2016年01月05日

今年もニューイヤーパーテイに参加しました。

(英語で日記をつけてみています。
 英語日記をつけることは英語力アップにつながる、とある本で読んだからです。
 書くだけでなく、何度も音読することもヒアリングアップのために良いそうです。
 英語で日記を書きはじめてから、自分の表現力、文法力の無さに驚かされる日々です。
 でも、試行錯誤で、時にはネット翻訳も使ってみたりして、結構楽しいです
 ブロークンイングリッシュのオンパレードです。
 お笑いください。)

Its the contest day called New Years party for Japanese amateur radio station.
Period of the contest is from 2'nd to 3'rd January.
I participated in the contest.
The participation condition of the contest is to communicate over 20 amateur radio station and exchange message "Happy New Year".
If you achieved the condition, you can get a sticker from JARL.
The sticker is designed of by zodiac its year.
And if you collect all 12 stickler, its become proof of complete.
Past consecutive 20 years, I had been participated. And there were A lot of memories.
So one time I completed to collect all zodiac.
Now its in the second challenge.
This year, I contacted over 20 to radio station too.
Remaining conduct is request this year's sticker monkey to JARL.

1月2日〜1月3日はアマチュア無線のニューイヤーパーテイの日だった。
私もそれに参加しました。
内容は、20局以上の局と交信し、ハッピーニューイヤー(あけおめ)のメッセージを交換すること。
達成するとJARLより、証明のその年の干支のステッカーがもらえます。
12枚のステッカーを集めて完全達成となります。
自分も過去20年近く、毎年参加しています。
そして一度完全達成を完成していますが、そこには、いろんな思い出がつまっています。
今は2度目の完全達成に挑戦中です。
そして、今年も20局以上の局との交信を行っいました。
後はJARLに証明ステッカーの申請をするのみです。


(上記の文章を自力で英訳して見ました。)
posted by としたん at 06:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アマチュア無線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

エリートバイクユニット、若者を見守ることで、和歌山で無謀な運転、非行が減少 ( 20151220 英字新聞より)

最近は大分少なくなりましたが、無謀な運転を行う若者は存在しています。
Nowadays its becoming few that reckless driving by young people.
But its not zero today about these driving.

やはり、若年者は善悪の判断が出来難いくいものです。
Tendency its not so easy for young people to judge good and bad.

今回はそんな若者と共通の話題等で会話し、犯罪を防いでいるあるオートバイユニットのお話です。
This time its the story about the bike unit called Kurohyo, they do communication to
these young people through the common subject of the motorcycle.
They try to pull these young people from bad conduct,


Elite motorcycle unit watches over youth / Reckless driving, delinquency curbed in Wakayama
エリートバイクユニット、若者を見守るこで、和歌山で無謀な運転、非行が減少


In the early 2000s, many prefectural police departments started special motorcycle units to crack down on motorcycle gangs. One of the very first − the Kurohyo (Black panthers) − was created by the traffic enforcement division of the Wakayama prefectural police department.

2000年始め、多くの県警がバイクのギャングを取り締まるため、スペシャルバイクユニットを立ち上げました。とても早い時期のひとつである黒豹(ブラックパンサーズ)が和歌山県警部門の交通取り締まり部門で創設されました。


Some prefectural police have disbanded their special motorcycle units in recent years due to the declining number of motorcycle gangs. However, Wakayama’s Kurohyo have added the prevention of juvenile delinquency to their patrol and pursuit duties, providing young people with guidance to turn them away from gangs. Their efforts continue to be successful.

近年、オートバイギャングが減ったことで、いくつかの県警がスペシャルバイクユニットを解散させました。すかしながら、和歌山の黒豹は彼らのパトロールを未成年の非行防止として、追跡義務に追加し、若者の指導提供で彼らのギャング化を防いでいます。彼らの努力は成功裏に続いています。

Their exact number remains confidential, but the Kurohyo are former motorcycle patrol officers who undergo further training and are recruited for their outstanding riding skills. They ride large black motorcycles capable of quick acceleration. Teaming up with the Silver Tigers, who ride medium-size motorcycles with a smaller turning radius, they pursue motorcycle gangs wherever they encounter them.

彼らの正確な数は秘密のままですが、黒豹は前オートバイパトロール職員であり、彼らの特異なライデイングスキルのためより高度な訓練が求められています。彼らは急加速が可能な大型の黒いオートバイに乗りこなしています。急旋回が可能な中型のオートバイのシルバータイガーと連携し、いつどんなときでもオートバイギャングを追跡します。


When going after the gangs, it is important for the officers to ensure their own safety and the safety of the motorcyclists they’re after. At a training facility in Wakayama city, the Kurohyo develop formations that safely and effectively counter speeding violations among gangs.

ギャング追跡時、大事なことは彼ら自身の安全と、追跡中のターゲットの安全を保障するです。和歌山市の訓練施設で、黒豹部隊はギャング追跡中のスピード違反と安全対策へのフォーメーションを開発しました。


The Kurohyo unit was formed in 2002, when it was common to see teenagers running wild on motorcycles and souped-up cars on city streets. Since then, gang membership numbers have been declining due to the falling birthrate and other factors.

2002年に黒豹部隊が編成されたとき、10代のオートバイ暴走とパワーアップした車をみることは、日常茶飯事であった。それ以後、出生率の減少と他のファクターにより、ギャングの構成員数は減少しました。


The Kurohyo are well known to the young people of Wakayama Prefecture. One said: “If we ride like motorcycle gangs and the Kurohyo happen to spot us, there’s no way of escaping.”

和歌山県の若者の間で、黒豹は良く知られています。ある一人は言います、「もし我々がオートバイ・ギャングのように乗りこなすと、黒豹にすぐに我々に目をつけられ、絶対に逃げ切ることはできません。」


Year after year, the Kurohyo have been instilling awe among young people. The seven large motorcycle gangs that operated in the prefecture in 2002 have all been driven to disband. The ones left are mostly small groups that engage in guerrilla-like outings.

年を追うごとに、黒豹は若者の間で恐れられていきました。7台の大型オートバイギャング達は2002年に解散に追い込まれました。そのときの一人は寄り小さなゲリラ風の小さなグループに変化しました。


Emergency calls to the police concerning motorcycle gang activity once numbered more than 1,000 annually. In 2014, calls dropped to 430.

オートバイギャング活動に関する緊急呼び出しはかつて年間に1000件以上ありましたが2014年には同呼び出しは430件に減少しました。


Even so, the Kurohyo unit has not let up on its street patrols. Their continued presence on the streets discourages reckless driving. They also meet and have long chats with teenagers during their patrols, helping to prevent juvenile delinquency.

そうであっても、黒豹ユニットは道路パトロールを止めませんでした。彼らの道路での存在の継続が無謀な運転車を意気消沈させました。未成年の非行を防ぐため、彼ら(黒豹ユニット)はパトロール中10代と長い時間、会話を行いました。


If an officer comes across shady vehicles parked at a convenience store or supermarket late at night, he will try to approach in a friendly way. He might start conversationally − “This ride looks nice; you’re taking good care of it?” − but then add a little warning: “But driving this on public roads is illegal, you know.”

もし、コンビニエンスルトアやスーパーマーケットに不振な乗り物が合った場合、彼(警官)は、優しく近づくことを試みます。彼は言葉で、「このマシンはすばらしい、君が面倒を見ているの?」そして、警告を付け加えます、「しかし、これで公道を走ると違反だよ、知ってる?」と。


Sometimes the officer and youths get into a lively conversation over their common interest in motorcycles. After getting to know each other, teens often take the initiative and greet the officer with “Good evening” when they see him again. The officer might tell them, “It’s late, so go home already,” and patiently watch until the teens head home.

時には、彼(警官)と若者はオートバイという共通の話題から親密に話し込んでしまうこともあります。互いに知り合って後、10代はしばしば再開したときに自分から「こんばんは」とあいさつをしたりします。その警官は「もう遅いから、家に帰りな。」と諭し、辛抱強く彼らが家に向かうことを見守ります。


It is rare nowadays for motorcycle gangs to make outward shows of solidarity. Instead, they use free smartphone apps like LINE to gather members on the fly for street outings. And they cleverly use smartphones to exchange information on police activities even while they’re on the road. Given the circumstances, directly engaging young people and listening to what they have to say can help prevent malicious and reckless driving.

今日、オートバイギャング達が集団状態を外で見せ付けることは稀です。代わりに彼らは郊外の公道で暴れる場合、フリーのスマホアプリを使います。そして、彼らは道路上にいる間でさへ、警察の活動情報をスマホで交換します。そんな環境から、直接若者と接触し、彼らの言いたいことを聞くことは、無謀な、非行に走る運転を防止することに効の一助に成り得ます。


The head of the Kurohyo unit says: “It’s important to establish everyday trust with young people. Rather than seeing them as targets of wrongdoing, we want them to stop their dangerous behavior. When we establish a solid rapport with them, they can understand this. When we hear about a kid that has recovered from his mistake and is leading a fruitful life, it makes us happy.”

黒豹ユニットの長は述べます、「若者との信頼を築くことはとても重要です。彼ら悪行のターゲットとして見るよりも、彼らの危険な行為を(事前に)防止したいのです。 私たちが子供たちから聞くことで彼らを間違いから回帰させ、実り多い生活へと導ければ、とても幸せです。」


Group arrest
グループ逮捕

On Nov. 24, the police announced that they had arrested nine young people aged 16 to 17 for reckless group driving late at night in September. They teens were charged with violating the traffic law.

11月24日、警察は、9月末に16才〜17才の9人の無謀な若者のグループを逮捕したと発表しました。彼ら10代は道路交通法違反でした。


The announcement explained that on Sept. 6, at about 1:10 a.m., the nine young people, riding on three motorcycles and two scooters in Wakayama city along National Highway Route 42 and other roads, zigzagged back and forth across the entire width of the road for about 30 minutes. They also ignored stoplights. Six of the teens were high school students.

その発表では、9月6日午前1時10分、9人は3台のオートバイと2台のスクーターに乗り、和歌山市の国道42号線と他の道路をほぼ道路幅一杯を約30分ジグザグ走行しました。彼らは又、赤信号を無視しました。その10代の6人は高校生でした。


The report was based on information gathered by the Kurohyo unit during their routine patrols.

このレポートは、巡回パトロール中の黒豹ユニット収集の情報によるものです。


(From December 20, 2015 Japan News)
posted by としたん at 21:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

2015 November 27th 2015

(英語で日記をつけてみています。
 英語日記をつけることは英語力アップにつながる、とある本で読んだからです。
 書くだけでなく、何度も音読することもヒアリングアップのために良いそうです。
 英語で日記を書きはじめてから、自分の表現力、文法力の無さに驚かされる日々です。
 でも、試行錯誤で、時にはネット翻訳も使ってみたりして、結構楽しいです。
 お笑いください。)

Its continued clear sky without yesterday.
Yesterday was rainy day.
Today I drove my car with my daughter and pet dog Nana.
The destination was hospital and Rouson the convenience store.
We enjoyed coffee and doughnuts at the store.

12月27日
昨日の雨をはさんで、やはり晴天が続いています。
今日は長女とナナと一緒にドライブしました。
行った先は病院とローソン。
コーヒーとドーナッツを食べました。
posted by としたん at 19:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

ミニマリスト、何も無い生活を探求(20151209 英字新聞より)

所有物を最小限に減らした生活者「ミニマリスト」が注目を浴びています。

「一年以上使わなかった物は捨ててかまわない。」という「断捨離」という言葉もよく聞きます。
私も、その姿を追い求めていますが、なかなか難しいです。

でも、「断捨離」で物に依存しない生活は、精神上、健康上ものすごく価値があるものと思われます。

今回はそんな「ミニマリスト」のお話です。


Minimalists ditch ownership for bare-bones life
ミニマリスト、何も無い生活を探求

The term “minimalist,” which describes people who reduce the material possessions in their lives to a minimum, has recently attracted a lot of attention. It was even shortlisted for this year’s prize for new and fashionable words. At the same time that ways of expressing oneself without relying on objects have spread, the proliferation of smartphones and sharing services has added impetus to the trend of “living without owning.”

用語「ミニマリスト」は、生活上の所有物を減らした人々を説明し、最近多くの注目を浴びています。それは新・ファッショナブルな言葉として今年、賞を得ました。同時に物なしで自信を表現することは拡大しており、スマートフォンやシェアサービスの拡がりがこの「所有なしの生活」に拍車をかけています。


A single-room Osaka apartment where a 30-year-old male company worker lives alone is as bare as it was before he moved in. A mattress, lying on a floor roughly seven tatami mats in size (about 23 square meters), serves as both a sofa and a bed. There is no other furniture or television. It reflects the title of the blog that he runs, “A minimalist who doesn’t own things.”

大阪のアパートのワンフロアに住む30歳の会社員は引っ越す前は裸同然でした。約7畳(約23平米)の部屋の一枚のマットレスは、ソファとベッドの両方の役割を果たします。その他の家具またはテレビが全く存在しません。それは彼のブログ「物をもたない、あるミニマリスト」のタイトルを反映しています。


In his student days, the man lived surrounded by many possessions. However, when he saw how much one of his friends was suffering after failing to enter a major company, he felt that something was wrong. “It must be possible to enjoy life without depending on brands or material objects,” he thought, and decided to cut down on his possessions.

学生時代、その男性は多くの物に囲まれて生活していました。しかしながら、友人のメジャーな会社への就職・失敗し、苦しんでいるのを見て何か感じるところがありました。「ブランドや物質に頼ることなしに生活を楽しむことは可能なはずである。」と考えてものを減らすことに決めました。


Once he rid himself of the desire to be well thought of by others through his possessions, the clothes, books, pictures and ornaments in his room began to decrease almost spontaneously. He got rid of his bed, too, because it is “a nuisance when cleaning.” He now reads digital books, and wears only about 10 different outfits throughout the year. His cooking equipment consists of one pot.

かつて欲望にまかせ、良かれと思って欲した部屋の衣類、本、絵そして装飾品の殆どが自然に減りはじめた。彼はベッドでさへも取り除きました、「クリーニングに出すのが面倒」という理由で。彼は現在デジタルブックを読み、一年を10種類のほんの10の種の外出着で過ごしています。


“I can spend my time on activities I like, without being bothered by cleaning or organizing my possessions. I’ve met other people who think in the same way through my blog,” he said with satisfaction.

「私は自分の時間を掃除や所有物に関わることなく、好きなようにすごしています。私はマイブログを通して同じ考えの人たちと合っています。」と彼は満足感と共に話してくれました。


Blogs spread philosophy
ブログによる理念の拡張

The minimalist philosophy of living with as few possessions as possible has gradually gained visibility over the past two or three years. The blog portal Nihon Blog Mura (Japan blog village) added a “minimalist” category in June last year. There are reportedly more than 700 related blogs on the site now.

可能な限り少ない所有物で生活するというミニマリストの理念は、ここ2〜3年の間に、目に見えて賛同を得てきています。ブログのポータルサイト「日本ブログ村」は昨年6月、「ミニマリスト」のカテゴリーを追加しました。そこには現在、700を超える関連ブログが存在しています。


According to Fumio Sasaki, who put the minimalist lifestyle into practice and wrote about his story in “Bokutachi ni mou mono wa hitsuyou nai ” (We don’t need things any more), the term was first used in the realms of politics and the arts to mean those who believed in the ideal of reducing everything to a bare minimum. In 2010, two Americans calling themselves “The Minimalists” began sharing their attempts to cut down on possessions on their website, and the movement spread to Japan.

ミニマリストのライフスタイルで生活している佐々木フミオさんは、彼のストーリーを、全てを減らした最小限が理想と信じる人々の政治と芸術で初めて使用されたフレーズ、「僕たちにもう物は必要ない」で書いています。2010年、2人のアメリカ人は彼ら自信を「ザ・ミニマリスト」と呼び、物を減らした彼らの試みをホームページでシェアし始め、その動きが日本で拡がりました。


The background to its acceptance lies in the clean-up craze that began about 15 years ago. During these years, various ways to clean up by getting rid of possessions were proposed, such as the “danshari” method.

そのバックグランドはクリーンナップ-クレーズとして約15年前に存在します。そのころ、所有物を整理する多様な方法、断捨離」メソッドで提案されています。


“Technologies and services allowing us to live without possessions increased rapidly over the last few years, making it easier to reduce what we own,” Sasaki added.

「物を持たないで生活することを助ける技術とサービスはここ数年で、急速に拡がりましたが、持つものを減らすことは簡単です。」と佐々木さんは付け加えます。


A single smartphone combines the functions of camera, watch, TV, music player and more. Items that are only used once in a while can be supplied by rental or sharing services.

一つのスマートフォンは、カメラ、時計、テレビ、音楽プレーヤーや、もっと多くのものを統合しています。それらの中からひとつの機能をもつアイテムはレンタルやシェアリングサービスで提供されています。


One 38-year-old homemaker in Sagamihara, Kanagawa Prefecture, is maintaining a minimalist life with her family. She had already been aiming to live a simpler life, and having been struck by a minimalist blog she read last autumn, she began to get rid of possessions at a faster pace.

神奈川県相模原の、ある38歳のホームメーカーさんは彼女の家族と共にミニマリストの生活を維持しています。彼女はすでにシンプルライフを目指していましたが、昨秋読んだミニマリストブログに衝撃を受け、より速いペースで所有物を減らし始めました。


“I decorated my rooms with small items so that my friends would complement me on how pretty they were,” she said. “But after I got rid of them, cleaning became much easier, and I felt less burdened.”

「私は友人がとても可愛いと言って褒めてくれるほど、私の部屋を少ないアイテムで飾りました。と彼女は述べました。「しかし、その後、掃除がとても容易になり、楽になりました。」


Following her example, her husband and children also began ridding themselves of possessions. Her eldest daughter, a fourth-year primary school student, has just a desk in the corner of her room. She expresses no desire for clothes, wearing two pairs of jeans of the same design on alternate days.

彼女の例に習って、さらに夫と子供達が彼らの持ち物を捨て始めました。小学4年の長女は机を彼女の部屋の隅に寄せました。彼女は隔日で、同じデザインの2ペアのジーンズ以外は要らないと表明します。


However, there are some minimalists who become so attached to the principle of reducing material possessions that they even discard essential items. The Osaka man once got rid of his refrigerator and washing machine, but ended up buying new ones. Making one’s life less convenient is mistaking the means for the end.

しかしながら、物質の所有物を減らすという原則から、必須のアイテムでさへ捨ててしまう何人かのミニマリストが存在します。冷蔵庫と洗濯機を捨てた大阪の男性は、最終的に新しいものを買ってしまいました。生活を犠牲にした利便性は、間違いで終了を迎えます。


“Consumers have begun to reconsider the very meaning of owning things,” said Masanobu Sugatsuke, an author and editor who published his book “Butsuyoku naki sekai” (A world without greed) in November, explaining the spread of minimalism. “In the past, the clothes, car or house that one owned were ways to express oneself. But now, through social networking services, anyone can publicize their opinions. There is no longer any need to flaunt one’s appearance or possessions.”

「消費者は所持するという意味を、真剣にあらたに考え始めます。」と、「物欲なき世界」の著者スガツケマサノブさんは11月、ミニマリストの拡がりの説明で述べました。過去において、個人が衣類、車、または家を持つことは自己表現の方法でした。しかし現在、ソーシャルネットワーキングサービスを通して、誰でも意見を公開することが可能です。個人の外観または持ち物を見せびらかすことの必要性は現在では意味を成さないのです。


(From December 09, 2015)
posted by としたん at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

September 19 2015

(英語で日記をつけてみています。
 英語日記をつけることは英語力アップにつながる、とある本で読んだからです。
 書くだけでなく、何度も音読することもヒアリングアップのために良いそうです。
 英語で日記を書きはじめてから、自分の表現力、文法力の無さに驚かされる日々です。
 でも、試行錯誤で、時にはネット翻訳も使ってみたりして、結構楽しいです。
 お笑いください。)

---------------------------------------------------------------------------------

Yesterday, my son came back his house, and we had dinner with all my family.
It was good day of my family after a long time.
We enjoy some beer and wine.
When my son arrived T station, I went to the station to meet him. And We went to K shop.
And today, Its fine today too.
Nana was sleeping by me. We surrounded by sun light. Happy and Magnificent.


2015/12/19
昨日、息子が帰省、夕食を共に食べる。久しぶりの家族団らんだった。
ビールとワイン風の飲み物。
そのときT駅に迎えにいき、その足でK店に寄る。
今日も晴天。
ナナが一緒に日なたで寝ている。幸せ、最高。

---------------------------------------------------------------------------------
posted by としたん at 14:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

September 16 2015

(英語で日記をつけてみています。
 英語日記をつけることは英語力アップにつながる、とある本で読んだからです。
 書くだけでなく、何度も音読することもヒアリングアップのために良いそうです。
 英語で日記を書きはじめてから、自分の表現力、文法力の無さに驚かされる日々です。
 でも、試行錯誤で、時にはネット翻訳も使ってみたりして、結構楽しいです。
 お笑いください。)

----------------------------------------------------------------------------------

Recently its continued clear sky and warm temperature.
But at Hokkaido region, at Tohoku region, and along the Sea of Japan coast area, its snowed.
At all Japanese area, there were no snow. A ski area was in trouble by the lack of snow.

When I walking with my pet dog Nana at night, we met dog named Kossn.
We encountered Kossn continuously for 2 days.
The place we met were, at yesterday its front of my House. Today its police station by the Midori-cho intersection.
But Kossn was very cute. She fawned sincerely.
On the other hand, we met toy poodle named Choco.
Its happy day today too.


最近、晴天で暖かい日が続いている。
でも、北海道、東北、日本海側で雪が降ったとのこと。
全国的に雪不足で、特にスキー場は雪が無く、困っていたとのことである。
今日は夕方散歩で2日続けてコッスンに会った。
場所は対照的、昨日は我が家の前、今日は緑町の交番前だった。
でも、コッスンは可愛い、思いっきり甘えてくれた。
他にチョコちゃんというトイプードルにも遭遇。
今日もハッピーな日だった。
posted by としたん at 21:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラオケプログラム、高齢者を活性化 (20151119 英字新聞より)

高齢者の認知症対策に、カラオケが大きな役割を果たしています。
Karaoke plays the big role in senior citizen's recognition shou measure.

今回は、このカラオケを積極的に利用している清瀬市のお話です。
This is a story in Kiyose city where this karaoke is being used aggressively.

Karaoke programs offered to keep seniors in shape
カラオケプログラム、高齢者を活性化


A room in a multipurpose facility in Kiyose, western Tokyo, was filled with an air of excitement late last month. About 40 men and women, aged from 66 to 93, enthusiastically sang a karaoke version of the popular tune “Kogen Resha wa Iku” (There goes the plateau train), waving their hands and stepping in time with the movements of a model on a TV screen. “Waving my handkerchief from the train window, the girl from the ranch tosses a bouquet,” they sang.

先月末、東京西部の清瀬市の多目的施設の一室が興奮の空気で満たされました。約40人の男女66歳から93歳がテレビ画面の牧場の花束を放り投げる少女のモデルに合わせて手を振り・足踏みし、カラオケで楽しく「高原列車は行く」を歌いました。


Part of a project to reduce the need for nursing care, the activity was launched in June by the Kiyose municipal government under the name “Classroom that energizes by activating the brain.” Local governments across the nation are increasingly making use of karaoke in projects to provide preventive care. These programs, aimed at improving the health of seniors, usually include physical activities while singing. They are expected to prompt stay-at-home seniors to go out, as participants can enjoy themselves while taking part in the programs.

介護を減らすプロジェクトの一部として、この活動は6月清瀬市により「能生活動活性化の教室」と名付けられました。日本中の地方公共団体で予防ケアとしてカラオケを活用することが増加しています。これらのプログラムはシニアの健康増進が目的とされ、歌いながらのエクサスアイスも含んでいます。このプログラムに参加することで自ら楽しみ、閉じこもりぎみのシニアが外へ出ることが期待されます。


The program in Kiyose is held once a week at three locations in the city, charging participants \200 per session. Created with input from physicians and music therapists, it features karaoke machines equipped with songs that encourage physical movement while singing.

清瀬でのこのプログラムは一週間に一回ずつ、同市内3箇所で行われており、参加費は1セッションあたり200円です。内科医と音楽セラピストにより作られたこのプログラムは歌と体を動かすことを奨励するタイトルを搭載したカラオケマシンを使用しています。


Under the eye of music therapist Miho Ogawa and other staff, the participants in the program spent about a 1½ hours performing activities including a mouth exercise that replaced the lyrics of the children’s song “Kamome no Suihei-san” (Seagull sailors) with the syllables “pa” “ta” “ka” and “la.” The participants also had the chance to sing their favorite enka songs. “At home I have almost no opportunity to speak up or talk to other people. I look forward to participating in this program every week,” said a 91-year-old woman who lives by herself.

ミュージックセラピストの小川ミホさんとスタッフの監視下でこのプログラムの参加者は約1時間半歌詞を「パ・タ・カ・ラ」の音に替えた替え歌子供の歌「かもめの水兵さん」で口の運動をします。参加者は同時に自分の好きな演歌を歌うチャンスももらえます。「家ではまったく他の人と話す機会がありません。毎週このプログラムに参加して明るい気持ちになれます。」と近くに住む91歳の女性は述べます。


Michiko Sekiguchi, a Kiyose municipal government official in charge of the program, says there are examples of seniors who regularly participate in exercise karaoke being able to forgo the assistance of a walker to get around. Some of the participants have become more conscious of their appearance and begun to dress more neatly, Sekiguchi said. “They all have lively expressions. Conversations and interactions among them are also increasing,” she added.

このプログラムの清瀬市の担当者関口ミチコさんは述べます、このエクサスアイスカラオケに常時参加しているお年寄りは、周囲の補助者として働くことが出来ていると。何人かの参加者は、彼らの身なりを意識しよりおしゃれになってきています。「彼らは全員生き生きとしています。彼らの会話と親和性も増加しています。」と彼女は付け加えます。


Karaoke machines equipped with simple exercise programs to accompany the music came into use primarily at nursing care facilities starting in the early 2000s, according to the Tokyo-based All-Japan Karaoke Industrialist Association (JKA).

東京を本部とする全国カラオケ事業者協会(JKA)によると、簡単なエクサスアイスと音楽を搭載したカラオケマシンの介護施設での主とした使用は、2000年当初から始まったとのことです。


Recently, an increasing number of studies have found that the use of the karaoke machines helps improve health and quality of life by making mental functions more active, reducing stress and preventing infectious diseases and dry mouth through increased salivary secretion. Local governments began adopting karaoke machines for programs aimed at reducing the need for nursing care.

最近、カラオケマシン利用は、メンタル機能をより活発にし、ストレスを減らし、伝染病の予防、唾液の増加による口の渇きの予防等、健康と生命の質を増進することの手助けになることが、増加する研究結果が見つかっています。地方公共団体は介護の必要性削減を目的として、カラオケマシンを適用しはじめています。


“I assume the aim is to extend people’s healthy life expectancy, which would result in the reduction of medical and nursing care expenses,” a JKA official said. Similar programs are conducted in such cities as Machida, western Tokyo; Fukuoka and Sakai, Fukui Prefecture.

[目標は人々に広がること」の健康的な生活の期待で、医療費や介護費用の削減という結果につながります。」とJKAの担当者は述べます。同様のプログラムは東京西部の町田市、福岡市、福井県堺市などで行われています。


The city of Matsumoto, Nagano Prefecture, adopted a similar program on a trial basis last year. Discovering that more men took part in the program compared to other activities aimed at reducing the need for nursing care, this year the city is conducting the program exclusively for retired male seniors. “We want to verify whether we can make use of the machines to motivate men, who tend to stay indoors more than women, to participate in the community,” a city official said.

長野県松本市は試験的に似たプログラムを認めました。介護を必要とする他の活動に比べて、より多くの男性にこのプログラムの役割を担う発見され、同市は今年、顕著に退職した高齢者のためのプログラムを開始しました。「女性よりも家に閉じこもりぎみなことから、私たちは社会への参加の意思のある男性に、へのカラオケマシンの使用が有効かどうか確かめたいと思っています。」と同市の担当者は述べます。


Regarding those projects, Ichiro Saito, a professor at Tsurumi University’s dentistry department said: “The karaoke machine is a piece of equipment many people have enjoyed for a long time, and it is something they can continue to enjoy. In addition to health benefits, karaoke can bring people together, helping participants make friends and vitalizing communities.”

これらのプロジェクトで、鶴見大学歯科医術の斉藤イチローさんは、「カラオケマシンは多くの人々が長い間楽しめ、楽しみが継続する機械です。加えて、カラオケは多くの人々を集めて、参加者に親しみを生み出し、集いに元気を与えてくれます。」と述べます。


Tips to enjoy karaoke and keep healthy
カラオケを満喫し、健康な状態を保つ秘訣

− Choose songs you like − old-time favorites are fine − and put your heart into your singing. This leads to a positive mind-set and improves memory recall. Even just humming is fine.

−好きな曲を選ぶ-昔の好きな曲が良い-そして歌に心を込めましょう。このことが心を積極的にし、記憶の呼び出しを増進してくれます。ハミングだけでも良いです。


− Singing as a group can eliminate feelings of loneliness. Try singing a duet with a friend of the opposite sex on occasion.

−グループで歌うことが孤独を和らげます。時には異性の友達とデユエットを歌ってみましょう。


− Use of noisemakers, bells and other instruments offer light exercise.

-音の出るものを使いましょう、ベルや他の道具が軽い運動を提供してくれます。

− As voices become lower with age, the tone of songs on the karaoke machine should be lowered.

− 声が年齢にり低くなる様に、カラオケマシンの歌のトーンを下げましょう。

− Avoid singing too much, which places a burden on the vocal cords and elsewhere on the body. Take a short break after each song.

-歌いすぎを避けましょう、声帯や体の他の部分に負担を与えます。一曲歌うごとに短い休憩を入れましょう。


(Compiled from advice from Miho Ogawa)
(小川ミホさんからのアドバイスから編集されました)

(From November 19, 2015 Daily News)
posted by としたん at 07:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

英語で日記をつけてみました。  September 13 2015

英語で日記をつけ始めています。
もう2週間以上になりますか。
英語日記をつけることは英語力アップにつながる、とある本で読んだからです。
書くだけでなく、何度も音読することも良いそうです。
(ヒアリングアップにつながるとか)
でも、英語で日記を書きはじめてから、自分の表現力、文法力の無さに驚かされています。
お笑いください。

-------------------------------------------------------------------------------------

September 13 2015
The weather forecast of early morning was cloudy, and later its becoming rain.
But when I departed my house, at about 2 A.M, few drops touched to me.
So at the work station, I enter into paper to vinyl sack for housing complex aria to protect wet by rain.


Then I asked by Vietnam clerk about rain. So I recommend to use same vinyl sack.
But other two men said against me.
But one of them used the vinyl secretly.
I laughed when I saw that.
If its not rain, its OK. The Japanese proverb said "Well prepared means no worries."

-------------------------------------------------------------------------------------

2015年12月13日
今朝の天気予報は9時までは曇り、それ以降は雨だった。
でも、自分が家を出たとき2時頃、ぽつぽつと水滴があたった。
よって、団地配達分を雨用にビニール袋に入れた。

ベトナム人の配達員に聞かれたので、同じ袋詰めを進めた。
しかし他の配達員で反対意見も聞けた。
でもそのうちの一人もこっそりビニール袋を行っているのを見た。
自分はそれを見て笑った。
雨が降ったらそれでもOK。
日本のことわざにも曰く、「備えあれば憂いなし」
ラベル:英語 日記 お奨め
posted by としたん at 20:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

吉幾三、俺ら東京さ行ぐだのMIX曲、 IKZO

2007年頃からミックス曲という手法で、演歌歌手・吉幾三さんの曲「俺ら東京さ行ぐだ」をもじった曲がネットに投稿されていたようです。

私も最近教えられて、聞くようになりました。

おふざけといえばおふざけになるでしょうか?
お怒りになる方もおられるかもしれませんが、
でも結構笑えますし、乗れます。

いくつか紹介してみます。

<関連サイト>
http://matome.naver.jp/odai/2138529371371674601

気軽に聞いてみてださい。


@IKZO × KARA(ミスター)
<私が一番気に入っている曲、MIX度合いもバッチリ!>
https://www.youtube.com/watch?v=-lhcrWTns2Q


A【 IKZO 】 俺ら フライングゲット 【 AKB48 】
https://www.youtube.com/watch?v=enQPhKnaWT0


B【 IKZO 】 旅先から ヘビーローテーション 【AKB48】
https://www.youtube.com/watch?v=Fw4ZvStbmes


C【 IKZO 】 恋するフォーチュンTOKYO 【 AKB48 】
https://www.youtube.com/watch?v=HjLyiBzSYcI


D【 IKZO 】 俺ら フライングゲット 【 AKB48 】
https://www.youtube.com/watch?v=enQPhKnaWT0


E【ももクロ】行くぜっ!幾三少女/ももいろクローバーZ feat.IKZO vs X JAPAN vs B'z
https://www.youtube.com/watch?v=pqj39jwUJyw


F【 IKZO 】 TACATA' 【 MAX with IKZO一門 】
https://www.youtube.com/watch?v=ALSL7P6uyz8


G【IKZO】ジュリアナ農協【2unlimited】
https://www.youtube.com/watch?v=5_Al1d3vIwM


H農場の星(地上の星×吉幾三)
https://www.youtube.com/watch?v=M92SVlm6R9A


I吉幾三 崖の上のIKZO
https://www.youtube.com/watch?v=zLpY1gYN9yo


J【IKZO】恋愛レボリューション441.93%
https://www.youtube.com/watch?v=KfbBK1DnZ_4


K吉幾三×Capsule×DaftPunk×BeastieBoys StarrySky - IKZOLOGIC Remix
https://www.youtube.com/watch?v=baSDFqTuIKM


L【IKZO】 千本桜 歌ってみたIKZOを混ぜてみた 【小林幸子】
https://www.youtube.com/watch?v=hP19OTvaBPo


M【吉幾三】 槇原 敬之 『 じいさんと もう恋なんてしない 』
https://www.youtube.com/watch?v=sU39SASqyGo


N志村けんのバカ殿様 吉幾三 IKZO medium mp4
https://www.youtube.com/watch?v=vHIgRecP5Bs


O【IKZO】青森スタイル【PSY】
https://www.youtube.com/watch?v=AKwMN-QQr2w

P俺らゲットワイルだ'89/IKUZO+TM NETWORK (ニコニコ字幕つき)
https://www.youtube.com/watch?v=LnHjtLEIdGQ
posted by としたん at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | youtube関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

日産、公道で自動運転の車を試験 (20151101 英字新聞より)

日産が自動運転の車の公道での試験を行いました。
Nissan had done test run of automatic driving car at public road.

私は結果は予想以上に良好だったと思います。
I think the result is very well toward before estimating.

字際は2020年に、高速道路限定での導入となりそうです。一般道路は未定です。
Actually the use of the car will be at 2020 and its use is limited at express high way.
So the timie of use at public road will be unknown.

でも長時間の高速道路運転が自動化されることは夢のようです。
But long distance automatic driving at express highway is like dream world for me.


Nissan tests self-driving car for 1st time on public road
日産、公道で自動運転の車を試験


Nissan Motor Co. carried out a trial run of a prototype self-driving car on a public road in Tokyo on Saturday.

日産(株)は東京で土曜日、プロトタイプの自動運転車の公道での試験走行を実施しました。


Nissan aims to commercialize its automated driving technology for use on public roads by 2020 ahead of industry rivals Toyota Motor Corp. and Honda Motor Co.

日産はその自動運転技術の公道での商用化を、トヨタ(株)やホンダ(株)に対抗し、2020年に目指しています。

The prototype, based on Nissan’s Leaf electric vehicle, traveled about 17 kilometers in Tokyo’s Koto Ward in the day’s trial.

このプロトタイプは日産の電気自動車リーフに搭載され、東京江東区の日中を17キロ走行しました。


In the test run, shown to the media, the driver switched to a self-driving mode that uses cameras and sensors to monitor traffic lights and road signs.

メデイアに公開されたテストランで、運転者は信号や標識をモニターするカメラやセンサーによる自動運転のスイッチをオンにしました。


The car showed unsteady moves briefly when running on sections where lane marks were unclear.

その車は車線が不明な交差点で、瞬間的に不安定な動きを見せました。


The driver returned to a manual driving mode at one point when the car entered a crowded road and became unable to smoothly change driving lanes automatically.

運転者は混雑した道路や、スムーズに自動的に車線を変更できない場合に、車をマニュアルモードに戻しました。


Major Japanese automakers are trying to develop self-driving vehicles toward the 2020 Tokyo Olympics and Paralympics.

日本の主要自動車メーカーは自動運転の車を東京オリンピックやパラリンピックが開催される2020年までに開発することを試みています。


Toyota aims to commercialize its self-driving technology for use on expressways as early as 2020. But the firm remains unclear when it will realize self-driving on other roads.

トヨタはその自動運転技術の高速道路での使用を、2020年初期を目標にしています。しかし、その自動運転のそれ以外の道路での使用時期は不明です。


(From November 01, 2015 Jiji Press)
posted by としたん at 06:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英字新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。