作ることは良い方法かもしれません。


( From January 20, 2016 Japan News)
posted by としたん at 21:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

9番目の惑星の証拠ポイント

現在の太陽系の惑星は水、金、地、火、木、土、天、海の8個(プラス準惑星の冥王星)です。
これに、未だ証明されていませんが、9番目の惑星があるものと予測されています。
ビックバンを巡る最果ての宇宙の研究もある一方、わが太陽系にも未発見の天体が存在する?
その奥深さにいつも驚かされてしまいます。
科学って、宇宙って、どこまで発展するのでしょうか。


Evidence points to 9th planet in solar system
9番目の惑星の証拠ポイント

9惑星_R.jpg

Courtesy of California Institute of Technology/AP
This artistic rendering provided by California Institute of Technology shows the distant view from Planet Nine back toward the sun.
The Associated PressCAPE CANAVERAL, Fla. (AP) −

カリフォルニア工科大学の好意/AP
カリフォルニア工科大学から提供されたこの芸術的な絵は、惑星9からの遠方の太陽を後方に描いたものです。


The solar system may have a ninth planet after all.

以下のことから、太陽系には9番目の惑星が存在するかもしれません。


This one is 5,000 times bigger than outcast Pluto and billions of miles farther away, say scientists who presented “good evidence” for a long-hypothesized Planet X on Wednesday.

この惑星は、惑星から外れたプルートよりも500倍の大きさで、10億マイル遠く離れていると水曜日、長年にわたる惑星Xの仮説について 「確証の高い証拠」を示したと、科学者が述べました。


The gas giant is thought to be almost as big as its nearest planetary neighbor Neptune, quite possibly with rings and moons. It’s so distant that it would take a mind-blowing 10,000 to 20,000 years to circle the sun.

そのガスの巨人はそれに最も近い海王星とほぼ同じ大きさと考えられており、リングと月が存在していると考えられています。あまりにも遠方にあるため、太陽の周回周期は、想像をはるかに超えた1万年〜2万年と考えられています。


Planet 9, as the pair of California Institute of Technology researchers calls it, hasn’t been spotted yet. They base their prediction on mathematical and computer modeling, and anticipate its discovery via telescope within five years or less.

カリフォルニア技術調査研究所のペアはそれをプラネット9と呼びますが、いまだに見つけられていません。彼らは、それらを数学的に、そしてコンピュータモデルを予測の基礎としており、5年以内に望遠鏡で発見できると考えています。


The two reported their research Wednesday in the Astronomical Journal because they want people to help them look for it.

彼らはそれを探すことを人々に助けてもらうことを望んで水曜日、二人は彼らの調査結果を天文ジャーナルに報告しました。


(From January 21, 2016 Japan News)
posted by としたん at 22:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

昼の宴会、ママ・シニアにとっても、とても便利 ( 20160103 英字新聞より)

昼に飲み会を開くことが拡がりを見せています、子育てがある女性や、シニアを中心に。
May be its spread that open the party at daytime, for women have to raise the children and retired senior.

本来お酒は楽しむためにあるものです。
It is true alcohol is for enjoy the oneself life.

付き合い酒や無理な飲酒は健康によくありません。
Its not good for health that over drinking and duty drinking.

日本人の意識は徐々に変化しているように思われます。
Its seems Japanese peoples thinking is changing.

私もこれはとても良いことだと、考えています。
I think its very good.

英語お勉強も楽しみながら行うことで、身に付き、継続することができます。
For study English, its is very important to enjoy. I can continue that. Then I could study English for long time.

これは、我田引水ですね。
Now I'm saying selfish views,


Daytime drinking parties convenient choice for moms, seniors
昼の宴会、ママ・シニアにとっても、とても便利 


3:05 am,
More and more people are enjoying enkai drinking parties during daytime hours. Changes in the Japanese mind-set toward such gatherings are said to be behind the rise.

ものすごく多くのひとたちが昼間の宴会パーテーイを楽しんでいます。そのような集まりに対する日本人の心の変化が上昇中です。


Bringing children along
お子さま同伴で


In early December, a group of four women held a lunch enkai at the Asagaya branch of seafood izakaya pub chain Hamayaki Taro in Suginami Ward, Tokyo. The start time was 2:30 p.m. One of the women was self-employed Maki Ratel, 38. She brought along her two children.

12月初め、杉並区のシーフード居酒屋チェーンである浜焼き太郎阿佐ヶ谷支店で4人の女性が昼食会を開きました。始まりの時刻は14時30分。その中の一人の女性は自営業を営むラテル真紀さん(38歳)です。彼女は二人の子供をつれていました。


“I want to let myself relax once in a while, but having young children makes it hard to go out at night,” she said.

「私自身、時々リラックスしたいけれど、幼い子供がいることから、夜間外出することは難しいです。」と彼女は言います。


“If it’s at this time of day, I’m able to join,” she added with a look of satisfaction.

「でも、もし昼間だったら参加することは可能です。」と彼女は満足気につけ加えました。


This group of women appeared to be simply enjoying the atmosphere as opposed to just drinking. The menu featured plenty of nonalcoholic drinks, and some of the women were clinking glasses filled with oolong tea or juice.

このグループの女性たちは飲酒ではなく、雰囲気を楽しむことを目標にしています。メニューには豊富な(種類の)ノンアルコール飲料が考慮されており、何人かの女性はウーロン茶やジュースでグラスを鳴らしています。


“For those of us with kids and lots of stuff to haul around, it’s also nice that we can take the train before the evening rush,” Ratel said.

「何人かの子供ずれの仲間とそれを世話する多くのスタッフ、それはあたかも夜のラッシュ前に(空いた)電車に乗てしまうような、幸運なことなのです。」とラテルは述べます。


The Asagaya branch of Hamayaki Taro started taking reservations for daytime enkai about three or four years ago.

浜焼き太郎の阿佐ヶ谷支店は、4〜5年前から日中の宴会のために予約を取り始めました。


“We got more calls than expected,” said one of the staff. “It was quite a surprise.”

「予想以上に電話(予約)を頂いております。」とスタッフの一人は言います。「とても驚いています。」


Nowadays, there are two or three reservations for daytime enkai every week.

現在、週に2〜3件の日中の宴会の予約があります。


Reunion parties for retirees
退職者のための同窓会パーテイ−


Retired seniors taking advantage of the system are also drawing attention.
このシステムに対し有利な退職者のシニアーの人々にとってもこのシステムは魅力的です。


“Many are using them for class reunion parties,” said a spokesperson for Hokkaido, another izakaya chain. “They seem to be popular because seniors can join them without disrupting their daily routines, such as bedtime.”

「多くの人々はクラスの同窓会に使用しています。」と、他の北海道居酒屋チェーンの代表者は述べます。「シニアーの人たちは、夜よりも昼間のほうが、日常の仕事に影響なく参加できるようです。」


In 2015, Hokkaido’s daytime enkai earnings were up 40 percent to 50 percent, compared to a year earlier.

2015年、北海道での日中の宴会は、前年比4〜5割り増しの利益が上がってています。


Companies are also jumping on the daytime enkai bandwagon. In order to make participation easier for its employees working night shifts and female employees raising children, the Rihga Royal Hotel Tokyo holds its annual welcome, farewell and year-end enkai during the day.

企業もまたこの日中の宴会ブームに乗り気です。夜勤のある勤務や子育てのある女性等の働き手に対し、リガ・ロイヤルホテル東京では新人歓迎会・送別会そして年末の忘年会を日中に企画しました。


Restaurants are discovering business opportunities within the growing needs of consumers. Last summer, Bar Mar Espana Ginza shifted its opening time forward from 5:00 p.m. to 2:00 p.m. In November, the establishment also started offering a \3,000 course (excluding tax) that includes an all-you-can-drink plan. The restaurant has come up with several offerings on its menu for suitable midday food and drinks, such as smaller servings of paella and salad.

レストラン側はこの増える需要で、新ビジネスの場所を発見しました。昨年夏、バー・マー・エスパナ銀座では、開店時刻を午後5時から午後2時に変更してみました。11月、ドリンクバー付で3000円(税込み)コースの提供を開始しました。このレストランは日中のフード&ドリンクで少量のパエラとサラダなど、親しみやすいいくつかのメニューを準備しています。


Price is right
お値段は手頃


Tokyo-based Gurunavi, Inc., which runs a restaurant search website, has started a site featuring restaurants that offer daytime enkai. According to Gurunavi, the number of restaurants with daytime enkai courses has shot up about 25 percent compared to roughly two years ago. With unlimited drinking plans added to the regular lunch menu, Gurunavi said one reason daytime enkai are increasingly popular is that the courses are priced less than for enkai at night.
東京を基地とするグルナビ(株)はレストラント−サーチのホームページを立ち上げていますが、レストランの日中の宴会コースを掲載し始めました。グルナビによると、飲み放題を加えたランチメニューは、夜間の宴会に比べても割安であることから人気を博し、日中の宴会は2年前に比べて約25%も急増したとのことです。

Masahiro Inagaki, director of Recruit Lifestyle Hot Pepper Gourmet Research Center, speculates that the diversification of working styles, as well as the fact that more people are working outside traditional daytime hours, are behind this trend.

リクルート・ライフスタイル・ホットペッパー・グルメのディレクターである稲垣マサヒロさんは、多くの人々伝統的な昼間の時間以外で働いているという事実と同様に、働く姿の多様化が、このトレンドの背景にあるのではないか、と考えます。

“There’s a greater emphasis on maintaining balance between life and work, and quite a few people feel burdened by joining enkai at night,” he said.

生活と労働のバランス維持の欲求の強まりと、相当数の人々が夜の宴会を重荷と考えるようになったことが、強くあるようです。」


Inagaki offered this analysis: “As awareness has spread of the Western custom of daytime drinking, it probably makes [Japanese people] have less resistance to it.”

稲垣氏はこのような分析を提供します、「昼間飲酒の西洋文化の拡がりから気付かせられることは、日本人はほとんどそのことに違和感を感じていない、ということです。」と。


Those bringing children to daytime enkai should enjoy themselves in moderation and be careful not to drink too much or allow accidental ingestion of alcohol by children. 

これらの昼間の宴会に子供を連れて行くことでは、適度に楽しむということと、飲みすぎまたは、子供がお酒を飲んだりすることにないよう、注意するということです。


(From January 03, 2016 Japan News)
posted by としたん at 12:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

ハイテクカーのための安い保険 (20151231 英字新聞より)

自動ブレーキにより事故が減っています。
Form high tech automated car break, the the number of accident is reduced

その恩恵で自動車保険の掛け金が減額されるとのこと。
By its goodness, the premium of car insurance will be reduced.

これはすばらしいことです。
It is the very wonderful thing.

2020年を目標とした、完全自動運転車が登場すると、それによる人身事故がゼロになる!
If full automatic driving car will be completed, the number of human death by car accident will becoming zero!

そんな夢の未来がひらけます。
These dream world will be come.

このことは、高齢化対策にも大いに寄与することでしょう。
I think these story will be good effect against the aging society.

Cheaper insurance for high-tech cars
ハイテクカーのための安い保険


Nonlife insurance companies have decided to discount premiums on insurance policies for cars with advanced safety devices by an average of 10 percent starting in January 2017, according to sources.

損害保険会社は、2017年1月より、進んだ安全装置搭載車に対し、平均10%の割引き特典を与えることを決めましました。


The aim is to promote sales of new cars and prevent traffic accidents, observers said.

その目的は、新しい車の販売促進と事故防止であると評論家は述べています。


The nonlife insurance industry, the Japan Automobile Manufacturers Association (JAMA) and the Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry are set to start discussing the discount rates in early January in accordance with the safety performance of different models of cars, according to the sources. It will be the first time for nonlife insurers to discount premium payments in connection with cars’ safety functions since they did so in November 2001 for vehicles with an “immobilizer” anti-theft device.

情報筋によると、損害保険会社、日本自動車工業会(JAMA)および、国土交通省は1月早々より、異なったモデルの安全パフォーマンスにの割引率について討議を開始しました。2001年11月に「イモビライザー」という盗難防止機器を持つ車に対して行って以来、損害命保険会社が車の安全機能に関連する支払いについて割引特典をつなげることははじめてのことなります。


Vehicles equipped with advanced safety features such as an automated brake system are called advanced safety vehicles (ASV). For example, Fuji Heavy Industries Ltd. has developed the EyeSight collision avoidance system, which uses two cameras mounted inside the windshield to detect other cars and obstacles ahead and make the car avoid collisions. Automakers also have realized practical use of “lane-keeping assist” technology to stop cars from accidentally drifting out of their traffic lanes, as well as a function to maintain a certain distance from the car ahead by adjusting a vehicle’s speed.

自動ブレーキシステム等の進んだな安全機能装備車は先進安全自動車(ASV)と呼ばれています。例として富士重工(株)は、ウインドシールド内に2個のカメラを設置し、前方の他の車や障害物を検出し車の衝突を避けるアイサイト衝突防止システムを開発しました。自動車メーカーは又、車が車線内を危険な蛇行から停止させる「車線保持アシスト」技術と同様、前の車との距離を維持するため速度を調整する機能の実用性を認めています


The General Insurance Rating Organization of Japan (see below), comprised of nonlife insurance companies, has studied past accidents involving ASV and the insurance payouts for such cases. The organization has also verified how safety devices can prevent accidents.

損保会社で構成する損害保険料率算出機構は、ASVが巻き込まれた過去の事故と、そのケースでの保険額の支払いを研究ました。同機構は又、どれくらいそれらの機器が事故を防げるかについて検証しました。


Accordingly, the insurers decided to lower the “reference loss cost rates,” a yardstick for deciding insurance premiums. Each insurer is to decide its own premiums in accordance with the reference rates, the sources said.

それにより、保険会社は保険料を決めるための柱である「基準損害料率」を下げることに決めました。情報筋によると、各保険会社は自分の保険料を基準料率で決めるとのことです。


The annual insurance premium for a car is about \65,000 on average. Currently, nonlife insurers offer an about 10 percent discount to customers who have bought new cars and an about 3 percent discount to those who purchased eco-friendly cars. People with a gold driver’s license, which is given to drivers who have not been involved in an accident or committed a traffic violation for a long time, get a discount of about 12 percent.

車の年間保険料の平均金額は6万5千円です。従来、損害保険会社は新車購入者に対して約10%の割引きを、エコフレンドリーな車にはさらに3%の割引きを行っています。長期間無事故・無違反のドライバー(ゴールド免許保持者)は12%の割引きを得ています。


With the 10 percent discount for ASV, insurance premiums will be reduced to about \58,500 annually on average. However, the specific discount may be more or less than 10 percent, depending on the performance of safety devices. JAMA and the ministry are to discuss the standard rate for each device.

ASVの10%割引きで保険料は1年平均で58,500円となります。しかしながら、特別割引き率は安全装置の機能によりますが、10%以下にしかなりません。 JAMAと国土交通省は各装置毎の基準レートを検討しています。


Combined with other discounts, the overall reduction will increase. However, discounts for installing certain devices will likely be abolished in the future when those devices spread and become commonly used, the observers said.

他の割引きと組み合わせることで、総合的な割引は増えます。しかしながら、特別な装置搭載による割引きは、それらの装置が普及・一般化することで将来的には廃止されていくだろう、と評論家は述べています。


According to the ministry, there were about 1.8 million cars with an automated brake system in 2014. Fuji Chimera Research Institute Inc. estimates that the overall market for safety devices will swell from \72 billion in 2014 to \220 billion in 2025.

同省によると、自動ブレーキ搭載車数は2014年で約180万台であるとのことです。富士キメラ総研は、安全装置に関する総合的な市場規模は、2014年の720億円から2025年の2200億円になるだろうと予測しています。



■ The General Insurance Rating Organization of Japan
  損害保険料率算出機構


Calculates “reference loss cost rates” for nonlife car and fire insurance policies, based on data on past insurance payouts by nonlife insurers, and the future risk of accidents and disasters. The organization is headquartered in Shinjuku Ward, Tokyo.

「自動車損害と火災保険の方針」は過去の保険金の支払い額と将来の事故と災害の予測を基礎として計算されます。その団体の本部は東京都新宿区にあります。


(From December 31, 2015 Daily Yomiuri)
posted by としたん at 12:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

ミニマリスト、何も無い生活を探求(20151209 英字新聞より)

所有物を最小限に減らした生活者「ミニマリスト」が注目を浴びています。

「一年以上使わなかった物は捨ててかまわない。」という「断捨離」という言葉もよく聞きます。
私も、その姿を追い求めていますが、なかなか難しいです。

でも、「断捨離」で物に依存しない生活は、精神上、健康上ものすごく価値があるものと思われます。

今回はそんな「ミニマリスト」のお話です。


Minimalists ditch ownership for bare-bones life
ミニマリスト、何も無い生活を探求

The term “minimalist,” which describes people who reduce the material possessions in their lives to a minimum, has recently attracted a lot of attention. It was even shortlisted for this year’s prize for new and fashionable words. At the same time that ways of expressing oneself without relying on objects have spread, the proliferation of smartphones and sharing services has added impetus to the trend of “living without owning.”

用語「ミニマリスト」は、生活上の所有物を減らした人々を説明し、最近多くの注目を浴びています。それは新・ファッショナブルな言葉として今年、賞を得ました。同時に物なしで自信を表現することは拡大しており、スマートフォンやシェアサービスの拡がりがこの「所有なしの生活」に拍車をかけています。


A single-room Osaka apartment where a 30-year-old male company worker lives alone is as bare as it was before he moved in. A mattress, lying on a floor roughly seven tatami mats in size (about 23 square meters), serves as both a sofa and a bed. There is no other furniture or television. It reflects the title of the blog that he runs, “A minimalist who doesn’t own things.”

大阪のアパートのワンフロアに住む30歳の会社員は引っ越す前は裸同然でした。約7畳(約23平米)の部屋の一枚のマットレスは、ソファとベッドの両方の役割を果たします。その他の家具またはテレビが全く存在しません。それは彼のブログ「物をもたない、あるミニマリスト」のタイトルを反映しています。


In his student days, the man lived surrounded by many possessions. However, when he saw how much one of his friends was suffering after failing to enter a major company, he felt that something was wrong. “It must be possible to enjoy life without depending on brands or material objects,” he thought, and decided to cut down on his possessions.

学生時代、その男性は多くの物に囲まれて生活していました。しかしながら、友人のメジャーな会社への就職・失敗し、苦しんでいるのを見て何か感じるところがありました。「ブランドや物質に頼ることなしに生活を楽しむことは可能なはずである。」と考えてものを減らすことに決めました。


Once he rid himself of the desire to be well thought of by others through his possessions, the clothes, books, pictures and ornaments in his room began to decrease almost spontaneously. He got rid of his bed, too, because it is “a nuisance when cleaning.” He now reads digital books, and wears only about 10 different outfits throughout the year. His cooking equipment consists of one pot.

かつて欲望にまかせ、良かれと思って欲した部屋の衣類、本、絵そして装飾品の殆どが自然に減りはじめた。彼はベッドでさへも取り除きました、「クリーニングに出すのが面倒」という理由で。彼は現在デジタルブックを読み、一年を10種類のほんの10の種の外出着で過ごしています。


“I can spend my time on activities I like, without being bothered by cleaning or organizing my possessions. I’ve met other people who think in the same way through my blog,” he said with satisfaction.

「私は自分の時間を掃除や所有物に関わることなく、好きなようにすごしています。私はマイブログを通して同じ考えの人たちと合っています。」と彼は満足感と共に話してくれました。


Blogs spread philosophy
ブログによる理念の拡張

The minimalist philosophy of living with as few possessions as possible has gradually gained visibility over the past two or three years. The blog portal Nihon Blog Mura (Japan blog village) added a “minimalist” category in June last year. There are reportedly more than 700 related blogs on the site now.

可能な限り少ない所有物で生活するというミニマリストの理念は、ここ2〜3年の間に、目に見えて賛同を得てきています。ブログのポータルサイト「日本ブログ村」は昨年6月、「ミニマリスト」のカテゴリーを追加しました。そこには現在、700を超える関連ブログが存在しています。


According to Fumio Sasaki, who put the minimalist lifestyle into practice and wrote about his story in “Bokutachi ni mou mono wa hitsuyou nai ” (We don’t need things any more), the term was first used in the realms of politics and the arts to mean those who believed in the ideal of reducing everything to a bare minimum. In 2010, two Americans calling themselves “The Minimalists” began sharing their attempts to cut down on possessions on their website, and the movement spread to Japan.

ミニマリストのライフスタイルで生活している佐々木フミオさんは、彼のストーリーを、全てを減らした最小限が理想と信じる人々の政治と芸術で初めて使用されたフレーズ、「僕たちにもう物は必要ない」で書いています。2010年、2人のアメリカ人は彼ら自信を「ザ・ミニマリスト」と呼び、物を減らした彼らの試みをホームページでシェアし始め、その動きが日本で拡がりました。


The background to its acceptance lies in the clean-up craze that began about 15 years ago. During these years, various ways to clean up by getting rid of possessions were proposed, such as the “danshari” method.

そのバックグランドはクリーンナップ-クレーズとして約15年前に存在します。そのころ、所有物を整理する多様な方法、断捨離」メソッドで提案されています。


“Technologies and services allowing us to live without possessions increased rapidly over the last few years, making it easier to reduce what we own,” Sasaki added.

「物を持たないで生活することを助ける技術とサービスはここ数年で、急速に拡がりましたが、持つものを減らすことは簡単です。」と佐々木さんは付け加えます。


A single smartphone combines the functions of camera, watch, TV, music player and more. Items that are only used once in a while can be supplied by rental or sharing services.

一つのスマートフォンは、カメラ、時計、テレビ、音楽プレーヤーや、もっと多くのものを統合しています。それらの中からひとつの機能をもつアイテムはレンタルやシェアリングサービスで提供されています。


One 38-year-old homemaker in Sagamihara, Kanagawa Prefecture, is maintaining a minimalist life with her family. She had already been aiming to live a simpler life, and having been struck by a minimalist blog she read last autumn, she began to get rid of possessions at a faster pace.

神奈川県相模原の、ある38歳のホームメーカーさんは彼女の家族と共にミニマリストの生活を維持しています。彼女はすでにシンプルライフを目指していましたが、昨秋読んだミニマリストブログに衝撃を受け、より速いペースで所有物を減らし始めました。


“I decorated my rooms with small items so that my friends would complement me on how pretty they were,” she said. “But after I got rid of them, cleaning became much easier, and I felt less burdened.”

「私は友人がとても可愛いと言って褒めてくれるほど、私の部屋を少ないアイテムで飾りました。と彼女は述べました。「しかし、その後、掃除がとても容易になり、楽になりました。」


Following her example, her husband and children also began ridding themselves of possessions. Her eldest daughter, a fourth-year primary school student, has just a desk in the corner of her room. She expresses no desire for clothes, wearing two pairs of jeans of the same design on alternate days.

彼女の例に習って、さらに夫と子供達が彼らの持ち物を捨て始めました。小学4年の長女は机を彼女の部屋の隅に寄せました。彼女は隔日で、同じデザインの2ペアのジーンズ以外は要らないと表明します。


However, there are some minimalists who become so attached to the principle of reducing material possessions that they even discard essential items. The Osaka man once got rid of his refrigerator and washing machine, but ended up buying new ones. Making one’s life less convenient is mistaking the means for the end.

しかしながら、物質の所有物を減らすという原則から、必須のアイテムでさへ捨ててしまう何人かのミニマリストが存在します。冷蔵庫と洗濯機を捨てた大阪の男性は、最終的に新しいものを買ってしまいました。生活を犠牲にした利便性は、間違いで終了を迎えます。


“Consumers have begun to reconsider the very meaning of owning things,” said Masanobu Sugatsuke, an author and editor who published his book “Butsuyoku naki sekai” (A world without greed) in November, explaining the spread of minimalism. “In the past, the clothes, car or house that one owned were ways to express oneself. But now, through social networking services, anyone can publicize their opinions. There is no longer any need to flaunt one’s appearance or possessions.”

「消費者は所持するという意味を、真剣にあらたに考え始めます。」と、「物欲なき世界」の著者スガツケマサノブさんは11月、ミニマリストの拡がりの説明で述べました。過去において、個人が衣類、車、または家を持つことは自己表現の方法でした。しかし現在、ソーシャルネットワーキングサービスを通して、誰でも意見を公開することが可能です。個人の外観または持ち物を見せびらかすことの必要性は現在では意味を成さないのです。


(From December 09, 2015)
posted by としたん at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。